ホーム > お知らせ > 3・14「Krush.52」-67kg級王者・牧平圭太が2度目の防衛戦で渡部太基と激突!「蹴り壊す」(牧平)VS「殴り壊す」(渡部)

お知らせ

3・14「Krush.52」-67kg級王者・牧平圭太が2度目の防衛戦で渡部太基と激突!「蹴り壊す」(牧平)VS「殴り壊す」(渡部)

牧平圭太VS渡部太基

[2015/01/22]

 1月22日(木)Krush事務局にて記者会見が行われ、3月14日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.52」のメインイベントとして[Krush -67kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]王者・牧平圭太VS挑戦者・渡部太基の一戦が発表された。 >>詳細

 昨年4月の「Krush.40」で山本優弥との王座決定戦に勝利して第3代Krush-67kg級王座に就いた牧平。10・5「Krush.46」での初防衛戦ではモロッコのアブデラ・エズビリを退けて初防衛にも成功した。

 挑戦者の渡部は牧平が初防衛戦を行った「Krush.46」で約4年9カ月ぶりにKrushに復帰。その復帰戦で平山迅に2度のダウンを奪われながらも最後は逆転KO勝利し、1・4「Krush.49」(昼大会)のメインイベントでも堤大輔をパンチでマットに沈め、今回のタイトル挑戦権を手に入れた。

 会見の冒頭でタイトルマッチが決まった心境を語った両者は「格上だと思って戦う」(牧平)、「俺の方が強いと思うのでベルトを獲る」(渡部)と対照的な言葉で意気込みを語った。

「渡部さんがKrushに戻ってきて、いつかはやるだろうなと思っていました。全日本キックの頃から漢気がある選手で、格闘家としても色を持っている選手だなと思って見ていました。今回は防衛戦ですが(渡部は)格上だと思っているので、今回も覚悟を決めて戦うだけです」(牧平)

「Krushに復帰して2試合ともKOで勝っていて、挑戦者は俺しかいないと思っていたのでタイトルマッチが楽しみです。牧平選手は強いとは思うけど、俺の方が強いと思うのでしっかりベルトを獲りたいと思います」(渡部)

 続く質疑応答でも両者からは好対照なコメントが続いた。渡部に牧平の印象を聞くと「何ですかね、強いんじゃないですか? 何がと言われても分からないけど、チャンピオンなんで強いんじゃないですか」とぶっきらぼうに答え「どこがどうとかじゃなくて俺の方がチャンピオンに相応しい」と強気に続ける。

 対する牧平は「倒すところはきっちり倒している。パンチで倒すのはKrushの色に合っていると思う」と渡部の戦い方がKrush向きだと評価し「チャンピオンだからベルトを守るのではなくて、毎回挑戦者だと思うので(ベルトと対戦相手に)挑んで勝ちたいというだけです。自分は華やかに倒せないところもあるけど、試合までに練習で気持ちを練り込んで、試合までの一日一日を試合で見せられると思う。それが自分の色だと思うので、自分らしく戦います」と挑戦者のつもりでベルトを獲りに行く姿勢は変わらない。

 その一方「僕は蹴る方なので蹴るKrush、蹴り壊すKrushを作ってもいいんじゃないかなと思っています。自分はパンチで打ち合うより蹴り壊すスタンスで、それが自分のKrushだと思う」と蹴り主体の戦い方にこだわりを持つ牧平は「自分は蹴りでKOするので、期待していてください」と蹴りによるKO&王座防衛を宣言。

 これには渡部も「だったら俺は殴り壊します」と一歩も退かず、自身もハイキックを得意にしていることから「自分は何でも倒せるんで。メインイベンターらしく殴っても蹴っても必ず倒してベルトを巻く」とこちらもKOでの王座奪取を誓った。

 エズビリとの初防衛戦を乗り越えた王者・牧平がさらに強くなった姿を見せるか? それとも2連続KO勝利の挑戦者・渡部がチャンピオンの牙城を崩すか?

 なお2012年から3年連続で行われてきたWILDRUSH Leagueが今大会から開幕。階級・出場選手などの詳細については今後発表される予定だ。

  • 牧平圭太VS渡部太基
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます