ホーム > お知らせ > 3・8「Krush.39」木村ミノル「原動力は悔しさ。どん底から這い上がっていく人間の怖さを試合で見せていく」

お知らせ

3・8「Krush.39」木村ミノル「原動力は悔しさ。どん底から這い上がっていく人間の怖さを試合で見せていく」

Krush

[2014/03/05]

 3月8日(土)東京・後楽園ホール「Krush.39」の[Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R]で佐々木大蔵と対戦する木村ミノルのインタビューを公開! >>詳細

――12・14後楽園の山崎秀晃戦以来、約3カ月ぶりの再起戦が迫ってきました。コンディションはいかがですか?

「コンディションはばっちりで出来ることはすべてやってきました。過去最高に調子はいいです」

――この3カ月間はどんな日々を過ごしていましたか?

「今までの人生の中で一番濃い3カ月だったと思います。悔しい想いもしましたが、周りのおかげですぐに立ち直ることが出来たし、練習練習の日々で練習で忙しかった感じです。この3カ月間、強くなるための準備を続けてきました」

――木村選手にとって12月の試合は思い出したくない試合だったと思います。時間が経った今、改めてどんな試合だったと感じていますか?

「リングに上がってみて気持ちの面で小さなミスを犯してしまって、それが試合に出るのは分かっていたんですが、あそこまで大きな差になって出るとは思わなかったです。改めて完璧に選手にならなければいけないと思わされた試合でした」

――試合映像はすぐに見ることが出来ました?

「むちゃくちゃ見るのが嫌でしたね。何度も何度も見るのをためらいました(苦笑)。でもあの試合を見る度に燃えてくるというか…山崎選手を見ると『もう一度挑戦してやるんだ』って熱い気持ちがこみ上げてきます。今はモチベーションを上げるためにあの試合を見ていますね」

――本当にショックの大きかった試合だったと思うのですが、そこから立ち直ることが出来たのは何があったからだと思いますか?

「やっぱり単純な悔しさとか、そういうのが大きいんですけど…。山崎戦の後に色んな試合を見て、輝いている選手を見たんですけど、僕は他の選手が輝いているのを見るのが嫌だし、本当は人の試合で会場に行くのも嫌いです。でもあえてそれを見ることで、自分が(Krushを)盛り上げてトップにいて、スターにならなきゃいけないという気持ちが大きくなりました。気持ちが切り替わったというか…気持ちを上げていかないと精神的に壊れそうだったんで(苦笑)。原動力は悔しさですよ」

――結果こそ残念なものでしたが、木村選手の年齢とキャリアであれだけ注目が集まる試合は経験できるものではないと思います。

「僕は自分が世界チャンピオンになるために生まれてきたと信じて疑わなかったんですけど、一度、頂点に登りかけてどん底まで突き落とされました。そこから這い上がって頂点に登っていく人間の気持ちを学んだので、そのハングリー精神や怖さを試合で見せていこうと思います」

――木村選手のキャリアを振り返ると、負けた試合のあとに大きく成長しているように思います。

「そうですね。2012年にKrush YOUTH GPでKO負けして、その後からチャンピオンクラスの選手たちに勝てるようになりました。僕は自分は負けちゃいけない選手だと思っているんで、負ければ本当に悔しいし、負けて得ることは多いです。だからまたここから連勝を重ねて、次こそ僕がチャンピオンになる時だと思っています」

――1年を通して考えれば2013年は木村選手にとって大きな飛躍の年でしたよね。

「はい。技術的には自分の想像を遥かに上回るくらい伸びましたね。上京する前に大幅に強くなることは予想していたんですけど、それを超える成長ができました。対戦相手のレベルも上がって、梶原(龍児)さんや狂拳(竹内裕二)選手にああいう勝ち方が出来て、強くなっていることを実感しています」

――戦ってきた相手もNOMAN、梶原、狂拳、山崎とKrushのトップファイターばかりで一人65kgトーナメント状態ですよね。

「確かにそうですね。それだけすごい1年だったと思うし、やっていて楽しかったです。でも山崎選手に負けてからの3カ月の方がもっと濃密です。自分の悪かった部分をもう一度みっちりやり直して、山崎選手対策でやってきたことがようやく出せるようになった部分もあるんで、確実に進化を続けています」

――今回の再起戦ですが、色々と対戦相手をイメージしていたと思います。そこで1年前に戦った佐々木選手とのリマッチが組まれたわけですが、佐々木選手と戦うことは予想していましたか?

「全く考えてなかったですね。まあでも再戦ということで…前回の試合でダウンを取られちゃっているし、そのちょっとした忘れ物を取りに行く感じです。あのダウンさえなければ完璧な試合だったんで、次は完璧な試合になると思います。僕はこの1年で別人になるくらい進化したけど、彼の試合を見てもほとんど変わっていない。そういう差が出るんじゃないですかね。圧勝しますよ」

――あのタイトルマッチを経験してベルトへの想いは強くなりましたか?

「すごく強くなりましたね。試合が終わった後にチャンピオンとチャンピオンじゃない人間がこれだけ違うのかってことを身を持って経験したので、今年は必ずベルトを獲りに行きます」

――今現在、チャンピオンの山崎選手にはどんな感情を抱いていますか?

「チャンピオンとして強かった選手ですし、それが結果に表れたんで…今はただ山崎選手の後を追うだけで、僕はリベンジに燃えています」

――山崎秀晃というチャンピオンは自分が倒さなきゃいけない相手だと思っていますか?

「はい。だからこの前の試合に勝ってくれてホッとしたし、山崎選手には僕が挑戦するまで勝ち続けて欲しい。ずっとKO連発して最強でいて欲しいです。その山崎選手を倒してチャンピオンになるのが僕です」

――今年は11月3日に代々木第二体育館大会も決定しました。前回、木村選手はオープニングファイトでの参戦でしたが、連続参戦を狙っていますか?

「ぜひ山崎選手がチャンピオンでいるなら、代々木大会のメインイベントで戦いたいですね。あの場所で爆発的な試合をして最高の盛り上がりを見せたいです」

――まだ8カ月先の話ですがメインは山崎VS木村のタイトルマッチで決まりだ、と。

「(キッパリと)Krushであれだけ盛り上がった試合は他にないと思うんで、それ以外ないでしょう」

――木村選手の再起戦を楽しみにしている人たちにどんな試合を見せたいですか?

「Krushは自分がいなかったら物足りないと思うんで、長い間、待たせてしまいました。さらに強くなった木村ミノルをお見せできると思うので、楽しみにして期待しておいてください」

≫ Krush.39 大会概要
≫ 木村 ミノル選手データ
≫ 佐々木 大蔵 選手データ

  • 山崎秀晃 vs 木村ミノル
  • “狂拳”竹内 裕二 vs 木村ミノル
  • 梶原龍児 vs 木村ミノル
  • 木村ミノル vs 佐々木大蔵
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます