ホーム > お知らせ > 11・10「Krush.34」WILDRUSHリーグ最終戦・鈴木優也「自分の戦い方がハマれば問題なく勝てる。結城選手の逆転優勝はありえません」

お知らせ

11・10「Krush.34」WILDRUSHリーグ最終戦・鈴木優也「自分の戦い方がハマれば問題なく勝てる。結城選手の逆転優勝はありえません」

鈴木優也

[2013/10/25]

11月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.34」の[GAORA杯・Krush -55kg WILDRUSH League 2013公式戦]で結城将人(勝ち点6)と対戦する鈴木優也(勝ち点4)のインタビューを公開! >>詳細

――いよいよWILDRUSHリーグ最終戦が迫ってきました。前回の大川一貴戦は負傷欠場となってしまいましたが、いつ頃から練習を再開したのですか?

「怪我そのものは5月に匠選手と試合した時で、9月頃から練習を再開しました」

――大川一貴戦を負傷欠場したことについては率直にどう感じていますか?

「本当に悔しいです。自分は優勝するつもりでリーグ戦に挑んでいましたし、勝ち負けではなく不戦敗で星を落としたことは悔しいの一言です」

――今回から所属も変わり、現在の練習の状況はいかがですか?

「かなりいい感じですね。怪我している間に自分に足りなかった部分を見つめ直して、新しいスタイルが出来てきたところです。次の試合は今までとは違う戦い方が出来ると思います」

――リーグ戦は初めての経験だと思います。ここまで戦ってきて感じたことはありますか?

「短期間で試合を続けて、試合慣れしたことが一番大きいですね。それまでは試合中にどこか地に足が着かないところもあったのですが、腹を据えて戦えるようになってきました。また試合に慣れたことでスタミナを心配せずに戦えたり、戦っている時も精神的に余裕が出てきて楽しくなってきたんです。昔は相手に攻められると『どうしよう?』と思うこともあったんですが、いい意味でスパーリングと同じような感覚で色んな技を出せるようになりました。だから次の試合で新しいスタイルがどう出るのか、自分自身でも楽しみです」

――かなり新しいスタイルに自信があるようですね。

はい。『えっ?こんな試合する選手だったっけ?』と驚いてもらえると思います」

――優勝争いから脱落する形で最終戦を迎えることになってしまいましたが、どんな試合でリーグ戦を終えたいですか?

「結城選手を普通に倒して来年につなげるだけですね。もうリーグ戦で優勝できない事実は変わらないので、結城選手と戦うことだけを考えています。今、結城選手の評価が上がっているみたいなんで、そこをクリアすれば来年の僕も立ち位置も変わってくると思います」

――逆に結城選手は逆転優勝の可能性を残しての試合です。

「結城選手は気持ちが強い選手かなと思いますけど、自分の戦い方がハマれば問題なく勝てると思います。リーグ戦の優勝争い的にはつまらなくなるかもしれませんが、結城選手の逆転優勝はありえません」

――むしろ「やっぱり鈴木優也は強い」と思わせたいですか?

「僕はそのつもりです。『もし鈴木が欠場しなかったらリーグ戦の展開が変わってただろ?』と思わる試合をして、来年のタイトル奪取につなげます」

≫ Krush.34 大会概要
≫ 結城将人 選手データ
≫ 鈴木優也 選手データ

  • 鈴木優也 vs 匠
  • 鈴木優也 vs kazyosi
  • 鈴木優也 vs 嶋田将典
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます