ホーム > お知らせ > ISKA世界バンタム級王者・寺戸伸近が意味深発言?「3度目の防衛を果たしたので、色んなチャレンジをしていきたい」

お知らせ

ISKA世界バンタム級王者・寺戸伸近が意味深発言?「3度目の防衛を果たしたので、色んなチャレンジをしていきたい」

7・13寺戸伸近試合後会見

[2014/07/15]

 7月15日(火)Krush事務局にて記者会見が行われ、7月13日(日)東京・後楽園ホール「Krush.43」トリプルメインイベントの勝者が試合を振り返るとともに今後の抱負を語った。 >>詳細

 寺戸はトリプルメインイベント第2試合でヴェダット・ウルックを右フック一発でKOし、ISKA世界バンタム級王座の3度目の防衛に成功した。会見の冒頭で寺戸は自分の応援団がサイリウムをリングに投げ込んだことを謝罪し、試合を以下のように振り返った。

「今回が3度目の防衛戦で、対戦相手が一階級上のフェザー級の選手ということで不安もあったし、怖いなという部分もありました。1Rで勝つことが出来て自分自身ホッとしているし、しっかり結果を出せたことでうれしく思います。もう少し色んな自分の進化した部分を見せられたら更に良かったと思いますけど、結果を出せたことはうれしく思います」

 1Rでの短期決着について「あれほど早いのは想定していなかった」という寺戸。しかし「(ウルックは)KO率が高い選手なので前に出てくるかもしれない。ああいう展開もありえるだろうなと思っていた」と想定していた範囲内の試合展開で「倒したパンチもしっかり練習していたもの。狙ったというか流れの中で上手く出せて、しっかり手応えはありました」とフィニッシュとなった右は練習していたパンチだという。

 同席したKrush宮田充プロデューサーも寺戸の防衛戦を「寺戸君はもっと練習したことを出したかったと思うけど、一瞬で勝負が決まるという、あの日の興行で一番インパクトある勝利だったと思います」と高く評価。「試合後、本人とも話したのですが、1RでワンパンチでKOするという試合は初めてだと思います。しっかり最高の形でクリアして、どんどん進化しているなと思います」とキャリアを積んでもなお成長する寺戸を称えた。

 次戦については「1Rで勝ってダメージはないですし、年内に試合をしたい」という寺戸。宮田プロデューサーも「ぜひ年内にはやって欲しい」と話しており、10月もしくは11月大会にスーパーファイトで参戦することが濃厚だ。しかしKrush-55kg級王者・瀧谷渉太と寺戸は練習仲間。寺戸自身「瀧谷選手と戦うつもりはない」と明言しており、寺戸がISKAの防衛戦以外で何をテーマに戦っていくのか、気になるところだ。

 これについて寺戸は「無事に3度目の防衛を果たしたので、自分なりに新しい道・スタートとして、違う部分に色んなチャレンジをしていきたい」と意味深な発言。「具体的にはこれからしっかり考えていきたい」とその内容についてはノーコメントだったが、寺戸の中には新たなビジョンが描かれているようだ。

 果たして寺戸が見据えている新たな道とは何か? 寺戸の次戦がより楽しみになってきた。

1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます