ホーム > お知らせ > 6・12「Krush.42」尾崎圭司「ファンは勝ちに徹する選手よりも、自分らしい試合をする選手を求めていると思う。これが尾崎圭司だという試合を見せたい」

お知らせ

6・12「Krush.42」尾崎圭司「ファンは勝ちに徹する選手よりも、自分らしい試合をする選手を求めていると思う。これが尾崎圭司だという試合を見せたい」

尾崎 圭司

[2014/06/08]

 6月12日(木)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.42」の[Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R]で一輝と対戦する尾崎圭司のインタビューを公開! >>詳細

――まずは先日のフランス遠征おつかれさまでした。卜部弘嵩&功也選手どちらも尾崎選手のサポートが心強かったと話していました。

「ありがとうございます。日本とは違う環境で、長い時間フランスに滞在して、どうやったら試合に向けて良いコンディションを作れるか? アイディアを振り絞って試行錯誤して、そこが一番苦労したところでした。でも2人とも結果を出してくれたので、僕は試合をしなかったのですが、色んなことが勉強になった旅でしたね」

――今回は1月の初代-65kg級王座決定トーナメント1回戦で泰斗選手に敗れて以来の試合となります。

「勝った負けたもそうなのですが、自分らしい試合が出来なかったことを悔いていますね」

――しかも尾崎選手自身、約1年間、勝ち星から遠ざかっている状況です。

「ここまで勝っていないのは格闘技人生で初めてです」

――接戦で惜しい試合も多かったと思うのですが、尾崎選手としては何が原因だと感じていますか?

「負ければ負けるほど勝ちにこだわろうとして、特に前回はいい試合が出来ませんでした。Krushファンは硬くなって勝ちに徹する選手よりも、リスクを背負ってでも自分らしい試合をする選手を求めていると思います。お客さんも“尾崎圭司”の試合を見に来てくると思うし、自分らしい試合、Krushらしい試合を見せたいと思います」

――尾崎選手はチームドラゴンでもKrushでもベテランと言えるポジションだと思います。

「まだまだ若い選手には負けてられない。Krushを盛り上げる意味でも若い選手の壁になりたいです。もちろん結果を残したいし、選手として再浮上したいですけど、僕が頑張っている間に第二の尾崎圭司が出てこないかなとも思います」

――若い世代の選手にはそういった想いもあるんですね。

「今の若い選手はパンチ主体のスタイルが多いじゃないですか? そこに一人くらい蹴りの選手がいたら、いいスパイスになるでしょう」

――尾崎選手もテコンドーのバックボーンを活かして、自分の個性を活かした試合をしようと意識していたのですか?

「はい。僕はずっと自分らしい試合をするように心掛けていました。だからさっきの話ともつながるのですが、今回は改めてそこを意識したいです。勝ちたい・結果は出したいという気持ちは変わりません。でもそこで硬くならずに自分らしさを見せたいです」

――対戦相手の一輝選手にはどんな印象を持っていますか?

「一発がある選手なので一発VS回転技という試合になると思います。そこを楽しみにしてもらいたいです」

――尾崎選手の話を聞いていると、今回は対戦相手がどうではなく、いかに自分がベストパフォーマンスを発揮できるかがテーマのようですね。

「僕はそう思っています。『これがKrushの尾崎圭司だ!』という試合を見せます」

――尾崎選手にとって再出発の一戦です。これからどんな目標を持って戦っていきたいと思いますか?

「もう一度結果を残して、Krushにこういう選手がいるんだということを印象付けたいですね。他の選手にはない魅力を見せてKrushを盛り上げていきたいです。尾崎圭司の存在感を見せるつもりです!」

≫ Krush.42 大会概要
≫ 尾崎 圭司 選手データ
≫ 一輝 選手データ

  • 尾崎圭司 vs 泰斗
  • 尾崎圭司 vs 泰斗
  • 尾崎圭司 vs HIROYA
  • 尾崎圭司 vs 服部浩典
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます