ホーム > お知らせ > 3・8「Krush.39」-58kg級タイトルマッチは大喧嘩の予感!王者・武尊「ボッコボコにしてやる」VS挑戦者・神戸翔太「ムチャムチャな試合をする」

お知らせ

3・8「Krush.39」-58kg級タイトルマッチは大喧嘩の予感!王者・武尊「ボッコボコにしてやる」VS挑戦者・神戸翔太「ムチャムチャな試合をする」

3・8武尊VS神戸01

[2014/03/07]

 3月7日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.39」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 指定全席完売となった明日の大会で大トリに組まれたのはKrush-58kg級タイトルマッチ、王者・武尊VS挑戦者・神戸翔太の一戦だ。調印式を済ませて記者会見に応じた武尊と神戸だが、これまで会見やインタビューで舌戦を展開しており、会見場は緊張感に包まれた。

 さらに先にマイクを持った神戸が「今まで自分は毎試合『試合は喧嘩じゃない』と言い聞かせてリングに上がっていたけど、明日は喧嘩だと思っている。デビューして1・2戦はムチャムチャな試合をしていたけど、キャリアを積んで、それだけじゃ勝てないと思って積み重ねてきた。でも今回はいよいよその時が来たかなと思います。明日はムチャムチャな試合をしたいと思う」と喧嘩ファイトを予告。

 この発言に武尊も表情が変わり「前回の試合が終わってからこのベルトを守るために最高の練習をしてきたんで、明日は最高の試合をします。(神戸が)喧嘩のつもりで戦うと言っていますけど、自分は毎回そのつもりでやっています。相手も喧嘩だと言っているんでボッコボコにしてやろうと思います」と喧嘩ファイトで迎え撃つと通告、会見場の緊張感が一段と高まった。

 質疑応答で両者に質問が挙がったが、どちらも多くを語らず。武尊有利の下馬評について神戸は「試合が決まってからの準備の方が大事で周りの言葉は全く気にならない。明日は思いっきり出すだけ」。今回が初防衛戦の武尊も「(防衛戦は)緊張感もあるし特別な試合だと思います。でも毎回試合はタイトルマッチくらいの気持ちでやっているので、特に変わることはない」とキッパリ。

 試合にどう感情をぶつけたいか?という質問には「試合は言葉で話す必要がない。明日は体が思うままに動くと思う」(神戸)、「特に言うことはない。明日のリングですべてが分かりと思うので、それではっきりする」(武尊)と両者とも試合ですべてが分かると言い切った。

 最後にファンへのメッセージを求められると、神戸は「3試合連続のメインなんですが、まだ期待に応えていないと思います。でも明日のための2試合だったと思うので、明日は最高の形で終わって、最後までリングに残っていようと思います」とメインでの大爆発を誓い、武尊は「僕は超満員やメインイベントというのが大好き。そういう時こそ最大にパワーを発揮できます。このベルトは人生をかけて獲ったベルトなんで人生かけて守ります」と王座防衛への決意を語った。

 感情が爆発寸前と言わんばかりだった両者。運命のタイトルマッチはどんな結末を迎えるか?

  • 3・8武尊VS神戸01
  • 3・8武尊VS神戸02
  • 3・8武尊VS神戸03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます