ホーム > お知らせ > 5・11「Krush.41」鈴木優也「自分はもう格闘家として形を残さなきゃいけない時期だと思っている。大雅選手を倒してベルトまで突っ走ります!」

お知らせ

5・11「Krush.41」鈴木優也「自分はもう格闘家として形を残さなきゃいけない時期だと思っている。大雅選手を倒してベルトまで突っ走ります!」

鈴木優也

[2014/05/04]

 5月11日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.41」の[Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R]で大雅と対戦する鈴木優也のインタビューを公開! >>詳細

――2・14「Krush.38」の寺戸伸近戦は判定負けという結果でした。あの試合を振り返ってみて、どんな感想を持っていますか?

「勝てる試合だったのですが、自分の気の緩みで一発をもらって…それで逆転されてしまったと思います」

――結果的には2度のダウンを奪われましたが、2R終盤までは鈴木選手のペースで試合が進んでいたと思います。

「徐々に自分のペースにしながら、後半仕留めようと思っていました。実際にいい流れで試合を進められていたのですが、そこで『行ける!』と思ったのが反省点ですね」

――鈴木選手自身、あの試合で掴んだ手応えはありますか?

「少しずつではあるんですが、試合で自分の力を出し切れるようになったと思います」

――過去の試合ではなかなかそれが出来なかった?

「はい。今まではどこか自分で自分をセーブしてしまっていたような気がします。でも最近は試合中に技が思い浮かんで、それにトライすることも出来るようになって、寺戸選手には負けてしまいましたが、確実に強くなっている実感はあります」

――鈴木選手の中でどんな変化があったのでしょうか?

「やはり経験を積んだことが大きいですね。昨年WILDRUSHリーグに出場して1年間を通じてコンスタントに試合したことは、ものすごくプラスになりました」

――さて今大会では大雅選手との試合が決まりました。大雅選手を対戦相手として意識したことはあったのですか?

「昨年のYOUTH GPで将大選手や伊澤(波人)選手に勝って優勝しているので、いずれは戦うだろうなと思って見ていました」

――いざ試合が決まって、対戦相手としてどんな印象を持っていますか?

「器用で何でも出来るタイプだと思います」

――大雅選手は年齢が若いこともありますが、試合を見ていて勢いを感じます。

「イケイケな感じで、思い切りがいいですよね。でも僕もしっかりと対策を練っているので不安はないです」

――寺戸戦では前日会見で必殺技の投入を予告していました。今回も秘策は用意していますか?

「そうですね。僕はいつも対戦相手に合わせて色々な技を用意しているので、今回も同じです。試合展開によってはそれが出せないこともあるのですが、そういった練習をすることで戦いの幅や技の引き出しが増えるし、試合がすごく楽しみです」

――大雅選手はYOUTH GP王者&プロ無敗でタイトル挑戦も視野に入れていると思います。鈴木選手としてはそういった相手をしっかり倒して、自分が挑戦者に名乗りを挙げたいですか?

「僕の中ではこの大会から次の挑戦者を決める戦いが始まると思っていて、このチャンスは絶対に逃したくないですね。同じ日に組まれている55kgの試合の中で自分が誰よりもインパクトを残して勝ちたいと思っています」

――大雅戦をタイトル挑戦につながる試合にする、と。

「僕はそのつもりです。僕は今年でデビューから4年、年齢も26歳になるのですが、まだ格闘技で何も結果を残していません。もう格闘家として形を残さなきゃいけない時期だと思っているし、今回もそのための試合だと思って受けました。大雅選手を倒してベルトまで突っ走ります!」

≫ Krush.41 大会概要
≫ 大雅 選手データ
≫ 鈴木 優也 選手データ

  • 寺戸伸近 vs 鈴木優也
  • 寺戸伸近 vs 鈴木優也
  • 結城将人 vs 鈴木優也
  • 結城将人 vs 鈴木優也
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます