ホーム > お知らせ > 8・9「Krush.44」武尊「Krushのチャンピオンとして僕には僕の夢の見せ方がある。僕は自分がメインに相応しいと思うし、今大会でも一番目立って輝きたい」

お知らせ

8・9「Krush.44」武尊「Krushのチャンピオンとして僕には僕の夢の見せ方がある。僕は自分がメインに相応しいと思うし、今大会でも一番目立って輝きたい」

Krush

[2014/08/07]

 8月9日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.44」の[Krush -58kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・鈴木雄三と対戦する王者・武尊のインタビューを公開! >>詳細

――今回の防衛戦は武尊選手にとって今年2戦目になるんですね。

「そうなんですよ。僕は定期的に試合をするタイプなので試合がないと気持ち悪かったです」

――3・8「Krush.39」で初防衛に成功した後、早く試合をしたかったですか?

「はい。防衛期限があったので、このくらいに試合が決まるだろうなとは思っていましたが、試合が決まるまではずっとモヤモヤしていました」

――挑戦者が鈴木選手になることは予想していましたか?

「予想はしてなかったですね。正直、最初に名前を聞いた時は『なんで?』と思いました。試合結果で言ったら去年、大滝(裕太)選手は直接対決で鈴木選手に勝っていて、4月の後楽園(「Krush.40」)でも後藤(勝也)選手に勝っている。僕もまだ大滝選手とは戦ったことがないので、大滝選手になるのかなって思っていたんですよ。でも鈴木選手のTARO戦での勝ち方が良かったということで鈴木選手が挑戦者に選ばれて、ちょっと驚いた部分はありましたね」

――鈴木選手とは昨年3月に初代王座決定トーナメント準決勝で対戦し、判定で勝っています。記者会見では「鈴木選手は前回対戦した時と変わっていない」という言葉もありました。

「年末に(伊澤)波人とやった試合が五分五分の内容だったので『こんなもんか…』と思ったのが記憶に残っていて。前回の試合もKO勝ちでしたけど、相手のレベルが分からないままだったので、僕が見る限り、自分と戦った時とそんなに変わってないなと思います。上手くなっているわけでもないし、パワーが上がっているわけでもないし…そんな感じです。もし実際に鈴木選手が成長していたとしても、僕はそれ以上に成長している自信があります」

――武尊選手自身、どこにその成長を感じていますか?

「初代王座決定トーナメントの時とは身体の強さが全然違います。パワーもスピードも比べものにならないくらい上がっていて、自分でも自覚しているし、周りからもそう言われます」

――階級を上げた直後はまだ58kgで戦うには身体が小さかった?

「やっぱり軽量級で3kg違うと、かなり差がありましたね。当時の試合映像を見直して僕と対戦相手を見比べると身体の厚みが違う。僕は55kgでも身体が強い方だったので勝負することが出来ましたけど、60kgから落としてきた選手からは圧力や身体の強さを感じました。ただ今は筋肉量も多くなって通常体重も増えている。あの時とは比べものにならないくらい身体が強くなっていますよ」

――初代王座決定トーナメントではそういった課題も見つかったんですね。

「もしベルトを獲れなかったら55kgに戻していたかもしれないし、チャンピオンになったからには58kgで最強の身体を作らないといけないと思って、フィジカルトレーニングを続けていました」

――フィジカルトレーニングはすぐに効果が出ないものなので、今ちょうどその効果が出始めているんですね。

「フィジカルを始めたのがトーナメントからで、当時のインタビューで『フィジカルをやっているから身体が強くなっている』と言っていましたけど…ぶっちゃけ大げさに言っていたところはあるんですよ。だから1年以上経って本格的に効果が出始めています。トレーナーさんからはまだ伸びると言われているので、もっとフィジカルは強化したいですね。これだけ自分の成長を感じているので、次の試合はきっちりと勝ちたいです」

――武尊選手は初代王者であり、初防衛にも成功しました。チャンピオンの自覚も強くなっていますか?

「僕はKrushのチャンピオン=日本最強だと思っていて、誰とやっても負けない自信があります。そういう意味で日本最強のチャンピオンはもっと色んな人に知ってもらいたいし、Krushのチャンピオンになったら気軽に出歩けないくらいにならなきゃいけないと思います」

――それは武尊選手がチャンピオンになってから一貫して言い続けていることですね。

「他の階級のチャンピオンのことをどうこう言うのではなく、僕はKrushのチャンピオン=そういう存在じゃないといけないと思っています。だから僕は積極的にメディアに出ようと思うし、それが自分とKrushをアピールする一環になる。Krushには強くてかっこいい選手がたくさんいるということを一人でも多くの人たちに広めたいし、ちょっとでもKrushに興味を持ってくれた人には会場に足を運んでもらいたい。とは言っても僕は自分が一番目立ちたい人間なので(笑)、武尊という存在を世の中の人に知らしめることがチャンピオンの仕事だと思います」

――鈴木選手は鈴木選手で「自分がチャンピオンになって格闘技のイメージを変えたい」と話していますが、武尊選手は武尊選手でチャンピオンとしての使命が何かを考えているのだと思います。

「鈴木選手が言っていることをも分かりますよ、格闘技のイメージを変えたいっていうのは。でも僕がチャンピオンで居続ければ、格闘技のイメージを変えられると思うし、子供たちにも夢を与えられると思います。K-1もスポーツ化を掲げて、ジムを作ったりアマチュア大会を開催したり、関係者の方々がK-1を子供から始められるスポーツにしようと努力されています。だったらKrushのチャンピオンやプロファイターとして僕には僕の夢の見せ方があると思っています」

――今大会は指定席・立見券ともに完売し、後楽園ホールは超満員になります。そこでどんな試合をしたいですか?

「先輩たちの試合もありますし、注目カードが多いと思いますが、僕は自分がメインイベントに一番相応しいと思っています。僕はいつもその大会で一番目立って輝く選手になると思って戦っているので、次も大会が終わった時にお客さんがみんな『武尊が一番良かった』と思いながら帰るような試合をしたいと思います」

  • 武尊 vs 神戸翔太
  • 武尊 vs 神戸翔太
  • 武尊 vs 神戸翔太
  • 武尊 vs 後藤勝也
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます