ホーム > お知らせ > 10・5「Krush.46」超危険なタイトルマッチ!?王者・牧平圭太「蹴りで腕と心をへし折る」VS挑戦者エズビリ「やれるもんならやってみろ」

お知らせ

10・5「Krush.46」超危険なタイトルマッチ!?王者・牧平圭太「蹴りで腕と心をへし折る」VS挑戦者エズビリ「やれるもんならやってみろ」

10・5牧平VSエズビリ

[2014/10/04]

 10月4日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.46」の前日計量が行われた。 >>詳細

 明日のメインイベントはKrush-67kg級タイトルマッチ、王者・牧平圭太VS挑戦者アブデラ・エズビリの一戦・両者はリミットちょうどの67.0kgで計量をパスすると、計量後の写真撮影で早くも火花。撮影中ずっとエズビリが牧平を睨み続け、牧平も去り際にエズビリを睨みつけ、会場に緊張が走った。

 計量後の調印式・記者会見でも両者は緊張感を漂わせた。王者・牧平が「この2カ月間、ただ勝つことだけを考えて、全力で自分を作ってきました。本当にきつかったですけど、必ず勝ちます。相手が強いおかげで全力で一日一日を過ごしてきました。山内(佑太郎)さん、三崎(和雄)さん、中島(貴志)先生が作ってくれた自分が楽しみでしょうがないです」と防衛戦への想いを語れば、「モロッコ代表としてモロッコ語で話す」というエズビリも「勝ってベルトをモロッコに持って帰る。明日は最初からガンガン強気で攻めていく。勝つために攻める事しか考えていない」とベルト奪取への強い想いを口にする。

 計量後の睨み合いについて聞かれると、エズビリは「相手のことはどうでもよい。明日勝ってモロッコにベルトを持って帰ることだけに集中している。そのために全力を尽くすことだけだ」と牧平は関係ないと言い切り、牧平は「エズビリに睨まれたけど、2カ月間山内さんと三崎さんにすごいプレッシャーをかけられたんで、それに比べたら怖くない」と切り捨てた。

 さらに牧平が「明日は僕の蹴りでエズビリ選手の腕と気持ちをへし折る」と予告。それを聞いたエズビリも「やれるもんならやってみろ、と。そっちが俺を壊しに来ようとするなら、俺も腕なり足なりをへし折るつもりで戦う」と一歩も退くことはなかった。そして会見の最後、牧平とエズビリは以下のようにファンにメッセージを送る。

「自分はKrushのチャンピオンですけど、今回は世界のトップに挑戦する形だと思います。明日は応援してくれる人の笑顔を見たい自分のためだけに戦いたいと思います」(牧平)

「明日は面白い試合を展開できると思うので、たくさんのお客さんに期待してもらいたい」(エズビリ)

 牧平、エズビリどちらも臨戦態勢と言える雰囲気を漂わせた記者会見。明日はKrushのベルトを争うに相応しい激闘になるに違いない。

≫ Krush.46 大会概要
≫ 牧平 圭太 選手データ
≫ アブデラ・エズビリ 選手データ

  • 10・5牧平VSエズビリ
  • 10・5牧平VSエズビリ02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます