ホーム > お知らせ > 10・13「Krush-IGNITION」YOUTH GPの組み合わせ決定!伊澤VS隆聖、将大VS大雅、良輝VSリョウタ、堀尾VS石田

お知らせ

10・13「Krush-IGNITION」YOUTH GPの組み合わせ決定!伊澤VS隆聖、将大VS大雅、良輝VSリョウタ、堀尾VS石田

YOUTH GP2013

[2013/10/12]

 10月12日(土)東京・新宿FACEにて、明日、同所で開催の「Krush-IGNITION 2013 vol.6」からスタートする[Krush YOUTH GP 2013 -55kg Tournament]の組み合わせ抽選会が行われた。 >>詳細

 -55kg級、22歳以下のファイター全8選手によって行われるYOUTH GP 2013。今年は大会前日の抽選会でトーナメントの組み合わせが決まる新たな試みが実施された。抽選は以下の手順で行なわれた。(抽選はキャリア順)

(1)決勝以外での同門対決を避けるため、チームドラゴンから出場する伊澤波人・石田圭佑、TRY HARD GYMから出場する堀尾竜司・大雅がそれぞれブロック分け抽選

(2)残りの4選手(将大、隆聖、良輝、リョウタ)がブロック分け抽選

(3)A・Bブロックに分かれた後、Bブロック→Aブロックの順で組み合わせ抽選

 まず(1)で伊澤がBブロック・石田がAブロック、堀尾=Aブロック・大雅=Bブロックとなり、(2)で将大・隆聖がBブロック、良輝・リョウタ=Aブロックへ。これにより[Aブロック=堀尾、石田、良輝、リョウタ]、[Bブロック=伊澤、将大、隆聖、大雅]にブロック分けされる。

 そして(3)運命の組み合わせ抽選では[Bブロック=伊澤VS隆聖、将大VS大雅]、[Aブロッ=良輝VSリョウタ、堀尾VS石田]に決定。明日の大会では1回戦・準決勝が行われ、12・14後楽園での決勝戦進出者2名が決まることになる。

 抽選会後、Aブロックの4選手から会見がスタート、まずは組み合わせが決まった心境を語った。

「自分は優勝を狙っているんで1回戦から勝っていかないといけない。頑張ります」(リョウタ)

「Krushヲタファイターの良輝です。僕をYOUTH GPのメンバーに選んでいただいたことを感謝しています。僕は8選手の中で一番下で、チャレンジャーだと思っています。失うものもないので、全力でぶつかっていくつもりです」(良輝)

「Aブロック4選手が揃いましたが、決勝に行くのは簡単じゃないと思います。一つ一つ勝って決勝に行きたいと思います」(石田)

「YOUTH GPに出場する8選手の中で、Krushファンのみなさんにとって僕は一番『誰だよ?』という印象だと思います。でもYOUTH GPで自分の実力を認めてもらいつつ、決勝に行きたいと思います」(堀尾)

 質疑応答では抽選会の感想と一回戦の対戦相手について質問が上がる。

「自分が(抽選の順番で)引くのが最後なのは分かっていたので、特に気にしていませんでした。僕は優勝するつもりなんで、相手は誰でもよかったです。リョウタ選手とはアマチュアで試合をして勝っているけど関係ないです。面白い試合をしたいと思っています」(リョウタ)

「すごく緊張しました。封筒ひとつですべてが変わってしまうので。緊張しましたの一言です。リョウタ選手とはアマチュア時代、新空手で戦ったことがあって、何も出来ずにけちょんけちょんにされました。あれから時間も経って、お互い成長しています。強くなった2人でプロのリングでいい試合を見せたいです」(良輝)

「とりあえずホッとしています。優勝候補の大雅選手と将大選手が逆のブロックに行って『やった!』と思いました。堀尾選手は僕がプロで初めて負けた大雅選手と同門で嫌だと言えば嫌ですけど…関係ないかなと思います」(石田)

「今年のYOUTH GPで僕が一番年上ですが、緊張しました。ただリングに上がっちゃえば条件は同じです。大人げなく戦って勝ちます。石田選手はパンチでも蹴りも何でも出来る選手。僕も自分では何でも出せると思っているので、色んな技を出し合える試合になると思うので楽しみです」(堀尾)

 そして準決勝の対戦相手、逆ブロックから上がってくる選手の予想を聞くと、Krushオタクを自認する良輝はその豊富な知識を披露し、堀尾と石田は決勝での同門対決を誓った。

「正直(準決勝の相手は)考えていない。決勝は自分の名前を上げたいんで将大選手や伊澤選手とやりたい。また一回負けている大雅選手ともやってみたいです」(リョウタ)

「堀尾選手と石田選手は両方キックパンツが黄色なので黄色対決ですね! 勝敗は分かりません(笑)。堀尾選手は9戦やっていて、石田選手も自分より上の選手で先輩たちです。2人とも強いので、どちらが勝っても自分を出して頑張るだけです。まずは1回戦勝たないと次のことは言えないですね。逆ブロックも正直、予想は難しい。みんな持っている武器がそれぞれ違うと思うので、勝ち上がりは予想が出来ません。僕は誰が来ても頑張るだけです」(良輝)

「良輝選手はデビュー戦から話題になっているので、一度やってみたいと思っています。決勝は伊澤選手と同門対決をやりたいです」(石田)

「僕はサウスポーの大雅と同門でいつも練習しているので、準決勝は大雅と同じサウスポーのリョウタとやりたいです。決勝では大雅と戦いたいし、大雅はその実力あると思います。大雅が勝ち進んでくると思います」(堀尾)

 Aブロックの会見が終わると、次はBブロックの4選手が登場。まずはそれぞれが組み合わせが決まった心境を語った。

「この抽選の結果である意味“持っている”かなと思いました。難しいトーナメントで難しいブロックに入りましたが、これで優勝できたら運ではなく実力、本物だと思います」(将大)

「最初からトップの選手と戦えるので率直にうれしいです」(大雅)

「いきなり一回戦から大物なんで、少し緊張もありますけど、この組み合わせだったら最高の試合が出来ると思うので頑張ります」(隆聖)

「別に組み合わせは何でもよかったです。今回は準優勝じゃなくて優勝を目指しているんで、相手は誰でもいいです」(伊澤)

 質疑応答ではAブロックと同様の質問が上がる。まずは抽選会の感想と一回戦の対戦相手について。

「抽選する前はドキドキしたけど、決まってしまったものは仕方ない。楽しく明日は勝ちます。大雅選手は勢いがあって、いい選手だと思います。ただ僕はサウスポーが好きなんで、僕の得意分野かなと思います」(将大)

「相手が誰でも負けないように練習してきたんで問題ないです。将大選手はトップ選手ですけど、つまらない試合をするトップなんで、ひっくり返してやろうと思います」(大雅)

「僕も誰と当たっても良かったんで、逆に伊澤選手と出来るのは楽しみでしょうがないです。伊澤選手はローキックのイメージで、自分はひたすら打ち合うのが好きです。オフィシャルHPのインタビューで伊澤選手は今回ローにこだわらずにガンガン行く風に書いてあったんで、そこを期待して楽しみにしています」(隆聖)

「抽選は初めてで楽しみにしていた。普通に楽しかったです。後楽園で一緒に勝ってシャワー室で話して、YOUTH GPやるねと話していた人と一回戦からやるとは思っていなかったので楽しみです」(伊澤)

 続いて準決勝の対戦相手、逆ブロックから上がってくる選手の予想を聞いた。

「どうなるか分からないけど、準決勝にはローを効かせて伊澤選手が上がってくるんじゃないかなと。逆ブロックは映像を見たことない選手がいるんですけど、一度、良輝選手は一緒に練習したことがあって、頑張って欲しいと思います」(将大)

「準決勝は勝った選手、強い方とやりたいです…どっちでもいいです(笑)。決勝には(堀尾)竜司君が上がってくると思います」(大雅)

「準決勝は大雅選手とやりたいです。トリッキーな感じで面白そうなので。そして決勝は石田選手ですね。一回負けているん相手なんでリベンジしたいです」(隆聖)

「(将大と大雅が)1回戦でガンガン潰し合って、ダメージが大きい方とやりたいです(笑)。決勝は普通に(石田)圭佑が上がってくると思います。…決勝で圭佑とやることになったら、どうやって練習するんだろうと思いますが、(Aブロックで)圭佑が一番強いと思うんで上がってくると思います」(伊澤)

 なお計量は300gオーバーした将大以外は全選手が一発でクリア。再計量となった将大もリミットちょうどで問題なくクリアしている。計量結果は以下の通り。

伊澤波人 55.0kg
隆聖 55.0kg

大雅 54.8kg
将大 55.3kg→55.0kg

良輝 55.0kg
リョウタ 54.7kg

堀尾竜司 55.0kg
石田圭佑 55.0kg

林将多 59.9kg
築 60.0kg

佐野天馬 55.0kg
池野翔 55.0kg

≫ Krush-IGNITION 2013 vol.6 大会概要

  • YOUTH GP2013
  • YOUTH GP2013・Aブロック
  • YOUTH GP2013・Bブロック
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます