ホーム > お知らせ > 11・24「Krush-IGNITION」栗原圭佑と西川康平が共に打ち合い&KO決着を予告! 小鉄は秋元和也に「一方的に倒すから噛み合わない」と非情通告

お知らせ

11・24「Krush-IGNITION」栗原圭佑と西川康平が共に打ち合い&KO決着を予告! 小鉄は秋元和也に「一方的に倒すから噛み合わない」と非情通告

栗原圭佑VS西川康平

[2013/11/23]

 11月23日(土・祝)K-1 GYM TOKYOにて、明日、新宿FACEで開催される「Krush-IGNITION 2013 vol.8」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 2013年の新宿FACEシリーズ最終戦となる「Krush-IGNITION 2013 vol.8」。計量では全選手が最初の計量リミットをクリアした。(計量結果は下記)

 明日のメインイベントは[初代Krush -65kg級王座決定トーナメント・出場者決定戦]の栗原圭佑VS西川康平。9・1名古屋で行われたTOKYO×NAGOYAの対抗戦に抜擢された栗原だが、計量オーバーによる減点&グローブハンデの試合で泰斗にKO負け。今回はそれ以来の試合となる。一方の西川は約1年ぶりの試合で、Krushには2012年5月以来の参戦。両者とも63kgから65kgに階級を上げての試合だ。

 会見で階級変更について聞かれた2人は「65kgは63kgより減量がすごく楽。減量に入る期間が短いので、その前まで食べて練習できたので調子は良かったです」(西川)、「前回(計量を)失敗しているので、パスできてホッとしています。65kgは減量が楽だったので調子良く、いい練習が出来ました」(栗原)と仕上がりの良さをアピール。

 さらにお互いの印象については西川が「一度、試合映像を見させてもらったんですが、パンチでアグレッシブに来る選手。ここ数試合の中では楽しみな相手というか、絶対に噛み合うだろうなと思っています」、栗原も「僕も映像を見て、アグレッシブでパンチで来る選手だと思ったので、激しく打ち合いたい」と回答。パンチ主体のアグレッシブなスタイルが共通していることを強調し、「とことん殴り合って、どちらが勝つにせよ、KOになるような試合をしたい」(西川)、「テーマは今まで通り、打ち合って打ち勝つ」(栗原)と激しい打ち合いを予告した。

 今回の試合は来年1・4後楽園からスタートする初代Krush -65kg級王座決定トーナメントへの出場権をかけた一戦でもある。

 しかし「トーナメントに選ばれて戦うことが出来たらうれしいし、やってみたいと思うけど、トーナメントのことはあまり頭にない。明日の試合をどうしても勝ちたいので、明日勝ちに行くことだけを考えてやる」とあくまで明日の試合に集中したいという西川。栗原も「トーナメントに出ることもそうだけど、まずは明日の試合に勝って出場権を獲得できるようにしたい」と、どちらも明日の勝利が最優先というスタンスを見せる。

 またオフィシャルHPのインタビューで両者が話しているように、西川は父親が試合直前に亡くなり、栗原は計量失敗&KO負けからの再スタートと、それぞれテーマを持った試合でもある。会見の最後、2人は改めてこのことに触れて、試合への意気込みを語った。

「うちの親父がこないだ亡くなったんですけど、亡くなる2日前に『絶対に試合勝つから。また明日も病院に来る』と言っていたのに、翌日病院に行かず、親父には嘘をついたままになってしまいました。だから試合に勝つという約束だけは最後に守ろうと思うんで、何が何でも勝ちに行きたい。明日は特別な日になると思います」(西山)

「前回計量に失敗して、応援してくれる人たちをがっかりさせたので、今回は全力で戦って派手に勝ちたいです。殴られたくはないですけど、自分にそれは無理なんで派手に殴り合って勝ちたいです」(栗原)

 そしてセミファイナルではKrushの67~70kg戦線で活躍する小鉄と昨年のYOUTH GP出場者・秋元和也が激突する。

 キャリアで上回る小鉄に挑む形の秋元(小鉄=14戦、秋元=4戦)は「こういう試合を組んでいただけて光栄です」とした上で「(小鉄は)一言で言うと強そう。噛み合う試合になると思います。僕は今まで通り、特に変わったことはなく、今まで通りに戦います」と噛み合う展開になると予想する。

 一方「70kgの方が減量は楽。今回の試合に向けて新しいもの、もともと自分が持っているものを組み合わせる練習をしてきた」という小鉄は「(秋元の印象は)特にない。舐めているとかじゃなくて、今回は自分次第。普通に自分のやることをやればKO出来ると思う」と自信たっぷり。秋元の「噛み合う試合になる」発言も「噛み合わないっす。一方的に倒すから」とバッサリ切り捨てた。

 明日の大会はニコニコ生放送で完全生中継。いつも以上に多くの人に見られる試合でもあり、「僕は地味だけど、いい試合が出来たらなと思います。(ニコ生を見るのは)僕のことを全く知らない人ばかりだと思うんで、印象と名前を憶えてもらえるように見せれたらいいなと思います」(秋元)、「明日はFACEを盛り上げて、見に来てくれるみんなの気持ちに応えられる試合をしたい。メインイベントの2人には悪いですけど、全部自分が持っていく」(小鉄)とインパクトある勝利を収めたいと語った。

 年内最後の新宿FACE大会、2014年に弾みつける勝利を手にするのは誰だ!? 計量結果は以下の通り。

栗原圭佑 64.7kg
西川康平 64.6kg

小鉄 70.0kg
秋元和也 70.0㎏

中村圭佑 60.0kg
落合淳 60.0kg

緒方惇 65.0kg
岩崎悠斗 65.0kg

濱田修成 55.0kg
伊藤佑一郎 54.0kg

成沢紀予 57.0kg
森田和美 56.4kg

斉藤武彦 67.0kg
CAZ JANJIRA 66.6kg

翔也 58.0kg
竹内賢一 57.8kg

  • 栗原圭佑VS西川康平
  • 小鉄VS秋元和也
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます