ホーム > お知らせ > 6・12「Krush.42」気合十分のトーマス、公開練習で自らラウンド追加を要求「自分にとってKrush-63kgのタイトルを取り戻すことは大きな目標の一つ」

お知らせ

6・12「Krush.42」気合十分のトーマス、公開練習で自らラウンド追加を要求「自分にとってKrush-63kgのタイトルを取り戻すことは大きな目標の一つ」

6・12トーマス公開練習01

[2014/06/10]

 6月10日(火)東京・大久保にあるK-1 GYM総本部にて、6月12日(木)東京・後楽園ホール「Krush.42」で木村ミノルと対戦するトーマス・アダマンドポウロスが公開練習を行った。 >>詳細

 公開練習として3分1Rのミット打ちを見せたトーマスはパンチとミドルキックのコンビネーションや飛びヒザ蹴りを披露。ラウンド終了後に「もう1R追加していいか?」とパンチのみのミット打ちを自ら追加リクエストし、複雑なコンビネーションを何度も決めるなど好調ぶりを存分にアピールした。

 今回が4度目の来日で「コンディションはとてもいい。また日本に戻ってくることが出来てうれしい。今回の試合に向けてハードなトレーニングを積んできたし、モチベーションも高い。明後日はとてもいい試合になると思う」と語ったトーマス。

 前回の来日は昨年3月の「Krush.27」、第2代Krush-63kg級王者として山崎秀晃の挑戦を受け、ダウンを奪われての判定負けだった。山崎にベルト奪還を許した形のトーマスだが「山崎はとても強い選手でチャンピオンになるに相応しかったと思う。本当にあの試合はハードな試合だった。山崎がとてもいい戦略を立てていたこと、それが山崎が勝った一つの理由だったと思うよ」と冷静に試合を振り返る。

 山崎戦のあとトーマスはフランスを中心に5戦5勝と好成績を残し「今年の3月にモハメド・ブールフ(※今大会で山崎秀晃に挑戦)が持つISKA世界ライト級(オリエンタルルール)のベルトに挑戦する予定だったんだけど、ブールフの怪我で試合が出来なかった。それでイタリア人戦って5RKOで勝利して、ベルトを獲ったよ」という。

 トーマスは対戦相手の木村を「すごくパワーもあってデンジャラスな選手だね。だからこそきちっと戦略を練ってきたし、試合中ちゃんとコーチの声を聞いて戦えば、いい試合が出来て勝てると思う」と分析。公開練習では今まであまり試合で見せたことのない飛びヒザ蹴りも繰り出していたが「今回は色んな技を出そうと思う。確かにフライニングニーはその一つかもしれないね。でも色んな技を用意していているから、ここでフライニングニーを見せたところで何も問題はないよ」と不敵な笑みを浮かべた。
 
 木村は対戦相手に対して挑発的な言動をすることもあるが、トーマスは「基本的に自分はプロ格闘家、プロファイターとして振る舞うつもりだ。個人的に相手を挑発する行為は好きではないけれど、明日の会見でどうなるかは見ていて欲しいね。僕はすべての選手に敬意を表して尊敬しているよ」と大人の対応。「自分にとってKrush-63kgのタイトルを取り戻すことは大きな目標の一つ。そのためにも明日の試合に負けるわけにはいかないし、まずは木村戦に集中して勝ちたいと思う」と山崎へのリベンジ&王座返り咲きを誓った。

 会見の最後、「すべてのファン、そして日本のファン、インターネットで僕を応援してくれたり、色々と語りかけてくれて感謝している。明後日はその恩返しをしたい。このKrushのリングで木村を倒して、ファンのみなさんに恩返ししたいと思う」とファンにメッセージ。Krush外国人ファイターの顔になりつつあるトーマスらしい言葉をファンに届けた。

≫ Krush.42 大会概要
≫ トーマス・アダマンドポウロス 選手データ
≫ 木村 ミノル 選手データ

  • 6・12トーマス公開練習01
  • 6・12トーマス公開練習02
  • 6・12トーマス公開練習03
  • 6・12トーマス公開練習04
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます