ホーム > お知らせ > 1・4「Krush.50」(夜)大月晴明「僕には何人もぶっ壊した拳がある。必殺技を全部使って倒す」VSレオナ・ぺタス「怖さは乗り越えた。この1年間やってきたことを見せる」

お知らせ

1・4「Krush.50」(夜)大月晴明「僕には何人もぶっ壊した拳がある。必殺技を全部使って倒す」VSレオナ・ぺタス「怖さは乗り越えた。この1年間やってきたことを見せる」

大月晴明VSレオナ・ぺタス

[2015/01/03]

 1月3日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.50」(夜)の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 明日の第5試合[-61.5kg契約/3分3R・延長1R]で対戦する前Krush-60kg級王者・大月晴明とレオナ・ぺタスは揃ってリミットちょうどの61.5kgで計量をパスし、記者会見で意気込みを語った。

 会見の冒頭でレオナと大月はそれぞれ以下のように挨拶。“怖さ”というキーワードを使って試合前の心境を語った。

「今は明日いい試合が出来るように緊張しています。でも怖さは乗り越えました。いい試合が出来ると思います」(レオナ)

「自分はまだ怖いですね。レオナ選手はKrushの60kgで一番パンチが痛い選手だと思っているので、今日一日集中して、明日は開き直っていい試合が出来るように頑張ります」(大月)

 続く質疑応答で対戦相手の印象を聞くと「大月選手は一発で終わらす選手なのですごいなと思って尊敬しています」(レオナ)、「レオナ選手の印象は右ストレートとパンチの連打。音もすごいしスピードもある。あと気をつけるのはヒザ蹴りかなと。僕が下を向くのでそこをヒザ蹴りで狙ってくるんじゃないかなと思います」(大月)とお互いの攻撃力に警戒心を示す。

 冒頭の挨拶にもあったように大月は以前からレオナのポテンシャルを高く評価していた。この日の会見でも「僕は自分が感じるセンスで選手の将来性を読めるけど、レオナ選手はKrushの60kgで一番ポテンシャルがあると思う。構えもいいし、隙もない。もうちょっとフィジカルが上がれば卜部(弘嵩)選手より強いと思う。3年以内にはベルトを巻いているでしょう。このタイミングでやれるのは運命かなと思います。勝つか負けるか分からないけど、激しい打ち合いをしたいです」とレオナを絶賛。さらに「僕をしっかりKOして勝ってチャンピオンになって欲しいと思っている」とまで言い切る。

 しかし、その一方で「自分もただじゃ終わらない。僕には何人もぶっこわしてきた拳がある。隙を見せたら急所にこの拳をぶちこむ」と不敵に語る大月。今回は負傷欠場した11・9「Krush.47」以来の試合で「怪我をしていても気持ちが乗っているんで気持ちでカバーする」というものの「明日は自分の必殺技を全部使ってぶっ倒すんで一瞬も見逃さずに見てください」と爆腕炸裂を予告した。

 対するレオナは大月の「フィジカルが上がれば卜部選手より強いと思う。3年以内にはベルトを巻いているでしょう」という言葉を聞いて「まさにそうだと思って、この試合のためにフィジカルを上げてきました。大月選手は3年以内と言いましたけど、今年ベルトを獲ります」と豪語。

「明日はWILDRUSHリーグのまとめのような試合。1年間『大月選手を上回るんだぞ』と思って頑張ってきたので、それを見せられたらいいなと思います」と大月との大一番をWILDRUSHリーグの総決算と位置づけ「今回の試合に向けてどれだけきついことをどれだけ長くやってきたか。それが勝敗を分けると思います」とこれまでの全てをぶつけて大月を倒すと誓った。

 決して言葉数が多い両者ではないが、全身から殺気を漂わせて、独特の緊張感を保ったまま会見は終了。“爆腕”大月と“石の拳”レオナの初対決は期待通りに壮絶な試合となりそうだ。

≫ Krush.50大会概要
≫ 大月 晴明 選手データ
≫ レオナ・ぺタス 選手データ

  • 大月晴明VSレオナ・ぺタス
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます