ホーム > お知らせ > 4・15「Krush.40」松倉信太郎が憧れのピーター・アーツの目の前で「倒して勝つ!」、ウーラルも「間違いなくKO決着で終わる」

お知らせ

4・15「Krush.40」松倉信太郎が憧れのピーター・アーツの目の前で「倒して勝つ!」、ウーラルも「間違いなくKO決着で終わる」

4・15松倉VSウーラル01

[2014/04/14]

 4月14日(月)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.40」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 この試合がTRY HARD GYMへの移籍後、初の試合となる松倉信太郎。対戦相手は昨年8月のKrush広島大会で山本優弥と接戦を繰り広げた“ピーター・アーツの愛弟子”オンダー・ウーラルだ。

 今回が2度目のKrush参戦となるウーラルは「70kgは減量も問題なく進んで、これから好きに飲んだり食べたり出来るので、すごくいい気分よ」と挨拶。「Krushに出場するのが2回目でも、どこで試合をしても自分はいつも自信を持っている。Krushは他の団体と比べても、とてもいい団体だ。そこで戦えることは本当にうれしい。今回もいつも通り自信があるよ」と自信たっぷりに語ると「前回は初めてKrushで試合をして、日本人選手はすごくタフだと感じた。今回は必ずKOするつもりでやってきたので、楽しみにしてくれ。どうやってKOするかは秘密だ。マツクラは強い選手だし、自分は相手が強ければ強いほど実力を発揮できる。間違いなくKO決着で終わるので、明日の試合は楽しみにして欲しい」とKO宣言まで飛び出した。

 一方、松倉は「計量が終わってうれしいのはうれしいです。でもウーラル選手の計量を見てHIROYAもゴツいと言っていたんですけど、本当にゴツかったです」と初めて目の当たりにしたウーラルの体つきに苦笑い。

 移籍発表会見では新しい練習環境への不安も口にしていたが「スタイルが変わって環境も変わって不安もなくはないというか…。でもそういうのはもう大丈夫かなって。タイのノリで大丈夫じゃないかなって思っています」と同門になったHIROYAの口癖でもあるマイペンライ(タイ語で大丈夫)の精神。「相手も強いんでどんどん自分の力を出せると思うし、緊張もないっす。初めて戦う外国人選手なんで楽しみです」と自身初となる国際戦を楽しむつもりだ。

 また松倉にとってはウーラルのセコンドとして来日しているアーツの存在も刺激になっている。「(ピーター・)アーツ選手が来ているのがうれしい」という松倉はウーラル陣営にアーツがいることにも「俺はずっとK-1のファンだったので、アーツ選手が9分間俺を見てくれると考えると、ファンだったらやばいじゃないですか。格闘技ファンとして9分間俺のことを見てくれるのはうれしいっす!」と笑顔。「ウーラル選手は俺のことを倒すと言ってますけど、俺は8分59秒まで戦って最後に倒します。それでアーツ選手と記念撮影したいです」とアーツの目の前でしっかり自分をアピールする勝利を収めたいと語った。

 締めのコメントでは「ウーラル選手はパンチもローも強いし、どれもKOする力がある選手。緊張感ある試合になると思います。明日はタイトルマッチとスーパーファイトがあるし、4試合の中でも一番面白い試合をできたらいいなと。普通のコメントになっちゃいましたが(笑)…俺も試合が楽しみなんで、みなさんも楽しみにしてください」と語った松倉。70kg級タイトルマッチが行われる明日の大会、松倉はジム移籍初戦&初の国際戦でインパクトを残すことが出来るか?

  • 4・15松倉VSウーラル01
  • 4・15松倉VSウーラル02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます