ホーム > お知らせ > 3・14「Krush.52」挑戦者・渡部太基、Krushへの想いを乗せた危険な拳で”殴り壊す”!「パワーはものすごく上がっている。しっかり倒して必ずベルトを獲る」

お知らせ

3・14「Krush.52」挑戦者・渡部太基、Krushへの想いを乗せた危険な拳で”殴り壊す”!「パワーはものすごく上がっている。しっかり倒して必ずベルトを獲る」

渡部公開練習01

[2015/03/06]

 3月6日(金)東京・三ノ輪の藤原ジムにて、3月14日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.52」のメインイベント[Krush -67kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・牧平圭太と対戦する挑戦者・渡部太基が公開練習を行った。 >>詳細

 いよいよ念願のKrush-67kg級タイトルへの挑戦が目前に迫ってきた渡部が練習を公開した。公開練習の開始直前まで鬼気迫る表情でサンドバック打ちを続けていた渡部。公開練習ではシャドーボクシングとミット打ちをそれぞれ3分1Rずつ披露した。

 王者・牧平の“蹴り壊す”宣言に対して、“殴り壊す”宣言をしている渡部は、その言葉通り、パンチ主体のミット打ちを見せる。「今は疲れのピークでめっちゃ疲れている」と言うものの、パンチとは思えない重厚な衝撃音を響かせて、ゴツゴツとしたジャブ、左ストレート、右フックを連発。まさに殴り壊さんばかりの迫力のミット打ちとなった。

 試合まで約一週間、「(練習の追い込みを)いつまでやるかは未定です。小林(聡)さんが決めるので」と藤原ジム流の練習で仕上げているという渡部。「試合の1カ月前からみっちり練習を始めて、その前から徐々に(練習を上げて)やっていました。期間は結構長かったのですが、試合が決まっていざ練習をやってみたらあっという間でしたね」とタイトルマッチ決定から今日までを振り返り「いつも以上に気合いが入っています。だから(タイトルマッチ)という意識を持って(練習と気持ちを)上げてやってきました」と、普段よりも気持ちの入った練習が出来たと手応えを感じている。

 この試合に向けて渡部は所属する藤原ジムを中心に、山田武士トレーナー率いるチーム黒船、そして牧平と同じサウスポー選手とのスパーリングを重ねてきた。公開練習で見せた威力十分のパンチはまさに練習のたまもので、渡部曰く「練習方法は変えてないけど強度がさらに上がった感じ。パワーはすごく上がっています」。また「自分は熱くなっちゃう癖があるので、そうならない練習もやってきました」と冷静に“壊す”戦い方に磨きをかけてきた。

 王者・牧平は自身の公開練習で「渡部選手をKOで倒して、自分はそこじゃなくて世界で戦えるところを見せたい」、「渡部選手はKrushに戻ってきて、2試合連続で倒して勝ってきているけど、僕はそれ以上のものを見せて(渡部を)倒す。それが今回のテーマ」と王者としてレベルの違いを見せると大胆不敵に語っていた。

 これを伝え聞いた渡部は「いいんじゃないですか? 目標があるのはいいと思いますよ」と表情を変えず。しかし「俺は負けないっす」と短い言葉で勝利への自信を語ると「やっぱり倒して勝てって言われるし(タイトルマッチでも倒しに行く?)はい。(判定で勝つイメージは)ないです」と続け、KOでの王座奪取に静かに闘志を燃やした。

「Krushは日本でもトップの団体だと思うので、そこでベルトを獲れば格闘技人生が変わる。だからどうしても獲りたい。(今まで色んなベルトに絡んできたけど)Krushのベルトは特別です」。昨年10月に約4年9カ月ぶりのKrush復帰を果たし、Krushのベルトだけを見てきた渡部。KrushのベルトやKrushのチャンピオンになることへの熱い想いは変わっていない。渡部はその想いを拳に乗せて、王者・牧平を”殴り壊す”つもりだ。

≫ Krush.52大会概要
≫ 牧平 圭太 選手データ
≫ 渡部 太基 選手データ

  • 渡部公開練習01
  • 渡部公開練習02
  • 渡部公開練習03
  • 渡部公開練習04
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます