ホーム > お知らせ > 12・13「Krush-EX 2014 vol.7」大滝裕太がタイトル獲得へ向けて三つの必殺技を用意!林京平「大滝選手が勝つと思っている人がほとんど、僕が勝った方が盛り上がる」

お知らせ

12・13「Krush-EX 2014 vol.7」大滝裕太がタイトル獲得へ向けて三つの必殺技を用意!林京平「大滝選手が勝つと思っている人がほとんど、僕が勝った方が盛り上がる」

大滝VS林

[2014/12/12]

 12月12日(金)東京・大久保のK-1 GYM総本部にて、明日、新宿FACEで開催される「Krush-EX 2014 vol.7」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 明日のメインイベント=Krush-58kg級挑戦者決定戦で対戦する大滝裕太と林京平はどちらもリミットちょうどの58kgで計量をクリア、会見の冒頭では以下のように挨拶した。

「計量が終わってホッとしています。明日の試合はKrushのベルトへの挑戦権を得るための大事な試合で、何が何でも落とせません。今までにないくらい想いが強い試合です。きっちり綺麗な形で終わらせたいと思います」(大滝)

「僕はいつも計量はそこまでキツくないのですが、疲れも抜けていい状態だと思います。明日の試合は挑戦する気持ちで必死に戦って、何が何でも勝ちに行きたいと思います」(林)

 1・4後楽園昼大会の挑戦者決定トーナメント決勝では神戸翔太に敗れてタイトル挑戦を目の前で逃している大滝。「Krushのベルトはベルト自体かっこよくて、金ピカで家にあったらずっと眺めていたい。今まで手が届きそうで届かなくて、絶対に欲しいもの」と今回のチャンスへかける想いは強い。

 まずはこの試合をクリアすることが絶対条件となるが「今回の試合、そして次のタイトルマッチも見越して新たな必殺技を三つほど用意してきました」と新必殺技の投入を予告。「練習中に技を閃きました。武尊選手にも使える閃きの技です」と自信たっぷりに語る。

 一方、9月の新宿FACE大会で連敗を脱出し、2連勝で挑戦者決定戦のチャンスを掴んだ林は「ベルトもそうですが、しっかり一戦一戦勝っていくことが重要だと思っています」とベルトを強く意識する大滝とは真逆のコメント。「少し対策練習をしたくらいで、特に力を入れてきた練習はない。普段からいつもと同じ練習をしてきているだけです」と自然体を強調し、大滝の新技投入にも「特に思うことはないです」とキッパリ言い切った。

 ベルトや試合に向けてのコメントは対照的だった両者だが「1Rが肝心かなと思う」(大滝)、「1Rが良ければいい試合になると思うので1Rが重要です」(林)と1Rがポイントになると口を揃える。また明日は東京での大会としては年内最終戦で、2人はそのメインイベントを務めることにもなる。大滝と林はメインイベンターとして互いにKO決着を誓った。

「今年最後の東京での大会のメインなので、それに恥じない戦いをしたい、KOで終わらせたいです。僕は今年最初の大会のメインイベントに出て、その時も挑戦者を決める試合でした。前回は判定負けだったので、今回はきっちりKOで終わらせて、挑戦権を手に入れたいと思います」(大滝)

「大滝選手が勝つと思っている人がほとんどだと思うので、ここで僕が勝った方が盛り上がると思います。判定決着にならないようにしっかりKO決着にしたいです」(林)

 今大会には-58kg級王者・武尊も来場を予定。王者の目の前でインパクトを残すのはどちらだ!?

≫ Krush-EX 2014 vol.7 大会概要
≫ 大滝 裕太 選手データ
≫ 林 京平 選手データ

  • 大滝VS林
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます