ホーム > お知らせ > 6・12「Krush.42」王者・山崎秀晃「10回やっても10回山崎が勝つという試合をしたい」VS挑戦者ブールフ「しっかり準備を積んできたので激しい試合になる」

お知らせ

6・12「Krush.42」王者・山崎秀晃「10回やっても10回山崎が勝つという試合をしたい」VS挑戦者ブールフ「しっかり準備を積んできたので激しい試合になる」

6・12山崎VSブールフ01

[2014/06/11]

 6月11日(水)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.42」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 昨年12月の初防衛戦では木村ミノルを1R47秒でKOしたKrush-63kg級王者・山崎秀晃。2度目の防衛戦でモロッコのモハメド・ブールフを迎え撃つことになった。山崎はリミットちょうどの63kg、ブールフは62.6kgの400gアンダーで計量をパスし、調印式・会見に出席した。

 Krush初参戦でタイトル挑戦というチャンスとなる挑戦者ブールフ。「みなさん、はじめまして。計量も無事にパスして体調的に問題はない」と静かに挨拶すると「今日、山崎と初めて顔を合わせたけど、特別な印象はない。明日の試合ですべてを見せられるだろう」と多くを語らず。

 ベルトを前にした心境を聞いても「Krushのベルトをかけて試合をするのが初めての経験なので明日の試合に集中している」とだけ話し「明日のためにしっかりと準備を積んできたので、明日は激しい試合になると思う。試合を来てくれるみなさんが楽しめる試合、気に入ってもらえる試合を見せたい」と意気込みを語っていた。

 そんなブールフとは対照的に王者・山崎は「順調に減量も出来て、これからリカバリーしたいと思います。明日はこのベルトの強さを見せて、圧倒的に勝つ。10回やれば10回山崎が勝つという試合を見せたい」と圧勝を宣言。ブールフを間近で見た印象を「基本的には映像と変わらないですね。ただ肉厚でいい身体つきをしているなと思います」と話す一方「顔は格闘家っぽいいかついオーラがなくて…調子狂うなって感じです」と苦笑いする場面も。

 しかし王者として「今までやってきた相手と比べる必要はないけど、ここでやられているようでは過去の対戦相手に失礼。Krushの新しい道、第一歩を切り開いていくことが自分の役目です。きっちり防衛して、圧倒的な力の差を見せて、ベルトの価値を上げていきたい」と王座防衛を誓うと「山崎秀晃=KO。攻撃力が桁違いやなと思わせる試合をしたいです。試合を見に来てくれた人たちには今日はすっきりした、スカッとしたという気持ちで帰ってもらいたい。明日はGOLDEN FISTを炸裂させます」と“GOLDEN FIST”(山崎のキャッチフレーズ)によるKOを予告した。

 明日の大会を締めくくるメインイベント、山崎が王者としての圧倒的な強さを見せつけるか? それとも未知の強豪ブールフが山崎からベルトを奪い去るか?

≫ Krush.42 大会概要
≫ 山崎 秀晃 選手データ
≫ モハメド・ブールフ 選手データ

  • 6・12山崎VSブールフ01
  • 6・12山崎VSブールフ02
  • 6・12山崎VSブールフ03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます