ホーム > お知らせ > 12・13「Krush-EX 2014 vol.7」加藤港「Krushの60kgはトップ以下に実力がある選手が集まっている。そこで頭一つ抜けてトップ選手に挑んでいきたい」

お知らせ

12・13「Krush-EX 2014 vol.7」加藤港「Krushの60kgはトップ以下に実力がある選手が集まっている。そこで頭一つ抜けてトップ選手に挑んでいきたい」

加藤 港

[2014/12/11]

 12月13日(土)東京・新宿FACEで開催される「Krush-EX 2014 vol.7」のセミファイナル[Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R]で”DYNAMITE”髙橋佑太と対戦する加藤港のインタビューを公開! >>詳細

――試合が目前に迫ってきましたが、仕上がりやコンディションはいかがですか?

「疲れもとれているので、あとは体重調整するくらいですね。僕は試合前に練習で追い込んだりはしないので、戦うための感覚を広げているという感じです」

――加藤選手は試合の有無に関わらず同じ練習を続けているのですか?

「はい。試合があってもなくても基本的に練習が変わることはないです」

――今大会では2012年4月以来のKrush登場となる高橋選手と対戦が決まりましたが、選手にはどんな印象を持っていますか?

「試合が決まる前からチラッと見たことはあったんですけど、パンチャーのイメージがあるんで良い試合になる予感がします」

――試合が決まって改めて高橋選手の映像をチェックはしていないですか?

「はい。僕、試合が決まって映像を見直すことってほとんどないんですよね。気が向いたら試合前日くらいにサッと見返すくらいです」

――試合が決まっても練習量が変わらず、相手の映像を見返すこともない。加藤選手は少し他の選手とは違う方法で試合に向けて準備するタイプなんですね。

「強くなることと試合で勝つことが二つあるとしたら、僕は強くなることをメインに練習したいんですよ。だから普段から強くなるための練習をしているし、試合直前に少し相手の対策をして、試合で勝つための練習をするという感じです」

――なるほど。では自分が強くなるための練習という部分で意識していることは何ですか?

「練習というよりも…自分と強い選手の格闘技観がずれないことを意識しています。そこがずれたままでいると、いくら練習しても間違った方向にしか伸びていかないじゃないですか。だったらちゃんと強くなる方向に練習できるように(意識が)ずれないようにしています」

――例えば加藤選手が参考にしている選手はいるのですか?

「キックだったら山本真弘さんが好きですね、ファイトスタイルは全然違うんですけど(笑)。真弘さんの自分の強さを追求している感じがいいなって思います。ファイトスタイルだったらボクシングのゲンナジー・ゴロフキンが好きです」

――もともと加藤選手が格闘技を始めるきっかけは何だったのですか?

「僕は高校卒業までずっと野球をやっていたんですが、小学生の頃からボクシングが好きで、中学に入ってからK-1MAXが始まって、K-1MAXも見るようになりました。それで最初はボクシングをやろうと思っていたんですよ、身体が固いから自分に蹴りは無理だと思って(笑)。街をフラフラ歩いていたら、たまたまチャモアペットムエタイアカデミーの看板を見つけて、面白そうだなと思って入会しました」

――チャモアペット会長がムエタイの神様と呼ばれるような選手だったということは知らずにジムに入ったんですか?

「はい(笑)。全く会長のことは何も知らなかったです」

――今年は4月に石川直生選手、10月に中村圭佑選手と、自分よりも格上とされている選手たちに勝利してきました。自信を深めた部分はありますか?

「どうですかね…自分としては試合を見て勝てるだろうと思っていた相手には勝ってきたつもりなんで、そこまで自信を深めたというのはないですね。僕は石川選手にも中村選手にも勝てるだろうと思っていました」

――では今回の高橋戦にはどんなテーマを持って戦おうと思っていますか?

「ちょっと前回の中村戦が盛り上がりに欠ける試合だったので、今回はKrushらしい盛り上がる試合を心がけようかなと思います」

――今年のKrush-60kg級ではWILDRUSHリーグが行われ、2度の王座交代がありました。加藤選手は60kgの動向をどう見ていましたか?

「Krushの60kgは選手層が厚いというよりも、トップ以下に実力がある選手が多い印象なんですよね。まずはその中で頭一つ抜けないと、トップ選手と戦っても負けちゃうと思います。だからトップ以下のグループでしっかり強さを証明して、それからトップ選手に挑んでいきたいです。実は僕、WILDRUSHリーグで優勝してタイトルにも挑戦した島野(浩太朗)選手に勝ってるんですよね、みんな忘れていると思うんですけど(苦笑)。島野選手が活躍するのがうれしい反面、もう一回やっても勝てる自信があります」

――では今回の試合をクリアして、来年にはトップ選手やタイトル戦線に絡んでいきたいですか?

「はい。僕らがトップの選手に勝つためには、ちょっと上回るだけじゃダメで、ものすごく上回らないと勝てないと思うんですよ。しっかり自分のレベルを上げて、力を蓄えてからトップ選手たちに絡んでいきたいと思います」

≫ Krush-EX 2014 vol.7 大会概要
≫ DYNAMITE”髙橋佑太 選手データ
≫ 加藤 港 選手データ

  • 中村圭佑 vs 加藤港
  • 中村圭佑 vs 加藤港
  • 石川直生 vs 加藤港
  • 石川直生 vs 加藤港
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます