ホーム > お知らせ > 7・13「Krush.43」山内佑太郎「今の自分にはKrush-70kgのタイトルしか頭にない」、初参戦のK-Jeeはパワーファイトを予告

お知らせ

7・13「Krush.43」山内佑太郎「今の自分にはKrush-70kgのタイトルしか頭にない」、初参戦のK-Jeeはパワーファイトを予告

7・13山内VSK-Jee

[2014/07/12]

 7月12日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.43」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 昨年8月にKrush-70kg級タイトルマッチで王者・城戸康裕に敗れて以来、約1年ぶりの再起戦となる山内佑太郎。対戦相手のK-Jeeは今回がKrush初参戦ながら7戦6勝1敗という好成績を残し、勝った試合がすべてKO勝利というハードヒッターだ。公式計量では山内、K-Jeeどちらも69.7kgでパスし、会見に出席した。会見ではまず両者が試合への意気込みを語った。

「K-Jee選手は8戦目で戦績で言えば少ないけど、このカードを組んでくれたことには意味がある試合だと思っています。K-Jee選手が『僕とやりたい』と言っていたという情報を聞いて(K-Jeeは)自信があって強い選手だと思います。自分も全力でこの1年間練習してきたことを出せるかなと思います」(山内)

「減量がきつかったんでホッとしています。今回の試合で山内選手と試合を組んでもらいました。(山内は)経験があって、技術があって、学ぶものがたくさんある。色んな物を盗んで勝ちに行こうと思います」(K-Jee)

 質疑応答で山内は1年間での変化について「8月に負けた時、フィジカルが足りないと感じました。なので試合が終わっても休まずにフィジカルに力を入れてきました。HALEO TOP TEAMという素晴らしい環境で素晴らしい仲間と練習させてもらっています。まだまだ自分は下の方ですが去年よりパワーアップ出来ていると思います」とフィジカル向上を挙げる。

 するとKrushファンにアピールしたいものを聞かれたK-Jeeも「フィジカルです。というか僕はフィジカルしかない。だから山内選手にはドーン!とぶつかってきて欲しいです。自分は身体の強さとパンチ、技術はないけどパワーで攻めたい」とフィジカル全開のパワーファイトを予告した。

 約1年ぶりのKrush参戦で山内が目標に掲げるものは、やはりKrush-70kg級のベルト。「負けてすぐに言うのはどうかと思うけど…今の自分にはKrush-70kgのタイトルしか頭にないです。明日の試合をリスタートとして、一つ一つ結果を残して、またタイトルを取りたいと言える立場まで上がっていきたいです」。

 対するK-Jeeは「まずは試合経験を積んで技術をアップしたい。KOで倒すことを前提に、どんどんKOで勝っていてチャンピオンになりたい」とキャリアを積み、将来的にチャンピオンになりたいと話した。会見の最後に両者はファンに以下のようにメッセージ。

「K-Jee選手はパワーファイターでKOが多い、派手な選手だと思います。Krush初参戦で、そこそこ名前があってベルトを獲ったことがある僕を踏み台にして、ヒーローになろうというのが、この試合には含まれていると思います。でもそうはいかないぞ、と。おっさんの強さを見せて、しぶとくやっていればベルトを巻けるところを見せたいです」(山内)

「誰よりも激しくぶっ倒します。みんなに好きになってもらいたいんで、そういうところを見てもらいたいです」(K-Jee)

 8・9「Krush.44」では松倉信太郎VS阿佐美ザウルス、8・24「Krush.45 ~in NAGOYA~」では佐藤嘉洋VS山崎陽一が組まれ、熾烈なサバイバルマッチが続く70kg戦線。勝利を掴むのはベテラン山内か? それとも初参戦の強打者K-Jeeか?

1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます