ホーム > お知らせ > 11・9「Krush.47」青津潤平が「甘い所と厳しい所でやってきた5年間、その差が出る」とリベンジ宣言!迎え撃つ山本真弘は「明日になれば分かる。何とも思わない」

お知らせ

11・9「Krush.47」青津潤平が「甘い所と厳しい所でやってきた5年間、その差が出る」とリベンジ宣言!迎え撃つ山本真弘は「明日になれば分かる。何とも思わない」

真弘VS青津

[2014/11/08]

 11月8日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.47」の前日計量が行われた。 >>詳細

今大会で約5年ぶりに再戦する山本真弘と青津潤平は共にリミットちょうどの60.0kgで計量をパス。

 5年越しのリベンジ戦となる青津は「個人的に明日は楽しみな試合です。一度、負けている相手なので、必ずリベンジします」と気合十分。「5年前にまさかこうしてKrushのリングで戦えるとは思っていなかったです。5年前、僕はKrush初出場で、初めて黒星をつけられたのが真弘選手で、いつかやり返したいと思っていました。また真弘選手と試合できることはうれしく思います」とリベンジに闘志を燃やし「甘い所と厳しい所でやってきた5年間、その差が出ると思います。5年前と違う所を見せたいです」と一時期Krushを離れていた真弘にKrushで培ってきたものをぶつけるつもりだ。

 一方、真弘は「Krushが始まった日が今日(Krush旗揚げ戦が2008年11月8日)で、またここにいることをうれしく思います」と感慨深げに挨拶。8・9「Krush.44」では卜部弘嵩に惜敗しているが「単純に練習量を増やしてきました」と再出発に向けて気持ちを入れ直し「昼にフィジカルトレーニングをやって、夜は小林(聡)さんがジムに来てくれて昔ながらの練習をやってきました」とフィジカル+藤原ジム式トレーニングで試合に備えてきた。

 青津からは「甘い所と厳しい所でやってきた5年間、その差が出る」という言葉もあったが「明日になれば分かると思うので。何とも思わない」と真弘。今大会で行われるKrush-60kg級の王座決定戦や来年1月にK-1で行われる-60kg初代王座決定トーナメントについて聞かれても「明日のことしか今は考えていません」と、まずは青津戦に全力投球するつもりだ。

 会見の最後にファンへのメッセージを求められると、青津は「明日は本当にレベルの高い、特に技術のレベルが高い試合を見せられると思うので、最後は僕がしっかり勝ちます」とレベルの違う試合をしたいと語り、真弘も「明日の試合は僕らだけが30歳だと思うので、若い選手に負けないように30代が頑張ります」とキャリアを見せると呼応。メインイベントの王座決定戦同様に、ハイレベルな一戦になるに違いない。

≫ Krush.47 大会概要
≫ 山本 真弘 選手データ
≫ 青津 潤平 選手データ

  • 真弘VS青津
  • 真弘VS青津02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます