ホーム > お知らせ > 12・14「Krush.35」梶原龍児「最後まで立っていたいし、自分自身を褒めたい」vs卜部弘嵩「龍児さんが悔いがなく引退できるようにしっかり倒す」

お知らせ

12・14「Krush.35」梶原龍児「最後まで立っていたいし、自分自身を褒めたい」vs卜部弘嵩「龍児さんが悔いがなく引退できるようにしっかり倒す」

梶原龍児VS卜部弘嵩01

[2013/12/13]

 12月13日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.35」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 いよいよ明日、梶原龍児が現役最後のリングに立つ。対戦相手はチームドラゴンの後輩でもある卜部弘嵩。試合は64kg契約で組まれ、両者ともにリミットちょうどで計量をパスした。

 会見で「最近、自分は65kgでやっているけど、弘嵩選手が手を挙げてくれたことでいつもより1kg落として減量しました。トータル11kgくらい減量して、すごいキツかったけど乗り切れました。それは多分、気持ちだと思います」と計量を終えた心境語った梶原。計量・記者会見もこれが最後で「引退試合は一生に一回のこと。自分も不思議な感覚で過ごしていますね」という。

 これまで共に汗を流してきた弘嵩が対戦相手として隣に座っているが「いつも通りです。この試合が決まって追い込みもすべてすぐそばにいて、それぞれ追い込んでいたので。今日の記者会見も自然な流れですね」と特別な感情が芽生えることはない。

 これから過ごす試合までの時間に「この後も特別なことはせず、今まで通り過ごします。でも追い込み・減量中に朝起きて体が動かないことがあっても、毎日がキラキラしていました。自分は明日引退するけど卒業かなと思っているんで、新な歌舞伎龍・梶原龍児に向かっている俺に対してキラキラしています。だからこの後いつも通りに過ごすんでしょうけど、それもキラキラしているんだろうなと思います」と想いを馳せた。

 そして会見の最後、梶原は「自分のことはまず置いておいて、明日はある意味、歌舞伎龍という時代が終わる。メインを見てもらえば分かるけど秀とミノルが戦って、来年はWILDRUSHリーグもあるし、Krushは戦国時代に突入かなっていう。そういう感じで来年以降もKrushを楽しみにしてください」とファンにメッセージを送り「明日はいい試合します。できれば最後のリングなんで3分3R、最後まで立っていたいし、それで自分自信を褒めたい。本気で戦います」とラストファイトへの決意で締めた。

 一方、弘嵩は会見で多くを語らず。「明日に向けてここまでしっかり仕上げてきました。明日はいい試合が出来ると思います」「いよいよ明日戦うんだなって感じです。(どう戦う?)ここでは言えないですけど、いつもとは違った自分を見せられたらいいなと思います」とどの質問にも短い言葉で返答する。

 しかし同席したKrush宮田充プロデューサーに会見の最後を締める言葉を求められると、弘嵩は「僕がやることはただひとつ。龍児さんが悔いがなく引退できるようにしっかり倒す。楽しみにしてください」と梶原をKOで介錯すると言い切った。

 全く予想がつかない歌舞伎龍ファイナルマッチ、最後はどんな結末が待っているのか?

  • 梶原龍児VS卜部弘嵩01
  • 梶原龍児VS卜部弘嵩02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます