ホーム > お知らせ > 11・22フランス 卜部功也がカリム・ベノーイと大一番!「海外でベノーイを倒せば自分の名前が売れると思う」、10・5「Krush.46」への緊急参戦も決定

お知らせ

11・22フランス 卜部功也がカリム・ベノーイと大一番!「海外でベノーイを倒せば自分の名前が売れると思う」、10・5「Krush.46」への緊急参戦も決定

10・5&11・22功也

[2014/09/12]

 9月12日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、ISKA世界ライト級王者・卜部功也の海外遠征、並びに10月5日(日)東京・後楽園ホール「Krush.46」への出場が発表された。 >>詳細

 ISKA世界ライト級王者の功也にヨーロッパでビッグマッチが決まった。11月22日(日・現地時間)、フランス・マルセイユで行われる「LA NUIT DES CHAMPIONS」にて、元It’s SHOWTIME世界-61kg級王者にして、60kg級世界No.1の呼び声も高いヨーロッパの超強豪カリム・ベノーイと対戦することが発表された。(試合形式は62kg契約のK-1ルール・3分5R)

 功也は今年5月にフランスでイェトキン・オズクルを下して初防衛に成功し、8・9「Krush.44」では翔・センチャイジムを右ハイキックで一撃KO。反則裁定に終わった大沢文也戦を除けば、現在13連勝と絶好調のまま、敵地フランスでの大一番に挑むことになる。会見では功也がベノーイ戦が決まった心境を語った。

「オズクルに勝った直後にもベノーイとやりたかったので、とにかくベノーイ戦が決まってうれしいです。(べノーイのことは)It’s SHOWTIMEでチャンピオンになった時から映像を見ているけど、総合的にバランスが良くて強い選手なので、ずっと戦いたいと思っていました。また海外でカリム・ベノーイを倒せば自分の名前も売れると思う。最近はそういう野心が芽生えてきたので絶対に倒したいと思います。

(野心が芽生えた理由は?)今までは対戦相手が決まると、ただ仕事のように試合をやっていたのですが、どこかで意識が変わりました。きっと(ISKAの)ベルトを巻いてから、このベルトを絶対に守りたいという気持ちも出て来て、さらに強いやつと戦いたいと思うようになって。自分の名前を売りたいという気持ちが沸いてきました。

 前回の防衛戦がフランスでいい経験だったと思っているので、あまり気負い過ぎずに伸び伸びやっていこうと思います。いつも通りやれば、いい結果が出ると思います」

 さらに「8月の試合が終わってダメージも少なかったし、11月まで時間があったのでもう一試合くらいしたいと思っていた」という功也は、ベノーイとの大一番を前に10・5「Krush.46」に緊急参戦することも決定。対戦相手を海外から招聘する方向で、週明けにも正式発表される予定だが「前回がああいう形でベストな倒し方が出来たので、10月はそれ以上のものを見せたいと思います」と語った。

 今回はKrush-60kgのタイトル挑戦を兄・卜部弘嵩に譲る形となり「僕もKrushのベルトを巻きたかったし、挑戦もしたかった。最初は悔しい気持ちもあったけど、ベノーイ戦といういいカードを組んでもらったので納得している感じです。僕も大月選手とやりたいと思っていましたが、それ以上に兄の方がが戦いたかったと思います。兄が高校生の頃から(大月と戦いたいと)言っていたのを覚えているので、兄と大月選手が戦うのは運命なんじゃないですかね。それで納得したいと思います」と功也。

 Krushのタイトル戦線とは別路線で世界と戦うことになったが「僕は粗っぽい選手ではなくて、綺麗に戦いたいというのがあります。誰が見ても綺麗な試合をするなと思われる試合をして、しっかりスカッと勝つ。そういう試合を見せたいと思います」と大一番での“スカ勝ち”を宣言した。

≫ Krush.46 大会概要
≫ 卜部 功也 選手データ

  • 10・5&11・22功也
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます