ホーム > お知らせ > 9・15「Krush-EX 2014 vol.5」伊藤健人「林選手は上に行くためには倒さないといけない相手。自分がトップまで行く選手だということを証明したい」

お知らせ

9・15「Krush-EX 2014 vol.5」伊藤健人「林選手は上に行くためには倒さないといけない相手。自分がトップまで行く選手だということを証明したい」

伊藤 健人

[2014/09/13]

 9月15日(月・祝)東京・新宿FACEで行われる「Krush-EX 2014 vol.5」の[Krush -58kg Fight/3分3R・延長1R]で林京平と対戦する伊藤健人のインタビューを公開! >>詳細

――試合が目前に迫ってきました。仕上がりやコンディションはいかがでしょうか?

「ばっちりですね。感覚も上がってきています」

――伊藤選手は今年2月にプロデビューし、ここまで2勝1分です。この3試合を振り返っていただけますか?

「試合をする度に感じることがあって、技術的にも成長出来ている部分がある。それを一戦一戦、次の試合に活かすという形でやってこれたと思います」

――どこにプロとアマの違いを感じましたか?

「やっぱりお客さんがいる前で試合をするというのが自分の中では大きかったです。僕は人に見られていても緊張しないタイプなので、たくさんの人に試合を見てもらいたいし、僕の試合で何かを感じてもらえたらうれしいです」

――伊藤選手は学生キックを経てプロデビューというキャリアですが、キックを始めるきっかけは何だったのですか?

「もともと小さい頃から野球一筋で、高校を卒業するまで野球をやっていました。それで大学に入学する時に、何か打ち込めるものはないかと思い、キックボクシングを始めました」

――野球をやっていた頃から格闘技が好きだったのですか?

「テレビでやっていたら見るくらいで、特に好きだったわけではないです。ただ野球をやめて本気で打ち込めるものを探していたので、キックを始めた時からプロで活躍する、一番になることを目指していました」

――野球と格闘技は全く別競技ですが、自分に合っていると思いましたか?

「はい。格闘技は個人競技で、自分の考えや努力次第で上にいけるものなので、自分にすごく合っているなと思いました」

――伊藤選手にとってKrushはどんなイベントですか?

「国内には色々な団体がありますけど、僕はデビュー戦からKrushで試合を組んでもらって、すごく感謝しています。Krushで戦うことにやりがいを感じています」

――今大会はプロ4戦目にしてメインイベントで試合をすることになりました。最初に試合順を聞いた時はどう思いましたか?

「プロとしての役割や責任を感じました。やはり大会の締めですし、お客さんは最後に僕の試合を見て帰ることになると思うので、何かを感じ取ってもらえる試合をしなければいけないと思います」

――対戦相手の林選手にはどんな印象を持っていますか?

「いい選手だとは思います。でも自分がここから勝ち上がっていくため、もっと上に行くために、きっちり倒さなければいけない相手だと思います。僕は自分が必ずトップまで行く選手だと思っているので、それを試合で証明したいと思います」

――伊藤選手にとっては初のメインイベントで今まで以上に注目が集まる試合だと思います。どんな試合を見せたいですか?

「試合を見に来てくれるお客さんたちに感謝しつつ、僕が上に行く選手だということを覚えて帰ってもらいたいです」

≫ Krush-EX 2014 vol.5 大会概要
≫ 伊藤 健人 選手データ
≫ 林 京平 選手データ

  • 伊藤健人 vs 小澤海斗
  • 伊藤健人 vs 小澤海斗
  • 伊藤健人 vs 亀岡悠太
  • MITSUTAKA vs 伊藤健人
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます