ホーム > お知らせ > 3・8「Krush.39」王者・武尊「Krushの神様は神戸を選ばない。Krushのチャンピオンがどういうものかを分からせるために神戸をぶっ壊す」

お知らせ

3・8「Krush.39」王者・武尊「Krushの神様は神戸を選ばない。Krushのチャンピオンがどういうものかを分からせるために神戸をぶっ壊す」

Krush

[2014/03/06]

 3月8日(土)東京・後楽園ホール「Krush.39」の[Krush -58kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・神戸翔太と対戦する王者・武尊のインタビューを公開! >>詳細

――昨年は武尊選手にとって大きな1年になりましたね。

「人生で初めてチャンピオンベルトを巻いた年で、自分にとっては大きな1年でした。1月から初代王座決定トーナメントが始まって、対戦相手も準決勝で鈴木雄三選手、決勝で寺戸伸近選手と格上の選手と戦うことが出来て、すごく楽しかったですね」

――トーナメントでは厳しい試合が続きましたが、武尊選手としては楽しかった、と。

「はい。僕はそういうシチュエーションの方が燃えるんですよ。モチベーションというか気持ちも上がって、周りから厳しいと見られる試合・相手の方が自分の力を発揮することが出来ますね」

――12・14後楽園の後藤勝也戦でもきっちりKO勝利して、1年を締めくくりました。

「最後もいい形で締めることが出来ましたね。やっぱりチャンピオンは誰が相手でも負けてはいけない存在=最強じゃないといけないので、全勝で終わることが出来てホッとしました」

――チャンピオンになってどんな変化がありましたか?

「Krushでチャンピオンになることは夢だったし、絶対にならなきゃいけないと思っていたんで、チャンピオンになった時はすごくうれしかったです。でも時間が経つに連れて、ここで満足しちゃいけないという気持ちも生まれてきました。Krushのチャンピオンは日本最強であり、これからは世界最強を目指さなきゃいけないんだ、と。また僕は小さい頃から有名になりたかったので、もっともっとメディアに出て『日本最強の男はこの男だ!』って世の中に自分のことを知らしめたいですね

――極端に言えば電車に乗ることが出来ないくらい有名になりたいですか?

「そういう感じですね。道を歩いていたら周りが『あれ武尊じゃない?』とザワザワして、人だかりができるくらいになりたいです」

――武尊選手は試合が終わっても髪の色が派手なままですが、それも目立つためですか?

「そうです。試合がない時でも常に目立っていたいです(笑)」

――年末の記者会見では「クレイジーになって行こうと思う」と発言していましたが。

「もともと僕自身そういうタイプの人間で、デビュー当時はヤンチャな選手だったと思うんですよ。試合中に舌を出したり、対戦相手を挑発したりして。あんまりやりすぎて周りに怒られたので…最近はそういうヤンチャさを自分で出さないようにしていました(苦笑)。でも出さないようにしすぎてもやっていて楽しくないし、僕もキャリアを積んで自分をコントロールできるようになったので、少しはヤンチャさを出してもいいのかなと思っています」

――より本能的な武尊を見せたいですか?

「そうですね。僕自身、ヤンチャな部分を忘れちゃいけないと思うし、自分を抑えずに戦った方がいい試合が出来ると思うんですよね。だから今年は原点回帰ではないですけど、素の自分を出しつつ暴れ回ろうかなと思います」

――そして対戦相手の神戸選手ですが、試合前から色々と挑発的な発言もあったり、武尊選手はイライラされていましたね。

「う~ん…もう別にアイツに対して言うことないんですよ(苦笑)。強いて言うなら絶対に友達にはならないタイプの人間です。僕のベルトを獲りに来るやつはぶっ潰す。それだけです」

――相手が誰であれ「ベルトが欲しい」と言われるだけでも不愉快になりま…

「(途中で質問を遮るように)そこまでの覚悟がお前にあるのか?って思います。会見の時に『せこい手を使ってでもベルトを奪い取る』と言っていましたけど、何言ってんの?ここKrushだよって。そのくらいのつもりでベルトを獲りに来るのは分かるけど、せこい手を使って勝った人間がKrushのチャンピオンとして認められる訳がない。アイツが言うように勝利の神様がいるんだったら、Krushの神様はせこい手を使ってチャンピオンになろうとしているやつには絶対に微笑まない。Krushのベルトがお前を選ばないよって」

――はっきり言って神戸選手はKrush向きではないですか?

「ファイトスタイルは人それぞれだから何も言うつもりはないけど、もっと必死にやった方がいいんじゃないの?と思います」

――また神戸選手からはチームドラゴンに対して「チームドラゴンは大きいチームで、俺は仲間で群れているのが大嫌い」という言葉もありました。

「俺は一匹狼だってアピールして、チームドラゴンは仲良しグループだって言いたいのかもしれないけど、チームドラゴンほど壮絶で潰し合う練習をするチームはないですよ、少なくとも僕が知っている範囲では。初めてプロ練に参加した時の殺気は今でも覚えています。練習なのに道場が試合前みたいにピリピリしていて、いざスパーリングが始まると本気で潰し合うんですよ。スパーリングで怪我したら怪我した人間が悪いっていう雰囲気なんです。あれはチームドラゴンのプロ練習に参加した人間にしか分からないと思います…というか人のことを言う前に、お前がちゃんと自分の練習をしとけよと思います」

――武尊選手はチャンピオンになってからも必死さや貪欲さを感じる部分があります。

「必死ですよ、僕は。今の環境に満足していないし、僕はもっと上を見ているから、練習も生活も毎日が必死です」

――4月以降、タイトルマッチの規約改定でチャンピオンは毎試合防衛戦をすることになります。現役王者の武尊選手はどう感じていますか?

「最初は『えっ!?』と思いましたけど、毎回タイトルマッチの緊張感を味わえるのはいいと思いますね。僕はチャンピオンになって2試合スーパーファイトをやりましたが、どちらもタイトルマッチのつもりで戦ったし、チャンピオンは負けたら終わりじゃないですか。だからタイトルマッチの規約が変わったからと言って僕の気持ちは変わらないです」

――選手にとっては厳しいかもしれませんが、防衛を重ねればチャンピオンマネーを手に入れることも出来るし、武尊選手のようなタイプにはぴったりのルールだと思います。

「自分でもそう思います。防衛期限ぎりぎりの6カ月まで待って防衛戦をする選手がいるかもしれませんが、僕は2カ月ペースくらいでやっていきたいです。それで年間最多防衛記録を作って、今の防衛記録を抜きたいです」(※現在の防衛記録は卜部弘嵩の3回)

――また11月3日に代々木第二体育館大会も決定しました。

「絶対に出たいです。速攻でフェイスブックにも書いたんですけど、メインに僕の試合を組んで欲しいです。僕はKrushで一番目立つ選手になりたいんで。毎大会そうなんですけど、もしメインに組まれなくても一番目立ちたいし、大会が終わった時にみんなから『武尊が一番すごかった』と言われるのが理想です。代々木大会は大きな大会でたくさんの人に見られると思うし、そこで一番目立ちたい。そのためには相手が必要なんで国籍も階級も問わないんで、誰でもいいからメインで戦うのに相応しい目立つ相手とやりたいです。必ずぶっ壊す自信があるんで、よろしくお願いします」

――今大会は王者として大トリを務めることになります。ずばりどんな試合を見せたいですか?

「Krushのベルトに『お前がチャンピオンに相応しい』と思われるような試合をしたいです。そして対戦相手にKrushのチャンピオンがどういうものかを分からせるためにぶっ壊します」

≫ Krush.39 大会概要
≫ 武尊選手データ
≫ 神戸 翔太 選手データ

  • 武尊 vs 後藤勝也
  • 武尊 vs イ・ソルビン
  • 寺戸伸近 vs 武尊
  • 寺戸伸近 vs 武尊
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます