ホーム > お知らせ > 12・14「Krush.35」公開調印式で乱闘寸前! 山崎秀晃と木村ミノルが一触即発の睨み合いを展開

お知らせ

12・14「Krush.35」公開調印式で乱闘寸前! 山崎秀晃と木村ミノルが一触即発の睨み合いを展開

12・14調印式01

[2013/11/03]

 11月3日(日)東京スカイツリータウン・ソラマチイーストヤードにあるJ:COM Wonder Studioで行われたGAORA presents「Krush Fan Festival 2013 in J:COM Wonder Studio」にて、12・14「Krush.35」の[Krush -63kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]調印式が行われた。 >>詳細

 2013年最終興行のメインイベントでいよいよKrush-63kg級王者・山崎秀晃と挑戦者・木村ミノルのタイトルマッチが実現する。

 今年は4戦4勝4KOと圧倒的な強さを見せ、タイトル挑戦権を勝ち取った木村。試合以外のビッグマウスでも大きな注目を集めている。一方の山崎は3・20後楽園でトーマス・アダマンドポウロスを下してタイトルを獲得し、今回が初防衛戦となる。

 木村が山崎に対して挑発的な言動を繰り返していたこともあり、Krush宮田充プロデューサーを挟んで両者が揃うと、会場は異様な緊張感に包まれる。そして両選手、宮田プロデューサーが調印書にサインし、タイトルマッチが正式に決定。続いて両者がタイトルマッチへの意気込みを語った。

 先にマイクを持った木村は「タイトルマッチをやるのは当たり前で通過点。僕とは次元が違うんで、偽物と本物と違いを見せつけてやります」といきなり山崎を偽物扱い。

 さらに「試合に向けて対策をやっていたら(山崎は)テクニックもない。スピードもない。華もない。パフォーマンスもない。そんな彼がチャンピオンでいるのはプレッシャーがあると思うんで、早く楽にしてあげたい」と王者の器じゃないと切り捨てると「(梶原龍児戦の前に)チームドラゴンが目立っていたから、チームドラゴンと戦争だと言ったけど、やってみたら何でもなかった。(山崎を倒したら)もう強いやつはいない。あとは世界に行くだけ。チームドラゴンはこれで終わり」とまで言い切った。

 木村の言葉を受ける形でマイクを持った山崎は「色々と吠えてますけど話題があっていい選手。リングですべてが決まるし、強い方が勝つ。楽しみにしていてください」と多くを語らず。

「龍児さんとやる前に『チームドラゴンと戦争だ』と喧嘩を売られているんで、しっかり勝って一方的な展開にしたいと思っています」と感情を押し殺したように言葉を続けると、木村の挑発にも「言わしといたらいいんじゃないですか? チームドラゴンの大将とかなんとか言われていますけど勝手に言わしといたらいい」と完全無視した。

 しかし最後に対戦相手へのメッセージを求めると両者はヒートアップ。互いにマイクを離さず、以下のようなやり取りが続いた。

木村「残り少ないチャンピオン生活を楽しんで、試合が終わったら幸せな家庭を築いてください」

山崎「試合までにちゃんと腹筋しとけよ」

木村「腹筋って何だよ? その前にボコボコにしてやるよ」

山崎「よく(試合になったら)腹でへこたれているんで、ちゃんと鍛えろよって」

木村「(山崎は)細いから、リアルに壊す」

山崎「楽しみしときます」

 そして写真撮影で両者の感情が爆発する。スタッフが写真撮影の準備を始めると、2人は額をつけて睨みを展開し、今にも殴りかからんばかりの危険な状態へ。宮田プロデューサーをはじめ、スタッフが必死に両者を引き離し、宮田プロデューサーが2人の間に入る形で何とか写真撮影が行われた。

 しかし撮影後も山崎は最後まで木村を睨み続けてバックステージへ。残された木村は自分の胸を叩き、両手を上下して集まったファンを煽るように鼓舞して会場を後にした。

 乱闘寸前にまで発展した公開調印式。Krushの2013年を締めくくる一戦はKrush史上最大の遺恨マッチとなりそうだ。

  • 12・14調印式01
  • 12・14調印式02
  • 12・14調印式03
  • 12・14調印式04
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます