ホーム > お知らせ > 8・9「Krush.44」超自然体の真弘は原点回帰でベテランの強さを見せる! 弘嵩は改めて世代交代を宣言

お知らせ

8・9「Krush.44」超自然体の真弘は原点回帰でベテランの強さを見せる! 弘嵩は改めて世代交代を宣言

8・9弘嵩VS真弘01

[2014/08/08]

 8月8日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.44」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 セミファイナルはKrushライト級グランプリ2009王者にして“60kg級日本最強”の呼び声高い山本真弘と初代Krush-60kg級王者・卜部弘嵩の注目の日本人対決だ。しかし真弘が最初の計量でリミットちょうどの60kgでパスしたのに対し、弘嵩は予備計量で500gオーバー。30分後の計量でも300gオーバーだったため、会見を欠席して体重を落とすことに。真弘が一人で会見に出席することになった。

 開口一番「久しぶりに減量がきつかったので計量をパスしてホッとしています。やっぱり夏の減量でキツいです」と夏の減量の難しさを語った真弘。対戦相手の弘嵩が計量をパスしていない状況だが「気楽に会見できていいですね。海外では体重をオーバーする選手も多いので、あまり気にはならないです」と落ち着いた表情で話した。

 4・15「Krush.40」でのKrush凱旋試合、そして6・19藤原祭りでの中村圭佑戦で真弘は今一つ動きに精彩を欠いた。そこでトップフォームを取り戻すために真弘が着手したのは、全盛期の練習にトライすること。「前回・前々回パっとしなかったので、一番いい状態どんな練習していたかを思い出して、それをやってきました。(具体的にはいつ頃?)2009年まで、ですね。その時を振り返って、その時にやっていたメニューを取り入れて練習してきました」という。

 またこの一戦に向けて小林聡も練習に参加。「小林さんが音頭を取って発破をかけてくれたんですけど……大変でした。でも小林さんがやっていたような昔の練習をやって、小林さんのおかげでいい練習が出来ました」と原点回帰のトレーニングで「前回・前々回とは全く違うと思うので、楽しみにしています」と仕上がりは万全だ。

 そして真弘がこの試合に掲げるテーマは“ベテランの強さを見せる”。「Krushは前回・前々回と30オーバーの選手がベルトを獲って、30オーバーの選手が盛り上がっている。特に大月(晴明)選手の試合を見て思いました。僕も30歳を過ぎて、より頑張ろうと思います」

 会見の最後にファンへのメッセージを求められた真弘からは「結構選手はみんな『いい試合をします』『倒します』と言ってハードルを上げているんで、僕はあんまりハードルを上げないで行きます(笑)。でも間違いなくいい試合になると思うんで楽しみにしてください」とまさかの言葉が飛び出した。

 しかし事前のインタビューで「気合いを入れすぎるとハズれた試合になりがちなので、弘嵩選手を倒すことだけに集中する。欲を出さずに自然体で戦えば絶対に熱い試合が出来ると思います」と話していた通り、真弘にとっては気負わず自然体で戦うことが熱い試合につながるはずだ。

 なお弘嵩は約1時間後の再計量で60.0kgちょうどでクリア。会見・写真撮影終了後に挨拶に立ち「ご迷惑をおかけしてすいませんでした。セミまでにばっちり回復するので、しっかり世代交代します」と打倒・真弘を誓った。

  • 8・9弘嵩VS真弘01
  • 8・9弘嵩VS真弘02
  • 8・9弘嵩VS真弘03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます