ホーム > お知らせ > 8・24「Krush.45~in NAGOYA~」指首祐太「僕のスピードと一発で倒すカウンターを見て欲しい。同じ倒しに行く試合でも、僕は僕の色を出して戦いたい」

お知らせ

8・24「Krush.45~in NAGOYA~」指首祐太「僕のスピードと一発で倒すカウンターを見て欲しい。同じ倒しに行く試合でも、僕は僕の色を出して戦いたい」

指首祐太

[2014/08/14]

 8月24日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.45 ~in NAGOYA~」の[Krush -58kg Fight/3分3R・延長1R]で石橋真幸と対戦する指首祐太のインタビューを公開! >>詳細

――7・13「Krush.43」でKrush初参戦を果たした指首選手です。改めてKrush参戦を決めた理由を教えてもらえますか?

「最近コンスタントに試合をするチャンスがなくて、その時にKrushさんからオファーをいただいて出ることを決めました」

――これまでKrushのことをどのように見ていましたか?

「打ち合って激しい試合が多くて、個人的に好きなイベントでした。チャンスがあれば出たいと思っていましたね」

――Krushで印象に残っている試合や大会はありますか?

「会場で試合を見たことが一度だけあったのですが、その日がむちゃくちゃいい興行だったんですよ。セミで木村ミノル選手が“狂拳”竹内裕二選手をKOして、メインで山崎秀晃選手が外国人選手をKOするっていう(2013年9月21日「Krush.33」)。それ以外にもレベルの高い試合が多くて、Krushの面白さとレベルの高さを感じました。Krushは打ち合う選手が多いので、自分のスタイルを活かせる場だと思っています」

――しかし前回のKrushデビュー戦では隆聖選手にダウンを奪われての判定負けという悔しい結果でした。あの試合はどう分析されていますか?

「緊張はなかったのですが、いつも以上に倒してやろうという気持ちが強すぎました。いつもだったら行かないところで行って、そこでカウンターをもらってしまって(苦笑)。これからKrushで戦っていく上で反省点が見つかった試合だったと思います」

――あれから約1カ月、Krush名古屋大会でKrush2戦目が決まりました。

「前回情けない試合をしているので、こうしてすぐに挽回できるチャンスをもらえてうれしいです」

――対戦相手の石橋選手にはどんな印象を持っていますか?

「いつかはやるだろうなと思っていた相手なので楽しみです。気持ちも強くてアグレッシブでガンガン前に出てくるタイプなので噛み合うと思います」

――実は石橋も同じことを言っていました。スタイル的に指首選手とは噛み合う試合になるだろう、と。

「そうなんですね。でも僕と石橋選手が戦ったら絶対に噛み合う試合になると思いますよ」

――指首選手が所属するSTRUGGLEの鈴木秀明代表は、現役時代、名古屋JKファクトリーに所属し、同ジムの小森次郎代表に育て上げられたファイターです。石橋選手はその名古屋JKファクトリーの所属なので、この試合は小森代表と鈴木代表の“師弟対決”ともいえる対戦です。

「確かにそういう見方もあると思います。でもそこを意識してもしょうがないので、相手がたまたま石橋選手だったということで、一人の強い相手と戦うつもりです。会場も名古屋ですが、そこも気にせず、いつも通りに戦いたいと思います」

――前回の試合で指首選手は実力を発揮できなかったと思いますが、今回は自分のどこをアピールしたいですか?

「前回は55kgで試合をして、今回は58kgなんですけど、僕の持ち味はスピードとパワーです。みなさんにはそこを見てほしいですね。僕はずっと57.5kgで試合をやってきたので、58kgの方が動ける感触があります。ただ55kgでやってみて、相手の攻撃や当たりを軽く感じる部分もありました。なので58kgで試合をしてみてどれだけ動けるか。そこを考えながらどちらの階級でやっていくかを決めたいと思います」

――Krushの55kg・58kgはどちらも個性豊かな選手が多い階級です。その中で指首選手はどんな色を出していきたいですか?

「Krushはガムシャラに打ち合う選手が多いじゃないですか。でも僕はガムシャラじゃなくて、相手が出てきたところに一発合わせて倒すのが好きなんです。そういう鋭いカウンターを見てほしいですね。同じ倒しに行く試合でも、僕は僕の色を出して戦いたいです」

――例えば指首選手が好きな選手、理想のスタイルだと思う選手はいますか?

「僕はもともとK-1を見て格闘技に憧れて、ヘビー級だったらステファン・レコ選手のように、ヘビー級だけどスピード・パワー・テクニックで勝負する選手が好きなんです。周りの選手が遅く見えちゃうくらいスピードがあって倒せる試合が理想ですね」

――石橋選手も“名古屋のスピードスター”と呼ばれていて、スピードが持ち味なので、今回はスピード対決になりそうですね。

「はい。でも僕の方が速いと思うので、石橋選手よりもスピード感がある試合をしたいです」

――これからKrushで戦っていく上でどんな目標を持っていますか?

「やるからにはKrushのチャンピオンを目指していますし、ISKAの世界タイトルも狙えるところまで行きたいです」

――今回は名古屋大会ということで、いつも以上に注目されると思います。どんな試合をして勝ちたいですか?

「激しい打ち合いをして、打ち合いの中でも一方的に僕がパンチを当てて勝ちます」

≫ Krush.45 大会概要
≫ 石橋 真幸 選手データ
≫ 指首 祐太 選手データ

  • 指首祐太 vs 隆聖
  • 指首祐太
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます