ホーム > お知らせ > 7・21「K-1甲子園2014」Krush-55kg級新人王・佐野が決勝進出、HIROYA&松倉がK-1甲子園ファイターたちを激励

お知らせ

7・21「K-1甲子園2014」Krush-55kg級新人王・佐野が決勝進出、HIROYA&松倉がK-1甲子園ファイターたちを激励

7・21K-1甲子園01

[2014/07/22]

 7月21日(月・祝)東京・新宿FACEにて「K-1甲子園2014&K-1 CHALLENGE 2014」が行われ、2014 Krush -55kg級新人王の佐野天馬が決勝進出を果たした。 >>詳細

 Krushでプロデビューし、今年はKrushの新人王にも輝いた佐野。すでにプロでも十分な実績を残している佐野だが、2012年以来の開催となったK-1甲子園にエントリーした。第1試合からの登場となった佐野は、プロでの試合と同じようにブロックを固めてロー&ヒザ蹴りで前に出る戦い方でトーナメントを勝ち上がる。

 準々決勝では昨年7月13日「Krush-IGNITION 2013 vol.5」で対戦している南野卓幸と再戦。前回の対戦では佐野が判定2-0で勝利しているが、この日も両者はハイレベルな試合を展開し、延長戦までもつれる接戦の末、佐野が判定2-1で南野を退けて準決勝へ。

 最大の山場をクリアした佐野は準決勝で朝久裕貴に本戦判定3-0で勝利、11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD LEAGUE 2014」で行われる決勝戦に駒を進めた。決勝では逆ブロックを勝ち上がった平本蓮と対戦する。

 また今大会では準決勝前にK-1甲子園OBとして初代Krush-65kg級王者HIROYA、松倉信太郎がK-1甲子園OBとしてリングから挨拶。

 松倉が「自分が出ていた頃よりも今の方がレベルが高いと思いました。格闘技をやっていて親に心配をかけているかもしれないですが、結果を残せば親も喜んでくれるので頑張ってください(笑)」とらしいメッセージを送ると、HIROYAは「K-1甲子園は時間が短いので技術と勢いが大事です。松倉はああ言っていましたが、格闘技も勉強もしっかり頑張って(笑)、どちらでもチャンピオンであって欲しいと思います」とフォローした。

 また初防衛戦に敗れて再起を誓うHIROYAは「格闘技をやっていれば良い時もあればダメな時もあると思います。僕も前回負けてしまいましたが、また上を目指して頑張っています。今日のトーナメントで負けた選手もここから頑張ってください」とK-1甲子園出場選手にメッセージを送った。

≫ ≫ K-1 WORLD LEAGUEオフィシャルサイト K-1甲子園大会レポート

  • 7・21K-1甲子園01
  • 7・21K-1甲子園02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます