ホーム > お知らせ > 1・4「Krush.50」(夜)&2・6「Krush.51」第3代-70kg級王者の栄光は誰の手に? 山内佑太郎、山崎陽一、中島弘貴、松倉信太郎がトーナメントへの想いを熱く語る

お知らせ

1・4「Krush.50」(夜)&2・6「Krush.51」第3代-70kg級王者の栄光は誰の手に? 山内佑太郎、山崎陽一、中島弘貴、松倉信太郎がトーナメントへの想いを熱く語る

第3代-70kg級王座決定トーナメント

[2014/12/15]

 12月15日(月)Krush事務局にて記者会見が行われ、2015年1月4日(日)東京・後楽園ホール「Krush.50」(夜大会)からスタートする第3代Krush-70kg級王座決定トーナメントに出場する4選手が意気込みを語った。 >>詳細

 第2代Krush-70kg級王者・城戸康裕の王座返上により、山内佑太郎、山崎陽一、中島弘貴、松倉信太郎が出場する第3代Krush-70kg級王座決定トーナメントが2015年からスタートする。トーナメントは1月4日(日)東京・後楽園ホール「Krush.50」(夜大会)で山内VS山崎、2月6日(金)東京・後楽園ホール「Krush.51」で中島VS松倉が行われ、4月12日(日)東京・後楽園ホール「Krush.53」で決勝戦を実施。その勝者に第3代Krush-70kg級王者の称号が与えらえる。

 この日の会見には出場4選手が勢ぞろい。まずは1・4「Krush.50」で対戦する山内と山崎が登場し、試合への意気込みを語った。

「何回も言ってることですが、僕はKrushのタイトルを獲りたいです。トーナメントに選ばれたことを光栄に思うと同時に、山崎選手は他の3選手の中で唯一対戦したことがない相手です。ハートも強いし、一発一発攻撃に威力がある。パンチもそうだしローも重そうです。相手としてやりやすいじゃなくて一ファンとして好きなタイプで、魅力的な選手だと思います。山崎選手と戦えるのがが楽しみで、ドキドキ・ワクワクしています。この3選手だったら1回戦でやりたいと思っていた相手なので、全力で用意して全力で戦えたらと思います」(山内)

「自分がKrushに本格的に参戦したのが2012年で、ずっとベルトを獲ることを考えてやってきたのですが、やっとベルトに関わる試合が出来ます。今までは(練習仲間の)城戸さんがチャンピオンだったので試合で勝っても『どうなんだろう?』というのがあったけど、今回は2回勝てばベルトが獲れるので気合いが入っています。山内選手はベテランですし上手い選手です。ボクシング技術もあってタイミング・距離感もいい。蹴りも変則的でいやらしい選手なので、山内選手のペースに巻き込まれないで自分の試合をして勝ちに行きたいと思います。(山内の準決勝で戦いたかったというコメントについて)僕も松倉君と中島君とはやったことがあって、山内選手とはいつかやるだろうと思っていました。だから準決勝でやるならやりたいと思いました」(山崎)

 奇しくも準決勝は山内(36歳)VS山崎(31歳)が30代対決、中島(26歳)VS松倉(23歳)が20代対決となった。山内が「僕は自分のことをオッサンだというけど、実はあまり思っていなくて、20代にも負けないという気持ちで試合も練習もやっています。エネルギッシュな試合もしたいけど、今までの経験を(若い選手に)抜かされることはない。経験を目一杯出して、すべてを見せられればいいかなと思います」と年齢関係なく力を出し切りたいと言えば、山崎も「若い方がいいとか経験がある方がいいとか色々あるけれど年代は関係ないと思う。今出来る事を試合で出すだけ」と呼応。お互いに全力でぶつかり合う試合にしたいと誓い合う。

 また逆ブロックに勝ち上がりについて両者は、実力的には松倉やや有利とする一方、中島が意地を見せるのではないかと予想した。

「相性的には松倉君の方が優勢なのかなと思うけど、メンタルとかそういうことを考えると中島君が勝つ気がする。どっちが勝ってもおかしくないと思います」(山内)

「松倉君はK-1でも勝ったし、ジムも変えて成長していると思います。でも中島君は元同じジムで先輩で後輩の松倉君には負けられない意地があると思う。普通にやったら松倉君が有利だけど、中島君が勝つんじゃないかなと思います」(山崎)

 続いて中島と松倉が会見に登場。両者はかつてバンゲリングベイ・スピリットで切磋琢磨してきた先輩・後輩で、トーナメント初戦でいきなり元同門対決が組まれたことになる。会見ではこの一戦を前にした心境を中島と松倉がそれぞれ告白。中島が短い言葉で語るのに対し、松倉は複雑な心境を認めた上で中島と戦うことの意味を語った。

「松倉が移籍して、いつかはやると思っていたので、元同じジムだけど深く考えずにいつものように無心で自分を作って、無心で臨みたいと思います。(移籍後の松倉について)前から普通に強い選手だし、移籍してから負けていないので、強くなっているなと思います。(先輩として負けられない?)上から目線では思っていません。自分は成績も負けが続いているし、逆に松倉は強い相手に勝っている。自分が挑むみたいな気持ちは持っています」(中島)

「正直な話をすると、やりたいかやりたくないかと言われたらやりたくないし、トーナメントの決勝ならしょうがないけど、準決勝でやると決まって。相手のことを知っている分、ちゃんと練習しないと勝てないし、ベルトがかかっている以上、相手がどうこうは言っていられないです。(オファーを受けた時の心境は?)そのうちやるかもしれないと思っていたけど、こんなに早くやるとは思っていなかったのでびっくりしました。

 でも一般的な視線だったら、この試合を見たいというか必然的なカードかなと思うし、こういうことはなかなか経験できることじゃないんで難しいんですけど…近いところにいた存在だからと言って意味分からない試合をするつもりはないし、そういう相手だからこそ盛り上がる試合も出来ると思います。自分はいつもあと一歩のところで何か足りない状況が続いていて、自分で言うとキモいけど(性格が)やさしいところもあると思います。だから自分にとってこういう厳しいマッチメークは成長につながる一戦だと思って楽しみです」(松倉)

 今回の一戦は松倉が今年TRY HARD GYMに移籍したことで実現したカードだ。松倉はこのタイミングで中島と戦うこと、そして王座決定トーナメントに挑む心境を熱弁した。

「自分はTRY HARD GYMに移籍して、いろいろ変わりました。前に(バンゲリングベイに)いた時、中島さんは先輩という感覚しかなかったから何とも言えないけど…中島さんと試合をしてきっちり締めるというか、前のジムの人たちに強くなったところを見せたいし、今俺を全力で強くしてくれているTRY HARD GYMの人たちにも俺が強くなったところを見せたい。俺の周り全員が俺の移籍で色々あったけど、今まで俺がやってきたことを見せるにはこれ以上ない舞台だと思います。

 今回は3代目の王者を決めるトーナメントで、俺はなかなかタイトルに挑戦できなくて回り道もしたけど、それも全部この日のための回り道だったと思います。だからタイミング的には俺が獲らないといけないベルトです。中島さんが相手だけどとにかくベルトを獲る。これで勝ったらチャンピオンだと思うし、そこにこだわりを持って生活をしています。

 色んな人がKrushのベルトに挑戦してダメで、次は松倉か?って時に俺はダメな試合をしちゃって。それこそ中島さんの真似をしてKOも増えたけど、ある時からKOが出来なくてもどかしい試合が続きました。なかなか挑戦する機会には恵まれなかったけど、その分、強いやつとやれたし、地道に実力もついてきました。客観的に見ても俺がベルトを獲れば、年齢的にも強くなれるし、ベルトの価値も上げられると思います。みんな他の団体でチャンピオンになったり、結果を出しているけど、俺は一途にKrushに出て、Krushで育ってきたから、Krushでベルトを巻きたいです」(松倉)

 中島も初代王座決定トーナメント、そして城戸への挑戦と2度Krushのベルトに絡むチャンスがありながら、ベルトを巻くことが出来ずにいる。「今まで何度かベルトに挑戦する機会があったけど逃してきたんで、今回は最後のつもりで獲りに行きたい」。このチャンスへの覚悟を口にした中島は「僕もKrushで育って、Krushで活躍してK-1に出て自分の名前が広まった。だからKrushのベルトを獲って、自分がKrushを盛り上げたいと思います」と松倉同様にKrush王者への思い入れを語った。

 逆ブロックの勝ち上がりについては「どちらとも試合をやっているけど、どっちも強いので予想しにくいですね」と中島。松倉も「2人ともタイプが全く違うし、作戦通りにいったら山内さんが勝つと思うけど、山崎選手には一発で試合をひっくり返す力がある」と接戦を予想しつつ「そうやってテクニック、スピード、パワーが全て揃っているのが70kgの魅力。それを俺たちが見せたいと思うし、1月と2月はどちらも違う感じの試合になると思うので、勝敗を確認しに見に来て欲しいです」と70kgの魅力が伝わるトーナメントになると話している。

 四者四様、それぞれの想いを胸に秘めたものたちによって争われる第3代Krush-70kg級のベルト。1月、2月、そして4月にどんなドラマと結末が待っているのか?

  • 第3代-70kg級王座決定トーナメント
  • 山内VS山崎
  • 中島VS松倉
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます