ホーム > お知らせ > 2・14「Krush.38」山崎秀晃「ハードルが高ければ高い方が気持ち良い。Krushのメインイベントは俺に任せてください」

お知らせ

2・14「Krush.38」山崎秀晃「ハードルが高ければ高い方が気持ち良い。Krushのメインイベントは俺に任せてください」

山崎秀晃

[2014/02/10]

 2月14日(金)東京・後楽園ホール「Krush.38」のスーパーファイト[-64kg契約/3分3R・延長1R]でキック5冠王モハメド・ギャラウィーと対戦するKrush-63kg級王者・山崎秀晃のインタビューを公開! >>詳細

――山崎選手にとって2013年は飛躍の1年でしたね。

「3月にトーマス(・アダマンドポウロス)に勝ってベルトを獲って、一輝、ルーク・ターナーに勝って、最後は木村ミノル戦で初防衛と最高の1年だったと思います」

――初防衛戦後には公開プロポーズもあり、引っ越しもされたと聞きました。Krushのチャンピオンになって生活も変わりましたか?

「そうですね。応援してくださる方やチケットを買って見に来てくれる方は増えました。自分が試合で見せることによって、そういった人たちが増えてくれるのは本当にありがたいことですし、その期待に応えないといけないと思います。これからもいい試合をして、Krushを今以上に盛り上げていきたいと思っています」

――まさにKrushで人生が変わったわけですね。

「ただ過去の栄光に浸っていてもしょうがないんで、2014年は新しい山崎秀晃、さらに進化した山崎秀晃を見せていきたいと思います」

――祝福モードは年内まで、年明けからは気持ちが切り替わりましたか?

「余韻には浸りましたし、素直にあの試合(木村戦)はうれしかったですけど、さらにパワーアップしてやるぞっていう気持ちになりましたね」

――そして2014年最初の試合ではチュニジア出身のキック5冠王ギャラウィーとの対戦が決まりました。山崎選手はKrushの王者として海外の強豪とも戦っていきたいという気持ちはありましたか?

「はい。日本人選手との防衛戦をクリアして海外の強豪を倒すことで、Krush-63kg級のベルトの価値は上がっていくと思っています」

――実際にKrush-63kg級はアダマンドポウロスがベルトを巻いていたこともあります。

「(梶原)龍児さんがKrushのベルトをインターナショナル化したいと宣言して、トーマスの挑戦を受けて。まだ“世界タイトル”とは言えないかもしれませんが、チャンピオンである自分が世界の強豪と戦うことで、ベルトの価値を上げるつもりです」

――山崎選手は過去に外国人選手と4試合戦っています。外国人選手特有の強さを感じますか?

「やっぱり日本人選手とは違いますよね。攻撃を受けた時に拳やスネの硬さを感じました。逆に僕が攻撃した時の感触というか…日本人にはない頑丈さやどっしり感みたいなものはありましたね。構えがオーソドックスとサウスポーというほどの違いはないですけど、対戦相手が日本人選手と外国人選手では練習の組み立てや心境が違うところはあります」

――対戦相手のギャラウィーにはどんな印象を持っていますか?

「トリッキーな技を使う強い選手だなと思いました」

――ギャラウィーの試合映像を見るとバックブローやバックキックを得意にしていますね。

「まあ僕もバックブローやバックキックは使うので。あとは体重が乗ったパンチを打つなと思いました。ただチャンピオンとしてKOしなきゃいけない相手だと思います」

――今回の試合はメインイベントに組まれました。ギャラウィーはキック5冠王と言っても、初来日で日本のファンには馴染みのない相手です。この試合は「山崎選手がチャンピオンとしてどんな試合をするか?」という見方をされる試合だと思います。

「それは自分でも理解しています。ただ僕は対戦相手が外国人だろうが日本人だろうが関係なく、メインを山崎に任せておけば安心だという試合をしなきゃいけないと思っていますし、僕自身もそうしていくつもりです。俺に任せとけって気持ちですね」

――どんな試合を組まれても自分が主役のメインイベントだ、と。

「そうですね。やっぱりメインが締まらないと『今日は微妙だったな』と思われるだろうし、実際にファンの皆さんのツイッターやフェイスブックでもそういう意見を目にします。だからメインイベンターは豪快に決めて大会を締める必要があると思います」

――心強い言葉です。今年の山崎選手は昨年以上の活躍を期待されるでしょうし、選手としてのハードルも上がっていると思います。2014年はどんな1年にしたいですか?

「僕はハードルが高ければ高い方が気持ち良いですね。基本的にプレッシャーを感じないタイプですし、前回のタイトルマッチもそうでしたけど、プレッシャーをかけてもらった方が力になるんです。周りから絶対に負けんなよと言われると、それがプレッシャーじゃなくてエールになる。『俺は期待されてるんやな』『お前ら見とけよ!』って思うんです。だから強い相手を用意されて、ハードルを上げてもらって構いません。僕はそれでいいと思います」

――これからもどんどん俺に期待してくれ、と。

「はい。2014年の山崎秀晃も楽しみにしてください」

≫ Krush.38 大会概要
≫ 山崎 秀晃 選手データ
≫ モハメド・ギャラウィー 選手データ

  • 山崎秀晃 vs 木村ミノル
  • 山崎秀晃 vs 木村ミノル
  • 山崎秀晃 vs ルーク・ターナー
  • 山崎秀晃 vs ルーク・ターナー
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます