ホーム > お知らせ > 8・9「Krush.44」翔・センチャイジム「僕だったらKrushでもムエタイの上手さも強さも見せられると思う。僕はムエタイでKrushします」

お知らせ

8・9「Krush.44」翔・センチャイジム「僕だったらKrushでもムエタイの上手さも強さも見せられると思う。僕はムエタイでKrushします」

翔・センチャイジム

[2014/08/05]

 8月9日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.44」の[-61kg契約/3分3R・延長1R]で卜部功也と対戦する翔・センチャイジムのインタビューを公開! >>詳細

――1年10カ月ぶりのKrush参戦になりましたが、改めてKrushの印象を聞かせてもらえますか?

「Krush=“アツい”ですね。選手はみんなお客さんを意識した激しい試合をして、それを見たお客さんも楽しんでいる。そうやってイベント全体が“アツい”印象です」

――客観的に見ても他のイベントとは違いますか?

「Krushほど選手の気持ちが伝わってくるイベントはないと思います。他のイベントでは選手がダラダラした試合をして、お客さんも自分が応援している選手の試合が終わると帰っちゃうこともあるじゃないですか。でもKrushはそれがなくて、最初から最後までイベント全体が盛り上がっていますよね。僕がKrushで試合をした時も『最初は翔の試合見たら帰ろうと思ったけど最後まで見て帰ったよ』と友達に言われたことがあります」

――ずばりKrushは好きですか?

「はい。格闘家として好きな舞台です」

――前回のKrush参戦から期間が空いた理由は何だったのですか?

「僕が一番活きるのはヒジ打ち・首相撲ありのキックルールで、それを疎かにしていては元も子もない。だからまずはキックルールでベルトを獲ろう、と。それを達成してKrushから試合のチャンスをもらえるのであれば、もう一度、Krushで戦いたいと思っていました。その結果、2年近く試合間隔が空いてしまったという感じですね」

――翔選手の中でそういった目標があって、Krushを離れていたわけですね。ただし翔選手の言葉にもあったように、Krushルールでは翔選手が得意とするヒジや首相撲からのヒザ蹴りが禁止されています。それはどう感じていますか?

「ムエタイはルールに関係ないんですよ。ムエタイのパンチと蹴りがあれば、どんなルールでも戦えます。Krushで戦うことになっても僕がやるのはムエタイで、ムエタイのパンチと蹴りで勝ちます」

――翔選手が考えるムエタイの凄さは何ですか?

「技術はもちろんなんですけど…技術だけじゃない。むしろ内面、ハートですね。それは全て会長から教えてもらっていて、会長はすごく熱いハートを持っている人なので、僕は会長の教えを信じてやっています。ただ以前Krushに出ていた頃はムエタイっぽさはゼロ。がむしゃらにやっていただけで、今の自分は絶対にあんな戦い方はしないです(苦笑)。でもこの1年10カ月でファイトスタイルも変わったと思うし、今の自分がKrushのリングに立ったらどうなるのか。それは自分でも分からなくて、楽しみでもあります。実はまだ卜部(功也)選手の試合も見ていないんですよ。僕は相手どうこうではなく、自分を作って自分を高めていくタイプなので。だから構えやどういう技を使うのかイメージだけ作っておいて、あとはリングに上がった時にどう身体が動くかですね」

――翔選手は対戦相手を研究するタイプではないんですね。

「相手の映像を見過ぎると相手のことばっかり考えちゃうんです。それよりもリングに上がった時の感覚に合わせる感じです。それこそムエタイは1Rは相手の様子を見て、それから徐々に試合を作っていきますからね。Krushは3分3Rですけど、それに合わせた戦い方をしようと思います」

――その上で功也選手にはどんな印象を持っていますか?

「63kgでやっていた頃は身体も絞れていなかったのに、60kgに落としてからは穴がないイメージですね。攻撃力もあって防御力もあるっていう」

――過去のKrushでの翔選手の試合を見る限り、翔選手と功也選手は正反対のスタイルかなと思います。翔選手がガツガツ行って、功也選手が上手く戦うのかな、と。

「そうですか? どうなりますかね。自分でも試合当日までどうなるのか分からないです。上手くいくのか、ガツガツ行くのか、強くいくのか、がむしゃらに戦うのか。みなさんこの試合を楽しみにしてくれているので、僕もどんな試合になるか楽しみです」

――Krush宮田充プロデューサーからは卜部弘嵩VS山本真弘と功也VS翔の試合でインパクトを残す勝ち方をした選手が次のKrush-60kgの挑戦者になるというコメントがありました。それについてはいかがでしょうか?

「僕が普通に試合をして普通に勝てば絶対にインパクトある勝ち方になると思います。最近の僕はパンチがあるんですよ。だからコツンと当たっただけでもバーン!と倒れちゃいます。こっちが『あれ?』と思っちゃうくらい。だからKrushで僕のパンチが当たったらどうなるんだろうと思うし、僕のパンチが当たったら壊れると思います」

――7・13「Krush.43」の挨拶では「自分は偽物じゃなくて本物だ」という内容のコメントがありましたが、翔選手がそういう発言をするイメージがなかったので驚きました。

「やっぱりそこはKrushなんで。お客さんもすごく見ているし、言ったもん勝ちかな、と」

――実際にすごくインパクトがあったコメントだと思います。

「ポイントで勝っていると試合を流したり、逃げる選手っていると思うんですけど、僕は最後まで戦ってバチバチ行って倒しに行きます。そういう試合をお客さんも見に来てくれると思うので、最後まで戦いたいです。Krushとムエタイは違うものじゃないですか。でも僕だったらKrushでもお客さんにムエタイを見せられると思うんです。ムエタイの上手さも強さも。もちろん入場や風貌…そういうものも他の選手とは全然違うはず。だから見た人たちが『これがムエタイか!』と思うような僕の色・ムエタイの色を見せたいですね。明らかに僕は他の選手とは違うと思うので」

――ムエタイをKrush流にアレンジするのではなく、Krushでムエタイを見せるわけですね。

「その通りです。ムエタイでKrushする、ですね。ムエタイのパンチ、蹴り、身体、戦う姿勢、気持ち…それらすべてを最初から最後までお見せします」

  • 石川直生 vs 翔・センチャイジム
  • 石川直生 vs 翔・センチャイジム
  • 牧平圭太 vs 翔・センチャイジム
  • 渡辺武 vs 翔・センチャイジム
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます