ホーム > お知らせ > 12・14「Krush.35」佐々木仁子が残り2試合での現役引退を表明!「最後の最後まで“ファイター佐々木仁子”として引退を迎えたい」

お知らせ

12・14「Krush.35」佐々木仁子が残り2試合での現役引退を表明!「最後の最後まで“ファイター佐々木仁子”として引退を迎えたい」

佐々木仁子

[2013/11/15]

 11月14日(木)東京・新宿BLAZEにて、Krushの2013年ナンバーシリーズ最終戦、「Krush.35」12月14日(土)後楽園ホール大 会の公開記者会見が行われた。 >>詳細

 女子キックボクシング界で長らくトップファイターとして活躍してきたチームドラゴンの佐々木仁子が残り2試合で引退することが決定。今大会では散打で12戦、MMAの試合経験もある中国のジャン・ウェイリンと対戦し、来年3月大会でラストマッチを行う。

 会見に登場した佐々木は「3月をもって現役を引退します。最後の最後まで“ファイター佐々木仁子”として引退を迎えたいのであと残り2試合でしっかり自分を見せて戦って終わりたいです」と挨拶。引退を決意した理由については、女性として子供を産みたいと思ったのが一番のきっかけだという。

「今年の2月に他団体のリングで大石綾乃選手に負けてそこで引退を考えたのですが、負けて悔しいという思いが一番ありました。何とかもう一回登り上がれないかなと思い、6月に外国人選手とやって勝てました。そこで気持ちも上がったのですが、私には家族があり一人では生きていません。女性として子供を産みたいという思いが沸々と浮かび上がってきたので(引退を)決意しました」。

 対戦相手については「まだ映像を見ていないのですが、一度中国で中国人と試合をしているので、そういう同じ強さはあるんじゃないかなと予想しています」と分析。ラストマッチで戦いたい相手については「今までに負けている選手に勝って終わりたいという思いがあります。国内の選手でいえば大石綾乃選手、AZUMA選手に私は負けているので勝ちたい」とした。

 ママさんファイターとして活躍している女子選手もいるが、その道は考えていないという。

 最後に「格闘技を始めて10年。他の選手と比べたら短いと思いますが、女性としては長い方だと思います。今までやってきたことをしっかりと見せるのが私の使命。試合をしっかり見せること、責任を持ってそれを行います。残りの2試合を瞬きしないで見て下さい」とメッセージを送った。

≫ Krush.35 大会概要
≫ 佐々木 仁子 選手データ
≫ ジャン・ウェイリン 選手データ

  • 佐々木仁子
  • 佐々木仁子02
  • 佐々木仁子03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます