ホーム > お知らせ > 11・9「ZONE」旗揚げ戦に向け森井、寺戸、あらしが公開練習「Krushでやってきたことを活かして相手をぶっ壊す」(寺戸)

お知らせ

11・9「ZONE」旗揚げ戦に向け森井、寺戸、あらしが公開練習「Krushでやってきたことを活かして相手をぶっ壊す」(寺戸)

image_3

[2014/11/06]

 11月5日(水)、都内・藤原ジムにおいて、11月9日(日)東京・後楽園ホールで開催される小林聡がGMを務めるキックボクシングイベント「KICKBOXING ZONE」出場選手の公開練習が行なわれた。 >>詳細

 参加したのは、トリプルメインイベントの赤コーナーを務める藤原あらし、寺戸伸近、森井洋介の3人。それぞれ1Rずつミット打ちを披露した。森井はパンチの連打、寺戸は右ストレート、藤原は左ミドルと得意とする技の強烈さが印象的な中、寺戸はヒジ打ちも。

 ルンピニースタジアム王座挑戦から一ヶ月ほどの短い試合間隔ながら参戦を果たす藤原だが、コンディションも闘い方も「いつもどおり」だと泰然自若。対戦相手がMMAファイターの井口摂に決まったことで「総合の選手が俺をどう料理しにくるのか、秘策は考えてるのかな、と楽しみにしてます」と語った。他ジャンルの選手との闘いでは間合いやタイミングが違うことからやりにくさがあると言われているが、藤原は「僕はムエタイベースなので関係ないですね」とコメント。

「相手がどう攻めてくるのか分からない部分もあるけど、“それじゃ通用しないよ”ということを自分のムエタイで証明します」

 日本でも最高クラスのムエタイスタイルの使い手であり、豊富なキャリアを持つ藤原。自分がやってきたことへの自信は、誰が相手でも変わりがないようだ。

 トリプルメイン第2試合では、寺戸と真樹ジムオキナワの邦博が対戦する。世界王者である自分を“喰いにくる”新鋭の邦博に対し、寺戸は「超えれるもんなら超えてみろ、と。(俺は)そんなにヤワじゃない」と力のこもった言葉を残した。ヒジ、首相撲もあるキックルールは久々だが、「それに対応した練習をしっかりしてきました。ヒジは苦じゃないし、首相撲でも負ける気はしない」という。そして「相手は純粋なキックボクサー」とした上で、Krushファイターとしての矜持も語っている。

「自分はこの5年間、Krushでやってきました。それを活かしてぶっ壊してやろうと思います」

 藤原と寺戸は、かつて全日本バンタム級タイトルマッチで対戦し、藤原が勝利。『ZONE』での再戦の可能性を聞かれると、藤原は「言いにくいこと聞きますね」と苦笑いしつつも「どこかでつながってくれば、そういうこともあるかもしれない」。一方の寺戸は「(ムエタイ、Krushと)道は違うと思うけど、交わることもなくはないんじゃないですか」と語っている。

 そしてトリプルメイン第3試合、つまり大会のトリを務めるのは森井だ。6月に元ルンピニースタジアム王者をKOするなどキック界屈指の攻撃的ファイターである森井は、藤原ジムで小林GMの薫陶を受けてきた選手でもある。藤原、寺戸を差し置いての最終試合登場に「光栄だし緊張もします」という森井だが、「当日は盛り上げること、倒すことだけを考えます。これだけのメンバーの中でのメイン(最終試合)なので、KOを狙っていきたいです」とも。この公開練習と同日に対戦相手がイリアス・エナッシ(オランダ)に変更となったが、「自分がやることは一つなので」という。

 今回の最終試合登場は、小林GMの「ここでもう一皮むけてもらえたら。チャンピオンというよりメインイベンターになってほしい。勝負するのは相手だけじゃない。お客さんとの勝負、俺との勝負でもある。それにキックボクシングの神様、後楽園ホールの神様との闘いでもある」という思いがこめられたもの。森井自身も「ヒジありのキックボクシングで『ZONE』が一番だというところを見せたい」「『ZONE』が一番面白いと思ってもらえるような試合がしたい」と語っており、メインイベンターとしてイベントを背負う意識は強いようだ。

 この全日本キックをルーツとするトップファイターたちに、個性的な選手たちが挑むトリプルメイン。“ZONE三銃士”が圧倒的な強さを見せるのか、それとも波乱が待ち受けているのか――。

◇大会名
「KICKBOXING ZONE」(キックボクシング・ゾーン)

◇日時
2014年11月9日(日)17:00開場/18:00本戦開始(17:15オープニングファイト開始)

◇会場
東京・後楽園ホール http://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

◇全対戦カード
[オープニングファイト第1試合◎バンタム級(-53.52kg)/キックルール/3分3R]
勝大(シルバーウルフ)
VS
内藤拓海(チームドラゴン)

[オープニングファイト第2試合◎ウェルター級(-66.68kg)/キックルール/3分3R]
原哲夫(T-KIX GYM)
VS
吉沼大樹(TANG TANG FIGHT CLUB)

[オープニングファイト第3試合◎スーパー・バンタム級(-55.34kg)/キックルール/3分3R]
谷口典由(チャモアペットムエタイアカデミー)
VS
鈴木遼太郎(DTS GYM)

[第1試合◎スーパー・バンタム級(-55.34kg)/キックルール/3分3R]
工藤“Red”玲央(ファイヤー高田馬場ジム)
VS
土屋開(真樹ジムオキナワ)

[第2試合◎スーパー・フェザー級(-58.97kg)/キックルール/3分3R]
倉科大地(藤原ジム)
VS
剣闘士“俊”(チームペガサス)

[第3試合◎ウェルター級(-66.68kg)/キックルール/3分3R]
藤ノ木岳(チャモアペットムエタイアカデミー)
VS
佐藤出雲(LAILAPS東京北星ジム)

[第4試合◎サドンデスマッチ/ウェルター級/キックルール/3分3R・延長1R]
堤大輔(チームドラゴン)
VS
貘・センチャイジム(センチャイムエタイジム)

[第5試合◎サドンデスマッチ/スーパー・フェザー級(-58.97kg)/キックルール/3分3R・延長1R]
村中克至(ブリザードジム)
VS
佐藤将寿(RKA名護ムエタイスクール)

[第6試合◎ウェルター級(-66.68kg)/キックルール/3分5R]
塚越仁志(シルバーウルフ)
VS
笹谷淳(TANG TANG FIGHT CLUB)

[トリプルメインイベント第1試合(第7試合)◎バンタム級(-53.52kg)/キックルール/3分5R]
藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット)
VS
井口摂(BADASS13)

[トリプルメインイベント第2試合(第8試合)◎スーパー・バンタム級(-55.34kg)/キックルール/3分5R]
寺戸伸近(Booch Beat)
VS
邦博(真樹ジムオキナワ)

[トリプルメインイベント第3試合(第9試合)◎スーパー・フェザー級(-58.97kg)/キックルール/3分5R]
森井洋介(藤原ジム)
VS
イリアス・エナッシ(オランダ/オトマニジム)

◇コンセプト
伝説のキックボクサー・小林聡がGMを務めるキックボクシングイベント。全試合をパンチ・キック・ヒジ・ヒザ有効のキックボクシングルールによって行う。

◇GMプロフィール
小林聡 Kobayashi Satoshi
1972年3月16日生/長野県長野市出身/通算戦績:69戦46勝(34KO)21敗2分
獲得タイトル:WKA世界ムエタイ・ライト級王者、WPKC世界ムエタイ・スーパー・ライト級王者、全日本ライト級王者、NJKFライト級王者、K-Uライト級王者

1991年、19歳でプロデビュー。単身オランダ修行を行い、必殺の対角線コンビネーションを身に着けて台頭し、全日本キックをはじめ国内3団体のライト級王座を手中に収める。2000年にキック世界団体のWKAとWPKCの世界ライト級王座を奪取。2001年9月7日・後楽園では、当時ムエタイ・ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者のテーパリット・シットクヴォンイム(タイ)と対戦。キック史上に残る壮絶な打撃戦を4RKOで制し、師・藤原敏男に続きムエタイ現役ライト級王者を破る快挙を成し遂げた。2007年に現役引退後は全日本キックGMとして活躍。自身のプロデュース大会「野良犬電撃作戦」を2度開催している。ニックネームは「野良犬」。

◇チケット料金
SRS席(最前列・2列目)12,000円
RS席 8,000円
S席 6,000円
A席 4,000円
※全席指定/当日は各500円アップ/小学生からチケットが必要

◇チケット発売場所
チケットぴあ tel.0570-02-9999 http://t.pia.jp/(Pコード:827-384)
イープラス http://eplus.jp/
ローソンチケット tel.0570-084-003 http://l-tike.com/
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) tel.03-5800-9999
株式会社グッドルーザー(電話予約) tel.03-6450-5470

◇主催
KICKBOXING ZONE実行委員会

◇運営・お問合せ
株式会社グッドルーザー tel.03-6450-5470

◇過去のニュース
全12カード・試合順が決定!
藤原あらしの対戦相手がMMAファイター・井口摂に決定!さらに2カードが追加、全12カードが決定!
剣闘士“俊”に新宿消防署が感謝状を贈呈
藤原あらしが電撃参戦!「キックボクシングの面白さをアピールする」、小林GM縁のジムから続々と選手が登場
森井洋介はアンドレ・マナートの刺客と対戦!寺戸伸近VS邦博、塚越仁志VS笹谷淳も決定
森井洋介と塚越仁志の参戦が決定!「自分がZONEの看板選手になる」(森井)&「ずっとキックルールをやりたかった」(塚越)
第一弾出場選手は寺戸伸近「キックボクシングルールにやり残したことがある」、対戦相手は「キックボクシングにこだわってきた選手」(小林GM)
“野良犬”小林聡がキックボクシングにカムバック! グッドルーザー運営のもとキックイベント「ZONE」をスタート

  • image
  • image_1
  • image_2
  • image_3
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます