ホーム > お知らせ > 11・9「Krush.47」島野浩太朗「Krushで試合をすると格闘家として生きている実感がある。自分らしい試合をして死にもの狂いでベルトを獲りに行く」

お知らせ

11・9「Krush.47」島野浩太朗「Krushで試合をすると格闘家として生きている実感がある。自分らしい試合をして死にもの狂いでベルトを獲りに行く」

島野 浩太朗

[2014/11/07]

 11月9日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.47」のメインイベント[第4代Krush -60kg級王座決定戦/3分3R・延長1R]で卜部弘嵩と対戦する島野浩太朗のインタビューを公開! >>詳細

――大月晴明選手の負傷欠場・王座返上により、急遽、王座決定戦への出場が決まりました。準備期間は短かったと思いますが、仕上がりはいかがですか?

「いつも通り、田舎の山でギリギリまで追い込んでいるので、仕上がりはばっちりです」

――10・5「Krush.46」でのWILDRUSHリーグ最終戦(VS北井智大)が終わって、すぐ練習を再開していたのですか?

「この試合の話をもらってすぐ追い込みをスタートしました。時間は短かったですが、菅原(忠幸)会長にマンツーマンで限界ギリギリまで追い込まれたので問題ないです」

――島野選手にとっては想定外のタイミングで決まった王座決定戦ですが、タイトルに挑む心境はいかがでしょうか?

「1月からWILDRUSHリーグに出場させてもらって、1年間試合が決まっている状況で、集中して練習することが出来ました。今回のタイトルマッチはWILDRUSHリーグの延長戦ではないですけど、WILDRUHリーグ以上の必死さでベルトを獲りにいきたいと思います」

――対戦相手の弘嵩選手にはどんな印象を持っていますか?

「今までの実績を見ても、Krushの初代王者としてKrushを引っ張ってきた選手で、ISKAの世界タイトルも持っている。自分がどうこう評価できる選手じゃないと思っています。でも自分がずっと見てきた選手とKrushのベルトをかけて戦えるという部分で特別な想いはあります

――初代王座決定トーナメント決勝で“狂拳”竹内裕二選手が弘嵩選手にハイキックで倒された試合をセコンドで見ていたんですよね。

「あの時は竹内さんが倒される場面を間近で見て……言葉では説明できない、何とも言えない気持ちでした」

――WILDRUSHリーグを優勝した今の自分だったら、弘嵩選手を倒せるという自信はありますか?

「正直、自分はまだWILDRUSHリーグを通じてどこが成長したとか、それを感じられるほど余裕はないです。今回のタイトルマッチも目の前にチャンスが来たから、それをモノにしようという気持ちだけで必死に練習してきました。だからWILDRUSHリーグで得たものや自信は、自分ではまだ感じられてないかもしれないです」

――例えばWILDRUSHリーグを4勝(3KO)1敗で優勝して、倒す感覚を覚えたということはないですか?

「どうなんですかね…夢中でやった結果としてKO出来ているんだと思うんですけど。でも自分の無意識の中で倒す感覚が身について来ているのかもしれないですね」

――菅原会長と竹内選手からはどんな言葉をかけられましたか?

「とりあえず山を走ってこい、と。千葉の自然の力を吸収して強くなれということだと思います(笑)。でも会長と竹内先輩は厳しくするところは厳しくしてくれて、それは自分のこと思ってのことだと思うんですよね。そういう2人の強い想いを感じながら練習してきました」

――島野選手にとってKrushのベルトとはどんなものですか?

「Krushの試合が終わった後は、人生の中でも特別な想いを感じられて、格闘家として生きている実感があります。だからKrushは僕を成長させてくれる舞台で、そういう意味でも感謝しています。次の試合も含めて今年はKrush後楽園大会に6試合出させてもらって、すべて僕にとって特別な試合です。だからKrushのベルトにかける想いというよりもKrushそのものにかける想いが強いです」

――島野選手はWILDRUSHリーグ参戦前、怪我で一年近く試合が出来ない時期もありました。もしKrushで戦っていなかったら、その時に格闘技を辞めていたかもしれない?

「間違いないですね。そして菅原会長含めて周りに応援してくれる人がいたからこそ続けることが出来ました。僕一人の力では強くなることも出来ないし、僕一人ではチャンスを掴むこともできません。だから会長、応援してくれる人、そしてKrushに導いてもらった気がします」

――この試合は2014年のKrush後楽園シリーズを締めくくる最後の試合です。どんな試合をしてベルトを獲りたいですか?

「大月選手と卜部選手のタイトルマッチを楽しみにしていたファン・関係者の人はたくさんいると思います。僕がそれを超える試合をするとか、そういう言い方は出来ませんが、僕は僕なりに、僕にしか出来ない試合をします。僕が出来るのは前に出て倒しに行くことなので、王座決定戦でも自分らしい試合をしてチャンピオンになります。僕にとっては大チャンスなので、死にもの狂いでベルトを獲りに行きます」

≫ Krush.47 大会概要
≫ 卜部 弘嵩 選手データ
≫ 島野 浩朗 選手データ

  • 島野浩太朗 vs 北井智大
  • 闘士 vs 島野浩太朗
  • 島野浩太朗 vs 渡辺武
  • Krush -60kg WILDRUSH League 2014 閉会式
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます