ホーム > お知らせ > 5・11「Krush.41」野杁正明がKrush-67kgのベルトを返上、65kg戦線に殴り込み!「今の65kgはパッとしないんで僕が盛り上げる」

お知らせ

5・11「Krush.41」野杁正明がKrush-67kgのベルトを返上、65kg戦線に殴り込み!「今の65kgはパッとしないんで僕が盛り上げる」

野杁タイトル返上01

[2014/02/26]

 2月26日(水)Krush事務局にて記者会見が行われ、第2代Krush-67kg級王者・野杁正明のタイトル返上と5・11「Krush.41」への参戦が発表された。 >>詳細

 昨年9月に初代Krush-67kg級王者・久保優太に判定勝利し、第2代王者となった野杁正明が2月26日付けで同王座を返上する運びとなった。

 会見に同席したKrush宮田充プロデューサーはKrushタイトルマッチの規約改定で防衛期限が6カ月になったこと、また野杁のベストウエイトが65kgということを考慮し、Krushと野杁が所属するOISHI GYMが協議した結果、タイトル返上に至ったと説明。

「昨年Krushに67kgが出来たばかりで、野杁選手が久保選手にリベンジしたいということで久保選手の持つタイトルに挑戦しました。野杁選手は65kgがベストウエイトで、67kgが試合をする上でハンデになることがよくないということでタイトル返上になりました。今回の返上は野杁選手がベストの体重で試合をするためという前向きなものとしてとらえていただきたいです」と補足した(空位になったKrush-67kg級の王座については近日中に発表)。

 また宮田プロデューサーは「これから野杁選手はKrush-65kgのベルトを目指すことになります」と野杁が-65kg級の王座を目指すとした上で、5・11後楽園「Krush.41」に65kgのスーパーファイトで参戦することを発表。宮田プロデューサーの説明を受けて、野杁がタイトル返上と新階級での戦いについて挨拶した。

「主戦場のKrushでベルトを獲ることが出来てうれしかったのですが、自分にとっては65kgがベストウエイトなので、代表や宮田プロデューサーと相談して返上を決めました。3月の大会で初代65kgのチャンピオンが決まりますが、そこに食い込んでいきたいと思います。同じ名古屋の泰斗君がチャンピオンになったら気まずい雰囲気になりますが(笑)、これからは65kgで日本一・世界一を目指したいと思います。Krushの65kgを獲った上で、世界のベルトも獲りに行きたいです」

 質疑応答で「67kgでもやれないことはないけど(Krushの)65kgにベルトがないわけじゃない。65kgのベルトは僕が巻くつもりでいるので、そんなに返上に関して悩むことはなかったですね」とタイトル返上を新たなスタートだと位置づけた野杁。3・8後楽園で決勝を迎える初代-65kg級王座決定トーナメントを「65kgなのにKOも少ないし、他の階級のトーナメントと比べるとパッとしない」と切り捨てると「僕がそこに入って65kgを印象付けるじゃないですけど盛り上げたいです」と自分がKrush-65kgの主役になると宣言した。

 さらに野杁は出場が決まった5・11後楽園での対戦相手についても言及。「僕はずっと国際戦をやりたいと言ってきたので、出来るなら外国人選手とやりたい」と国際戦を第一希望としつつ「初代王座決定トーナメントに勝ち残った4選手のうち3選手がパンチャーなのでパンチャーと戦いたいですね」と日本人選手であればタイトル戦を見据えた相手と戦いたい意思を明かす。

 宮田プロデューサーは「65kgでは昨年GLORYの日本人トーナメントをぶっちぎりで制して、世界トーナメントでもファイナリストになった。そしてKrushの67kgも獲っている。最初のチャレンジャーは野杁選手が相応しいと思う」と野杁の早いタイミングでの王座挑戦を明言。野杁自身も「5月のスーパーファイトで勝つ。8月の名古屋大会でタイトルに挑戦してチャンピオンになる。そして11月の代々木大会にチャンピオンとして出場します」と早くも地元での王座奪取&王者としての代々木大会参戦という青写真を描いた。

 また2・16NJKF後楽園で大和哲也の持つWBCムエタイ・インターナショナルのベルトに挑戦するなどムエタイルールの試合も戦っている野杁。今後のムエタイルール挑戦について野杁は「主戦場はKrushでやっていく」とした上で「チャンスがあれば会長と相談して決めていきたいです」というスタンスを見せた。

 宮田プロデューサーも「ムエタイや他団体出場は意義のあるものにしたいと思っています。今回NJKFさんと話をさせていただき(野杁は)大和選手や高橋誠治選手と試合をしました。きちっとした形で、一度だけでなく、選手が目指す方向とタイミングが合って、いい話をもらったから実現したことです。今後もいいオファーであれば相談して送りだしていけたらと思います」とコメント。

「僕は(Krushルールとムエタイルールの)二刀流はすごいと思います。野杁選手の可能性を期待するファン・関係者も多いし、選手・会長の意思もあると思います。ただ(ムエタイルールで試合をした)63.5kgという階級はキツかったと思うので、まず65kgでやっていく、と。今、Krushには海外からの話もあるし、65kgは世界中にいいファイターが多い。これからチャンスが広がっていけばいいのかなと思います」と65kgでの野杁の戦いに期待を寄せた。

 新階級-65kgで野杁はどんな暴れっぷりを見せるのか? 他のファイターたちとの絡みも含めてKrush-65kgで熱い戦いが行われることになりそうだ。

  • 野杁タイトル返上01
  • 野杁タイトル返上02
  • 野杁タイトル返上03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます