ホーム > お知らせ > 2・14「Krush.38」寺戸伸近「初めてチャンピオンになった時からずっと追われる立場で戦ってきた。そう簡単にはいかないよというのを見せ続けたい」

お知らせ

2・14「Krush.38」寺戸伸近「初めてチャンピオンになった時からずっと追われる立場で戦ってきた。そう簡単にはいかないよというのを見せ続けたい」

寺戸伸近

[2014/02/06]

 2月14日(金)東京・後楽園ホール「Krush.38」のスーパーファイト[56kg契約/3分3R・延長1R]で鈴木優也と対戦するISKA世界バンタム級王者・寺戸伸近のインタビューを公開! >>詳細

――昨年8月の広島大会以来、約半年ぶりの試合になりましたね。

「去年は1月から試合が続いてダメージも溜まっていたので、一度、そのダメージをしっかり抜こうと思っていました。それで広島大会後に少し休暇を作って、身も心もリセットすることが出来ましたね」

――試合から離れている間、客観的にKrushや格闘技を見てどんなことを思っていましたか?

「客観的に試合を見ることも出来たし、すごくリフレッシュしました。キック・格闘技をやるにあたって、自分のことを色々と考えていました」

――昨年は初代-58kg級王座決定トーナメント&ISKA世界バンタム級王者の防衛戦と厳しい試合が続きました。

「自分は毎試合崖っぷちというイメージで、負けるわけにはいかないと思って戦ってきました。結果的には一つ負けてしまいましたが、その敗戦を糧にして次に進んでいけたらいいなと思いましたね」

――しかもいずれも激しい試合ばかりで、特にISKAの防衛戦では2度ダウンを奪われてからの大逆転勝利でした。

「お客さんや周りの人から『すごい試合だった!』と言ってもらうことは多かったですね。でも僕は勝つ前提で戦っているし、出来ることなら一方的にビシッと勝ちたいです(苦笑)」

――もう“やられてからやりかえす”試合は卒業ですか?

「どうなんですかね。自分は先にやられた方がスイッチが入るのかもしれないですけど…いずれにしても今年はやられずにやる、そういう試合をしていきたいです」

――試合を休んでいる時間を使って新たにチャレンジしたことはありますか?

「新しくチャレンジしたことはないんですけど、日頃の練習でもちょっとずつメニューは違いますし、前の練習でダメだと思ったら、そうならないうように意識して動いています」

――まだまだ寺戸選手はファイターとして進化していますか?

「はい。まだ自分が出来ないことはたくさんあるし、それを一つずつ出来るようになっていきたいです」

――そして今大会では昨年のWILDRUSHリーグ出場者・鈴木選手と対戦が決まりました。

「自分の中では3月までには試合をしたいと思っていたので、まずは試合をするという部分で、対戦相手のことは特に意識していませんでした」

――鈴木選手にはどんな印象を持っていますか?

「去年1年間リーグ戦を戦って成長していると思うので、気をつけるところは気をつけて、しっかり勝とうと思います」

――寺戸選手自身「自分はこの相手に負けているレベルじゃない」という気持ちもありますか?

「そうですね。周りの目もそうだろうし、自分の中で勝たなきゃいけない相手だと思っています。自分はリスクがある試合ばかりなので、そのリスクに囚われないようにしっかり戦って勝つだけです

――寺戸選手のキャリアを考えると、自分よりキャリアがある選手や年齢が上の選手と戦うことはほぼないと思います。「寺戸を喰ってやろう」「寺戸に勝って一旗揚げよう」という相手と戦い続けていると思いますが、どんな心境で戦っているのですか?

「初めてチャンピオンになった時(2009年1月)から追われる立場でやってきたし、それが当たり前でやってきた部分はあります。でもそう簡単にはいかないよというのを見せ続けたいです」

――今回は56kg契約の試合です。55kgと58kgのどちらで戦っていくのかも含めて、寺戸選手は今年どんなことをやっていきたいと思っていますか?

「正直そこは難しい部分もあって、適正階級で言えば55kgだと思うんですよ。でも自分は58kgでもやろうと思えば出来るし…」

――最近では瀧谷渉太選手と練習を共にし、試合ではセコンドにもついています。その瀧谷選手は-55kg級王者に返り咲きした。

「今のところKrushで55kgのベルトを目指すというのは考えてないですね。もしKrushでベルトを狙うのは58kgになるのかな、と。ただ身体的に2つの階級でベルトを獲りに行くのは厳しいところもあるので、そこはしっかりと考えたいです。いずれにしても僕はISKA世界バンタム級王者なので、ISKAのチャンピオンとして防衛していくことが最優先だと思います」

――なるほど。やはり今年も海外の強豪と戦っていきたいですか?

「そうですね。やっぱり海外の選手は日本人とは違う強さがあるんで、自分は海外でも通用するんだというところを見せたいです」

――寺戸選手はKrushのベルトではないですが、ISKAの世界王者としてどんな戦いを見せたいと思っていますか?

「自分は不器用な選手なので、必死に戦う姿を見せることしかできないかもしれません。その中でも気持ちある試合をしっかり見せて、少しでもKrushが盛り上がって、自分も輝いていけたらいいかなと思います」

≫ Krush.38 大会概要
≫ 寺戸 伸近 選手データ
≫ 鈴木 優也 選手データ

  • 寺戸伸近 vs アレクサンダー・プリリップ
  • 寺戸伸近 vs アレクサンダー・プリリップ
  • 寺戸伸近 vs 武尊
  • 寺戸伸近 vs 神戸翔太
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます