ホーム > お知らせ > 11・9「Krush.47」-60kg級タイトルマッチで大月晴明と卜部弘嵩が激突!「男と男の勝負がしたい」(大月)VS「大月選手と戦うのは運命だった」(弘嵩)

お知らせ

11・9「Krush.47」-60kg級タイトルマッチで大月晴明と卜部弘嵩が激突!「男と男の勝負がしたい」(大月)VS「大月選手と戦うのは運命だった」(弘嵩)

11・9大月VS弘嵩01

[2014/09/12]

 9月12日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、11月9日(日)東京・後楽園ホール「Krush.47」のメインイベントとして[Krush-60kg級タイトルマッチ]王者・大月晴明VS挑戦者・卜部弘嵩が発表された。 >>詳細

 5・11「Krush.41」で板橋寛を下して第3代Krush-60kg王者となった大月の初防衛戦の相手が弘嵩に決定した。8・9「Krush.44」では次期挑戦者を決める試合として弘嵩VS山本真弘、卜部功也VS翔・センチャイジムの2試合が行われ、弘嵩と功也が勝利していたが、会見に出席したKrush宮田充プロデューサーは「8月大会で功也選手が翔選手にKO勝利、弘嵩選手が真弘選手に判定勝利という結果でした。我々で挑戦者を選定したのですが、弘嵩選手は初代王者でもあり、山本真弘を下したということで決定しました」と弘嵩を挑戦者に選んだ理由を説明した。

 会見には大月と弘嵩が揃って出席、本格的にキックを始める前から大月のファンだったという弘嵩は「試合が決まってうれしく思っています。デビューして7年経ちますが、そういうものを試合で出したい。100%に仕上げて(大月戦に)臨みます」と念願の大月戦に向けて気合い十分。

「僕がデビューした2007年、日本で最強で最高の座を争っていたのが真弘選手と大月選手でした。なのでずっと戦いたかった気持ちがありますし、Krushのタイトルは日本一のタイトルで、大月選手はそこに立っている選手なので、すごく強い選手だと思います」と大月を称え「(大月が板橋に勝った試合を見て)うれしく思った。ここで大月選手と戦うのは運命だと思います」と大月戦を“運命”の一戦だと位置づけた。

 迎え撃つ大月も「僕もKrushで復帰する前から弘嵩選手と対戦するだろうなと思っていた…というか対戦したかった。(弘嵩は)熱くなる試合が多くて、自分とやったら噛み合うと思うので、勝つにしろ負けるにしろ、面白い試合になると保証できます。僕もあまり(現役生活は)長くできないので、良い試合をしたい、自分好みの試合をしたい。それで弘嵩選手と戦いたいと思いました。タイトルマッチというよりも男と男の勝負がしたいと思います」と呼応。

「デビュー戦の頃から見ていて、どんどん成長して強くなっている。僕が復帰するまでKrushの60kgで最強のチャンピオンでしたし、真弘にも勝っているんで、すごく強い選手。どうやって勝とうかと考えている最中です」と打倒・弘嵩に闘志を燃やす。

 さらに「僕は2回真弘に負けているけど(弘嵩は)最後に真弘に打ち勝ったのを見て、正直なところ真弘が勝つと思っていたので、世代交代みたいなものを感じました。もし弘嵩選手に勝つことが出来たら、真弘にも勝てたみたいにもなるので、お互いいい状態でやりあって、いい感じで勝ちたいです」という大月は「自分は倒しにいくスタイルなので最初からぶっ倒しに行く。一瞬たりとも目を離さずに、僕が倒すところを見に来てください」と爆腕炸裂を予告している。

 8月の弘嵩VS真弘に続く、Krush-60kg級の黄金カード。大月がベテラン健在の強さを見せつけるか? それとも弘嵩が真弘戦に続き大月撃破で新時代の扉を開くか?

≫ Krush.47 大会概要
≫ 大月 晴明 選手データ
≫ 卜部 弘嵩 選手データ

  • 11・9大月VS弘嵩01
  • 11・9大月VS弘嵩02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます