ホーム > お知らせ > 1・4「Krush.36」&「Krush.37」初代Krush-65kg級王座決定トーナメントにHIROYA、尾崎圭司がエントリー! WILDRUSHリーグに大沢文也が参戦

お知らせ

1・4「Krush.36」&「Krush.37」初代Krush-65kg級王座決定トーナメントにHIROYA、尾崎圭司がエントリー! WILDRUSHリーグに大沢文也が参戦

1・4瀧谷・尾崎・HIROYA・大沢

[2013/11/04]

 11月3日(日)東京スカイツリータウン・ソラマチイーストヤードにあるJ:COM Wonder Studioで行われたGAORA presents「Krush Fan Festival 2013 in J:COM Wonder Studio」にて、1・14「Krush.36」&「Krush.37」の出場選手が発表された。 >>詳細

 Krushの2014年ナンバーシリーズ開幕戦は、1月4日(土)後楽園ホールで開催される「Krush.36」&「Krush.37」の昼夜大会。「Krush.36」(昼大会)では、今年で3回目となる6選手総当たりのリーグ戦=WILDRUSHリーグの開幕戦を実施(2014年は-60kg級)。「Krush.37」(夜大会)ではKrushとしては7つめの階級となる-65kg級初代王座決定トーナメント1回戦を行うことが決定している。(3・8後楽園で準決勝・決勝を予定)

 イベントではトーナメントとWILDRUSHリーグの一部出場選手が発表された。優勝者にはKrush-60kg級王者へのタイトル挑戦権が与えられる過酷なリーグ戦、最初に名乗りを挙げたのは大沢文也だ。

 過去にタイトルマッチを経験してる大沢は、実績・キャリアともに十分。「最近はしょっぱい試合をしまくっているんで、今回はマジで気合いが入ってます。WILDRUSHリーグは63kgも55㎏も盛り上がっています。60kgは僕が主役だと思っているんで、他の選手には悪いけど、僕の引き立て役になってください」と早くも主役宣言が飛び出した。

 そして-65kg級初代王座決定トーナメントには、今年に入ってKrush-65kg級で活躍するHIROYAと約1年ぶりのKrush参戦となる尾崎圭司に出場が決まった。

 意外にもKrushのベルトがかかった試合・トーナメントに出場するのは初めてという2人。65kgがベストウエイトという尾崎は「K-1に70kgで出てから階級を落としつつあるのですが、僕はどのトーナメントにも出ませんでした。それは65kgのため。今までで一番いいベストでやれます。待ちに待った階級で、この階級が出来ることを信じて練習してきました。それだけ思い入れが強いので、人生かけて戦います」と熱弁。

 一方のHIROYAも「ずっとK-1甲子園2008王者と言われるのが嫌でしょうがなかったので、そろそろチャンピオンベルトが欲しいです。12月にYOUTH GP決勝で大雅と堀尾が同門対決をやることになって、TRY HARDに初めてのベルトが生まれます。僕はジムで一番上にいる身として、ちゃんとベルトを持って帰る責任があります。今、TRY HARDはジムとして成長しているので、僕も絶対にベルトを獲ります」とプロでは初のタイトル獲得に闘志を燃やした。

 また「Krush.37」で第2代-55kg級王座決定戦を控える瀧谷渉太も登場。WILDRUSHリーグ優勝者とベルトを争う瀧谷は「匠選手が有力候補ですが誰が相手でもしっかりベルトを獲ります。正直このメンバーじゃダメ。55kgには瀧谷がいないとダメだなと思います。ベルトを巻くのは自分です。僕も11月に前哨戦がありますが、しっかり勝って同じ日にWILDRUSHリーグの優勝者が決まりますが、格の違いを見せます」と初代王者としてのプライドを口にした。

 なおイベントでは試合が決まっている選手たち以外にも、各階級のチャンピオンたちによるトーク、卜部兄弟&武尊によるミット打ちパフォーマンス・スパーリング、梶原龍児がリーダーを務める格闘家ユニット「今、届けたい想い。」ミニライブも行われ、約2時間半、様々な角度からKrushの魅力を伝えるイベントとなった。

  • 1・4瀧谷・尾崎・HIROYA・大沢
  • 「今、届けたい想い。」ミニライブ
  • チャンピオントーク
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます