ホーム > お知らせ > 2・6「Krush.51」挑戦者・大滝裕太、滝で仮想・武尊を完全KO!? 3つの必殺技にも自信満々「スパーリング相手をダウンさせたり、倒すことも多々ある」

お知らせ

2・6「Krush.51」挑戦者・大滝裕太、滝で仮想・武尊を完全KO!? 3つの必殺技にも自信満々「スパーリング相手をダウンさせたり、倒すことも多々ある」

大滝公開練習01

[2015/01/26]

 1月25日(日)都内某所で、2月6日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.51」のメインイベント[Krush -58kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・武尊と対戦する挑戦者・大滝裕太が公開練習を行った。 >>詳細

 王者・武尊への挑戦を控える大滝が公開練習の場所に選んだのは都内某所にある滝のふもと。「僕は名前が大“滝”なので“滝”からパワーをもらおうと思った」のが目的だという。

 集合場所に姿を現した大滝は川に沿って山道を進み、ほどよい場所を見つけると、そのまま川のすぐそばまで移動。記者会見でも持参した武尊の顔写真が張られたお面とボディプロテクターを帯同したパートナーに着用させ、顔面とボディにパンチを叩き込んでいく。

 さらに着ていたジャージを脱ぐと、そこには武尊の顔がプリントされたTシャツが…。今度はそのTシャツ姿でシャドーボクシングを続け、最後はTシャツを絶叫しながら引きちぎり、滝のふもとで仮想・武尊を完全KO(?)してみせた。

 一通り動いた後のインタビューで「自然のパワーをもらえたので、かなり調子は良いですね」という大滝。今回の王座挑戦は12・13「Krush-EX 2014 vol.7」での挑戦者決定戦(VS林京平)で勝利して掴んだチャンスだが「2014年はずっと武尊選手のことを考えていたので、12月の挑戦者決定戦でタイトル挑戦が決まったからというよりも、この1年は武尊選手に勝つための練習を続けていました」と打倒・武尊のことだけを考える日々を過ごしていたという。

 記者会見でのお面着用など、大滝は執拗に武尊を挑発し続けている。武尊は自身の公開練習で「いい感じでイライラが溜まっていて、それをすべて試合でぶつける。攻撃力は上がると思う」と語っていたが、大滝は「攻撃力が上がるのは嫌だけど…その攻撃を上手くかわして、僕の攻撃を入れます」。明らかにイライラを募らせている武尊の言動を見て「武尊選手は強いですけど、必ず弱点はある。武尊選手が怒ってくれた方が隙も出来ると思うので、そこを突いていきたいです」と不敵に笑った。

 また大滝は記者会見で明かした武尊とのタイトルマッチに向けて用意した3つの必殺技についても言及。必殺技の完成度は確実に上がっているという大滝は「スパーリング相手をダウンさせたり、倒すことも多々あったので楽しみにしておいてください」と自信たっぷり。さらに「この必殺技はまだ誰も使ったことがない技で、Krushルールだからこそ活きる技。もしこの技で武尊選手を倒してしまったら、Krushのルールそのものが変わってしまうかもしれない」とまで豪語した。

 試合前の挑発行為がクローズアップされている大滝だが、初めて巡ってきた王座挑戦を前に「Krushに出るようになって始めの頃は、まさか自分がベルトに挑戦するとは思っていなかったのですが、Krushで試合をするようになって、段々とKrushのベルトが欲しくなってきた。実際にベルトを狙える位置まで来ることが出来たので、ここまで来た以上はKrushのベルトを獲りたいです。僕の中でKrushのベルトは一番価値があるベルトです」とKrushのベルトにかける想いは強い。

 野杁正明VSイリアス・ブライド、中島弘貴VS松倉信太郎、山本優弥VS小鉄と注目カードが並ぶ中でメインイベントを任されることについても触れ「武尊選手も言っていたようにやはりKrushのメインはKOです。だから僕もKO決着で試合を終わらせたいと思います」とKrushらしい壊し合いでの王座獲得を誓った。

  • 大滝公開練習01
  • 大滝公開練習02
  • 大滝公開練習03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます