ホーム > お知らせ > 5・11「Krush.41」闘魔「サクッと勝って、サクッとベルトを巻いちゃおうかなって感じ」VS堀尾竜司「いつも以上に気合いを入れて練習してきた。自信あります」

お知らせ

5・11「Krush.41」闘魔「サクッと勝って、サクッとベルトを巻いちゃおうかなって感じ」VS堀尾竜司「いつも以上に気合いを入れて練習してきた。自信あります」

5・11闘魔VS堀尾

[2014/05/10]

 5月10日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.41」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 この試合が約2年ぶりの試合で、Krush初参戦となる“元キックボクシング五冠王”闘魔。対戦相手は自ら闘魔との対戦に名乗りを挙げたというTRY HARD GYMの堀尾竜司だ。

 久々の試合を明日に控え「ここまで来るのに結構時間がかかって、色んな人に迷惑をかけて、色んな人の協力があって、このリングに上がることが出来ました」と挨拶した闘魔。

「久しぶりだったんでちょっと減量にてこずりました」とは言うものの「さっき(計量をパスして)セーフって感じです。もう水分も摂って元気満タンです」と体調は万全。

「対戦相手には申し訳ないですけど、この2年間くらいの鬱憤をぶつけたいと思います。自分を印象づける試合が出来ると思うので、自分の顔と名前を覚えてもらえるように、インパクトを残す試合をします」と勝利はもちろんインパクトも残すと宣言する。

 明日はメインイベントでKrush-55kg級タイトルマッチが組まれているが、闘魔は「申し訳ないけど他の選手は分からない。瀧谷選手のことは知っているのでそのくらいです。メインの試合は見ようかなと思っています」と特に興味は示さず。「サクッと終わらせて、もう一回チャンピオンになることが目標なんで、サクッと勝って、サクッとベルトを巻いちゃおうかなって感じです」とチャンピオン以外は眼中になしの姿勢を見せた。

 一方、堀尾は「闘魔選手と試合が決まった時から、闘魔選手は実績を残している選手なので、いつも以上に気合いを入れて練習してきました」と気合い十分。

 堀尾にとってはキャリアで勝る闘魔に挑む形だが「(闘魔は)2年ぶりの試合なので、自分が見た映像とは違う動きをすることもあると思うので、特に何をどうするではなく基本をしっかりやってきました。何が来ても大丈夫です。自信があります」と勝利への自信はゆるぎない。

 他の選手についてほとんど語らなかった闘魔とは対照的に、堀尾は「本戦に出る選手はみんなベルトを狙っていると思うし、どの選手もベルトに絡んでいい実力を持っていると思います。ここでいい結果を残した選手がベルトに絡むことになると思うので、みんな気合いが入っていると思います」と挑戦者争いは混戦になると予想。その上で「僕が一番気合いが入っています」と静かに闘志を燃やした。

 闘魔が宣言通りのインパクトある勝利を収めるか? それとも堀尾が闘魔撃破で一気にトップ戦線に加わるか?

  • 5・11闘魔VS堀尾
  • 5・11闘魔VS堀尾02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます