ホーム > お知らせ > 7・13「Krush.43」火花散る調印式! 王者HIROYA「正直、相手にならない」VS挑戦者・寺崎直樹「白黒はっきりつける」

お知らせ

7・13「Krush.43」火花散る調印式! 王者HIROYA「正直、相手にならない」VS挑戦者・寺崎直樹「白黒はっきりつける」

7・13HIROYAVS寺崎

[2014/07/12]

 7月12日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.43」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 3・8「Krush.39」で初代Krush-65kg級王者となったHIROYAが初防衛戦を迎えた。予備計量で若干リミットを超えており、最初の計量でも200gオーバー。しかしその場でパンツを脱ぎ、リミットちょうどで計量をパスした。一方、挑戦者の寺崎直樹は最初の計量でリミットちょうどの65kgで計量をパスし、調印式・会見に出席した。

 会見では両者が火花を散らした。まず先に挨拶した王者HIROYAが「チャンピオンになって初めての試合、初めての防衛戦でメインに抜擢していただいて、ありがとうございます。寺崎選手が挑戦者ですが、試合が決まった時から今まで、正直、相手にならないと思っています」と寺崎を実力不足と一刀両断。

「僕は周りから恵まれていると言われていて、確かに恵まれています。でも他の選手以上のことを背負ってやってきたし、それを背負ってもっと上に行きます。明日の試合ではそこも楽しみにしてください」と初防衛の先を見据える言葉で挨拶を締めた。

 質疑応答でも「寺崎選手は強くて、粘り強い選手だと思います。それを考えて練習してきました。でも今の自分はこれで倒すというのではなく、戦っていてこれだという技で倒す自信がある。なので相手にならないかなと思います」とHIROYAの自信は揺るがない。

「僕の中では防衛戦やベルトを守るという強い気持ちがあるかと言われたらそうじゃない。ただ単に寺崎選手に勝つだけです。みんなは打ち合いで倒し合いを望むと思いますが、圧倒して勝つのが目標。お客さんは楽しく思わないかもしれないけど圧倒して勝ちたい」と圧勝で防衛すると宣言した。

 一方、HIROYAの発言を受けて挑戦者・寺崎は「会見やインタビューでHIROYA選手は僕じゃ相手にならないと言っていて、そういう見方をする人も多いと思います。でも男である以上、喧嘩を売られたら勝たなきゃいけない。明日は白黒はっきりつける。こういうところで感情を表に出すのは得意じゃないけど、男だったら舐められたら『なにくそ!』と思うのが普通。今はそういう心境です」と語気を強める。

 さらにHIROYAの圧勝宣言とは正反対に「僕は打ち合います。そこにしか勝機がないと思っているんで。あきらめないで前に前に出て倒す気でいきます」と玉砕覚悟で打ち合うと宣言する寺崎。

「昔はタイトルマッチを目指してやってきたけど、いざここに座ってみると、それ以上のものを目指しています」とベルト奪取への自信を静かに口にすると「息子はまだ話せないけど、段々と言葉が分かるようになってきて、僕の試合を見て『おとうさん』と言ってくれます。そんな息子とチャンピオンになるからと約束してきたので、その約束を果たすためにチャンピオンになります」と息子にベルトを捧げると語った。

 明日の大会は前売りチケットがほぼ完売、さらにニコニコ生放送でも生中継が決まり、これまで以上に多くの人たちが試合を見ることになる。会見の最後に両者はファンに以下のようなメッセージを送った。

「ニコ生で生中継が決まって僕自身もうれしいです。打ち合いですごい試合を見せるつもりはないけど、メインに相応しい試合は出来ると思うので、楽しみにしてください」(HIROYA)

「Krushのメインはハズレがないです。そこに選ばれたことに感謝しています。そして自分が何をするべきかは分かっています。楽しみにしてください」(寺崎)

 初防衛に絶対的な自信を持つ王者HIROYAと得意の打ち合いで悲願の王座奪取に燃える挑戦者・寺崎。明日の大トリを務めるトリプルメインイベントの第3試合、果たしてどんな結末を迎えるのか?

1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます