ホーム > お知らせ > 8・9「Krush.44」卜部弘嵩「最高に仕上げてきた真弘選手に勝って世代交代したい。今度は僕が60kg最強と言われなければいけないと思っている」

お知らせ

8・9「Krush.44」卜部弘嵩「最高に仕上げてきた真弘選手に勝って世代交代したい。今度は僕が60kg最強と言われなければいけないと思っている」

卜部弘嵩

[2014/08/06]

 8月9日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.44」の[Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R]で山本真弘と対戦する卜部弘嵩のインタビューを公開! >>詳細

――5月にフランスでISKAの世界タイトルを獲得して、今回のKrush凱旋となりました。海外遠征を経験して変化したことはありますか?

「戦う気持ちに関してはいつもと同じですね。フランスだろうが日本だろうが、その時その場に対応して今回もしっかり仕上げてきました。ただ海外の試合を経験して精神的に図太くなれたと思います」

――弘嵩選手の言動を見ていると、海外遠征前後で変わったと思うのですが、本人として意識していないですか?

「実は周りからそう言われることが多いんですよ。自分では特に変わったとは思わないんですけど、自分が気づいていないところで変化があったのかもしれません。練習面に関して言えばフランス前と同じように厳しく自分を追い込んでいるので、いいものを見せられると思います」

――今大会では山本真弘選手と対戦が決まりました。オファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「僕はずっと戦いたかった相手なので、オファーを受けた時はただただうれしかったです。僕は21歳でKrushの初代チャンピオンになって、いつか真弘選手と戦いたいと思っていたんです。でも真弘選手は海外やKrush以外の舞台で試合をしていたので、僕とは交わることがない、時代が違うのかなと思っていました。だから戦いたかった真弘選手がまさかKrushに戻って来るなんて、と思っていました」

――いつ頃から真弘選手の存在を知っていたのですか?

「デビューする前から知っていましたし、僕がデビューした時にはすでに全日本キックのチャンピオンで60kgのトップにいた選手でした。2007年10月の代々木第二体育館大会で僕はオープニングファイトで試合をして、メインイベントでKick Returnトーナメントを優勝したのが真弘選手でした」

――当時の弘嵩選手にとってはまさに雲の上の存在だったのですね。

「はい。でも僕もKrushでチャンピオンになって、色々な経験を積んで60kgのトップになりました。だから真弘選手がKrushに戻ってきた時は『やってやろう!』と思ったし、過去の戦いたいという気持ちとは違います」

――世代は違いますが、同じ60kgのファイターとしてライバル心はありましたか?

「もちろん。60kgは黄金のライト級と言われるくらい選手層が厚くて、今も昔もその先頭を走っているのが真弘選手です。それに真弘選手ほど海外で実績を残している選手はいないと思っています」

――ただし弘嵩選手も初代Krushチャンピオンとして試合を続けて、今年はISKAの世界タイトルも獲得しました。自分がやってきたことは真弘選手に負けていないという自負はありますか?

「やっぱり僕らが世代交代しないといけないですよね。今までは真弘選手が60kg最強と言われていましたが、今度は僕が60kg最強と言われなければいけない。そういう意味でも大事な試合ですね。真弘選手はここ2試合あまりいい試合をしていませんが、底力や今までやってきたものは大事な試合で爆発・発揮すると思うんですね。だから真弘選手は間違いなくいい状態に仕上げてくると思うし、すごく楽しみにしています」

――今回の試合に向けて真弘選手からは「最強とか誰が一番とかはもういいんじゃないかなって。それよりもみんなが吸い込まれるような熱気のある試合を見せたい」という言葉がありました。弘嵩選手はこの発言をどう感じていますか?

「う~ん…ちょっとがっかりした部分はあります。僕は真弘選手は強さや勝つことに貪欲な選手だと思っていたので。真弘選手もキャリアを積んで考え方が変わったのかもしれませんが、僕は格闘技を始めた頃から今でもずっと一番を目指しています。そこは絶対に譲れないです。僕は僕なりの最強・一番を見せるつもりです」

――弘嵩選手も過去にベルトを巻いていますが、Krushのチャンピオンが日本最強という想いはありますか?

「もちろんです。Krushのチャンピオンが日本最強だと思います。そしてKrushのチャンピオンは本気で世界一になれると思います。大月晴明選手がチャンピオンにいて、僕と功也はISKAの世界タイトルを持っていて、真弘選手も世界で実績がある。Krushの60kgはそういう選手たちが戦っている場所なので、そこで一番になった選手が最強です」

――Krush宮田充プロデューサーからは弘嵩VS真弘と卜部功也VS翔・センチャイジムの試合でインパクトを残す勝ち方をした選手が次のKrush-60kgの挑戦者になるというコメントがありました。それについてはいかがでしょうか?

「もちろん意識しています。あのベルトを初めて巻いたのは僕なんで、絶対に獲り返してやります」

――功也VS翔のことは意識していますか?

「そうですね。一緒に練習していて功也も調子はばっちりなんで、功也の試合とも間接的な戦いだと思っています」

――今大会は指定席・立見券ともに完売し、後楽園ホールは超満員になります。そこでどんな試合をしたいですか?

「最高に仕上げてきた真弘選手にしっかり勝って世代交代したいと思います」

  • 卜部弘嵩 vs パク・ヒョンソン
  • 卜部弘嵩 vs パク・ヒョンソン
  • 梶原龍児 vs 卜部弘嵩
  • 梶原龍児 vs 卜部弘嵩
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます