ホーム > お知らせ > 11・9「ZONE」いよいよ始動!大トリを務める森井洋介「ヒジ・首相撲で殺気のある試合をして倒すのがメインイベンターの仕事。インパクトのある大会にしたい」

お知らせ

11・9「ZONE」いよいよ始動!大トリを務める森井洋介「ヒジ・首相撲で殺気のある試合をして倒すのがメインイベンターの仕事。インパクトのある大会にしたい」

ZONE会見

[2014/11/08]

 11月8日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される小林聡がGMを務めるキックボクシングイベント「KICKBOXING ZONE」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 いよいよ明日に迫ったキックボクシングイベント「KICKBOXING ZONE」旗揚げ戦。公式計量では急遽出場が決まったイリアス・エナッシが予備計量でオーバーだったものの、会見を欠席してサウナに直行して無事にクリア。全24選手が計量を終えて、決戦に備えることになった。

 前日会見で小林GMは「いよいよZONE旗揚げ戦が明日に迫りました。明日はいいファイターが揃いました。人間の皮をかぶった野獣だと思うので、明日はキックボクシングを見に来てください」と挨拶。第6試合以降の選手が随時登場し、小林GMのコメントと共に意気込みを語った。

 最初に登場したのは第6試合で対戦する塚越仁志と笹谷淳。明日の大会では3分5Rの最初の試合でもあり、小林GMも「ZONEを立ち上げて真っ先に手を挙げてくれた2人で、この試合から3分5Rになるんですけど、キックボクシングの醍醐味・魅力を見せてくれると思います」と期待を寄せる。

笹谷淳
「計量を無事に終えて明日思い切って殴り合える権利を獲得できたと思います。(キックルールの経験は塚越より上だが)前の記者会見でも言ったのですが、そこのアドバンテージは考えてないです。塚越選手もそれを踏まえて最高の環境で最高の準備をしていると思うので、いつも通り挑戦のつもりで挑むだけです。(3分5Rでどんな試合をしたい?)まず5Rは非常に疲れます。最近は連続で5Rの試合をやっていて結果につながらない試合もあったけど、3Rも5Rも変わらないです。全力で戦います。僕は試合は作品で、対戦相手は共演者だと思います。明日は最高の作品を作れると思います」

塚越仁志
「計量をパスしてホッとしています。明日は10か月ぶりのリング、新しい舞台での戦いです。思いっきり戦いたいと思います。(キックルールの手応えについて)やれることは全部、ヒジ打ち・首相撲…その他もろもろやってきました。また僕はKrushというリングで戦ってきたので、その部分でもしっかり出せるように練習してきました。(3分5Rでどんな試合をしたい?)大宮司(進)会長から5Rはこういうものだと教えてもらっているので、それなりの練習をやってきたし、Krushでやってきたことを活かしてやっていきたいと思います。そういうところも見てください。僕も笹谷選手と同じ気持ちで、久々のリングを噛みしめながら思いっきり楽しみたいと思います」

 続いて登場したのはトリプルメインイベントの第1試合で対戦する藤原あらしと井口摂。先日ルンピニースタジアムのタイトルにも挑戦したあらしVS総合格闘家の井口という異色の顔合わせで小林GMも「これは僕の賭けというか企画とキャスティングした作品で、ぜひ僕が見たいと思った対決です。どう受け入れられるかは分からないけど、すごい試合になったら選手に大感謝で、ダメな試合だったら企画した僕にブーイングしてください」と語る一戦だ。

井口摂
「意気込み? 特にないです。オファーがあってムエタイ選手がいたからやってやろうというだけなので意気込みも何もないです。(キックルールに向けての準備は?)総合でも立ち技の練習はするんで、これに向けて特に練習したというのははないです。キックルールは前から興味もあったし、中学生の時にはムエタイの試合をビデオを見たりしたんで、イメージ通りに体が動けばいいかなという感じです。
(オファーを受けた時の心境は?)ぶっちゃけた話なんですけど、オファーがあった当日、お台場でシーバスを釣ってたんですよ。やっちゃいけないところで(笑)。それで小林さんから電話がかかって来る前にちょうどシーバスが釣れて。それで電話で話したら、対戦相手が藤原あらしだと聞きました。釣れたのがシーバスで、対戦相手が藤原あらしーばす、だと。以上!(ファンへのメッセージ)さっきは意気込みはないって言ったけど撤回します。とりあえず藤原あらし選手をぶっ倒します。小林さんが旗揚げする大会なんで一番インパクトある試合をします」

藤原あらし
「(試合への意気込みは)いつも通りの感じで行きたいと思います。(総合の選手と戦うことについて
ごめんなさい。特にないです。(オファーを受けた時の心境は?)面白いな、と。スパーリングで柔術やっている人とか色んな選手とやったけど面白かったです。いろいろと目くらまししようとしてくるので。だから今回はどうなのかなって。それは明日楽しみにしたいという感じです。(ファンへのメッセージ)とりあえず明日のリングで僕は野良犬の飼い犬じゃないというところを見せます」

 そしてトリプルメインイベント第2試合では最初のZONE出場選手として発表された寺戸伸近と小林GMがチャンスを与えたいと語った沖縄在住の邦博が激突。小林GMは「トリプルメインイベント第1試合と一緒で、自分がこの試合を組ませてもらいました。沖縄の選手はいつも熱いキックボクシングの試合をしているので、東京の主力選手と戦わせたいと思っていました。邦博選手は寺戸選手のように熱い試合をする選手で、明日は沖縄を背負ってぶつかってくれると思います。寺戸選手も向かってくる選手にはそれ以上のものを返す熱い試合をするので期待してください」と好勝負間違いなしと太鼓判を押した。

邦博
「ZONEに出られることを感謝しています。自分は勝つために準備してきました。誰が見ても挑戦する立ち場ですが、失うものはないので勝ちに行きます。(トリプルメインイベントで寺戸と対戦することについて)特別な気持ちはなかったですが、相手が寺戸選手だと聞いて全力でぶち当たれるなと思い、すごくうれしかったです。(キャリアでは差があるが)寺戸選手の映像を見ていると攻撃力がすごくある選手で圧力もある。それにも負けないように戦いたいと思います。僕はずっとキックルールでやってきてヒジと首相撲が好きなんですけど、それを織り交ぜて上手く対抗できればいいと思います。東京は僕にとってアウェーですが、東京から遠く離れた沖縄に本物のキックボクサーがいることを証明します」

寺戸伸近
「明日は5年ぶりのキックルールで楽しみだしワクワクしています。早く試合がしたいので、試合が待ち遠しいです。(具体的には何が楽しみ?)ヒジもしっかり練習してきたので、ヒジを出せるのがいいですよね。スパーリングでは出す機会がなかなかないので、思い切ってヒジでぶっ倒してやろうかなと思っています。(Krushルールで得たものは?)Krushでは首相撲やヒジはないけど、スピーディでアグレッシブな試合をやってきました。ZONEではそれプラスヒジがあるんで、スピードを生かしながら格闘技、キックボクシング、立ち技格闘技を盛り上げられるように、すべてを見せて戦いたいと思います。邦博選手はガンガン来ると思うので激戦になるんじゃないかな、と。最高に盛り上げるのに一番いいのは自分が倒して勝つことなんで、それを実行するだけです」

 そしてトリプルメインイベント第3試合、明日の大会の大トリを務めるのは森井洋介とイリアス・エナッシの一戦だ。予備計量をオーバーしたエナッシがサウナに直行したため、森井一人が会見に出席する形となったが、小林GMは「トリプルメインに出る選手はみんなメインイベンターだと思いますが、これは森井の夢でもあるZONEという大会なので、その責任を負わせて締めを任せたいと思いました」と森井に大役を任せた意図を語った。

森井洋介
「明日はZONE一発目でインパクトある大会にしたいと思います。(直前で相手が変わって会見を欠席して減量中だが)相手が変わろうが計量を終わってなかろうが、僕が求められるのは倒すことです。倒すことしか考えないで練習してきたので何も考えてないです。(小林GMから引き継いだものは何か?)ヒジありルールにこだわっていることだと思います。(ZONEのメインイベントとして何を見せる必要がある?)他の団体にはないヒジ・首相撲で殺気のある試合をして倒すのがメインイベンターの仕事だと思うので、その辺りを見てもらえればうれしいです。(ファンへのメッセージ)明日はどこの団体にも負けない盛り上がる試合をしますので楽しみにしてください」

 伝説のキックボクサー小林聡がGMを務めるキックボクシングイベント「KICKBOXING ZONE」。果たしてどんな“キックボクシング”が繰り広げられるのか? 全選手の計量結果は以下の通り。

森井洋介 58.97kg
イリアス・エナッシ 58.97kg

寺戸伸近 55.34kg
邦博 55.10kg

藤原あらし 53.30kg
井口摂 53.30kg

塚越仁志 66.50kg
笹谷淳 66.68kg

村中克至 58.30kg
佐藤将寿 58.60kg

堤大輔 66.40kg
貘・センチャイジム 66.30kg

藤ノ木岳 66.68kg
佐藤出雲 66.68kg

倉科大地 58.97kg
剣闘士“俊” 58.70kg

工藤“Red”玲央 55.10kg
土屋開 55.00kg

谷口典由 55.00kg
鈴木遼太郎 54.90kg

原哲夫 66.00kg
吉沼大樹 66.40kg

勝大 53.00kg
内藤拓海 53.30kg

◇過去のニュース
「KICKBOXING ZONE」11月9日(日)夜・後楽園ホール大会 直前情報
旗揚げ戦に向け森井、寺戸、あらしが公開練習「Krushでやってきたことを活かして相手をぶっ壊す」(寺戸)
全12カード・試合順が決定!
藤原あらしの対戦相手がMMAファイター・井口摂に決定!さらに2カードが追加、全12カードが決定!
剣闘士“俊”に新宿消防署が感謝状を贈呈
藤原あらしが電撃参戦!「キックボクシングの面白さをアピールする」、小林GM縁のジムから続々と選手が登場
森井洋介はアンドレ・マナートの刺客と対戦!寺戸伸近VS邦博、塚越仁志VS笹谷淳も決定
森井洋介と塚越仁志の参戦が決定!「自分がZONEの看板選手になる」(森井)&「ずっとキックルールをやりたかった」(塚越)
第一弾出場選手は寺戸伸近「キックボクシングルールにやり残したことがある」、対戦相手は「キックボクシングにこだわってきた選手」(小林GM)
“野良犬”小林聡がキックボクシングにカムバック! グッドルーザー運営のもとキックイベント「ZONE」をスタート

  • SAMSUNG
  • 寺戸VS邦博
  • あらしVS井口
  • 塚越VS笹谷
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます