ホーム > お知らせ > 7・13「Krush.43」伊澤波人「負けたら本当にやばい試合だし、堀尾選手も同じことを考えていると思う。これまでになかった伊澤波人を見せたい」

お知らせ

7・13「Krush.43」伊澤波人「負けたら本当にやばい試合だし、堀尾選手も同じことを考えていると思う。これまでになかった伊澤波人を見せたい」

伊澤 波人

[2014/07/07]

 7月13日(木)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.43」の[Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R]で堀尾竜司と対戦する英雄伝説 世界-57kg級王者・伊澤波人のインタビューを公開! >>詳細

――5月に中国・英雄伝説でベルトを獲り、今回が凱旋試合となりました。

「中国でベルトを獲ることが出来たのですが、いつも応援に来ていただける人たちに試合を見せることが出来なかったので、そういう人たちにもチャンピオンとして試合を見せたいと思っていました。だから僕としてはいいタイミングで試合が決まったかなと思います」

――ワンデイトーナメントのダメージはなかったですか?

「1日2試合だったのですが、ほとんどダメージらしいダメージはなかったですね

――ではいつでも試合をする準備は出来ていた、と。

「そうですね。そのつもりで練習を続けていました」

――初めての海外遠征でどんな収穫がありましたか?

「初の海外でアウェーだったんですけど、そんな状況で試合できたことは大きな経験になったし、そこでチャンピオンになれたことが自信になりました。試合に臨む気持ちの作り方も勉強になったので、次の試合も楽しみにしています」

――試合を楽しむようになれたということですか?

「はい。中国では試合直前までリラックスして、試合になったら集中する・試合を楽しむという気持ちでいい結果を出すことが出来ました。だから次の試合でも、いい意味で試合を楽しもうと思います」

――今までは入れ込み過ぎていた部分もありましたか?

「完全にそうですね(苦笑)。試合まで負けちゃいけない、負けちゃいけない…って思い詰め過ぎて、それでいい動きができなかったです」

――結果以上に得るものがあったようですね。

「僕はそう思っています。オファーそのものは試合前1カ月を切っていたんですけど、今振り返ると急なオファーでも受けて良かったと思っています」

――対戦相手の堀尾選手にはどんな印象を持っていますか?

「ちょうど今の自分と同じくらいの評価を受けている選手だなと思います。去年のYOUTH GPで準優勝して、前回の試合では闘魔選手にも勝っているので強い相手ですよね。ただファイトスタイル的には自分と相性がいいタイプだと思うので、そこまで苦手意識はないです。自分らしく戦えば勝てる相手です

――タイトル挑戦のためには負けられない一戦、潰し合いの試合になると思います。

「負けたら本当にやばい試合だし、堀尾選手も同じことを考えていると思います。ただしそういう気持ちは持ちつつも、思い詰め過ぎてはいい試合が出来ないと思うので、リラックスして試合を楽しもうと思います」

――伊澤選手は今のKrush-55kgをどう分析されていますか?

「瀧谷(渉太)選手がぶっちぎりで抜けていて、第2グループ、第3グループがあると思うんですよ。僕は第3グループのトップにいると思うんで、堀尾選手に勝って第2グループに入りたいです。英雄伝説のベルトを獲ることは出来ましたが、もちろんKrushのベルトも獲りたいです」

――伊澤選手も英雄伝説王者になって初めての試合で、堀尾選手は前回闘魔選手に勝っていて、注目も集まると思います。どんな試合を見せたいですか?

「今までは思い詰め過ぎて試合を楽しめなかったのですが、試合を楽しむことで練習での自分を出せるようになりました。練習の時と同じようにまだ試合で出していない色々な技も見せられると思うので、楽しんで試合をしている僕を見て、みなさんも楽しんでください。これまでになかった伊澤波人を見せられると思います」

  • 伊澤波人 vs 貴章
  • 伊澤波人 vs 鈴木雄三
  • 伊澤波人 vs 隆聖
  • 伊澤波人 vs 隆聖
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます