ホーム > お知らせ > 9・21「Krush.33」-63kg級王者・山崎秀晃「明日は叩き潰す」、“狂拳”竹内裕二の「俺の拳がアゴを捉える」予告に木村ミノルは「実力差を分からせる」

お知らせ

9・21「Krush.33」-63kg級王者・山崎秀晃「明日は叩き潰す」、“狂拳”竹内裕二の「俺の拳がアゴを捉える」予告に木村ミノルは「実力差を分からせる」

山崎秀晃VSルーク・ターナー

[2013/09/20]

 9月20日(金)東京・新宿FACEにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.33」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 明日はセミファイナルで“狂拳”竹内裕二VS木村ミノルの-63kg挑戦者決定戦が行われ、メインイベントではKrush-63kg級王者・山崎秀晃がISKAムエタイ世界ライト・ウェルター級王者ルーク・ターナーとスーパーファイトで激突。山崎と竹内VS木村の両者は12・14後楽園でタイトルマッチを行う流れとなっている。

 会見にはまず竹内と木村が登場。「過去最高の仕上がりで怖いぐらいです。明日は壊し合いではなく殺し合いだと思っている」と危険な言葉をぶつけた木村は「相手が竹内選手どうこうはない。自分は20年育ててもらった母親にベルトを見せたいし、格闘技しかやっていない自分を何も言わずに育ててくれたことだけでもモチべ―ションになっている。明日は実力差をはっきりと分からせるんで、ファンのみなさんには最高に楽しんでください」と竹内のことは眼中にないと言わんばかり。

 これを聞いた竹内は「俺も特にない。相手のことがよく分からないし、俺も30年間育ててくれた母親のために頑張るよ」と人を食ったようなコメントを残しつつ「体調はいい感じ。絶好調。明日は俺の拳が正確にアゴを捉えると思う。明日は思いっきり楽しもうと思うんで、みなさんお楽しみに」と不敵に語った。

 続いて山崎とターナーの会見が行われた。今回が初参戦となるターナーは「俺はBad Companyから来たターナーだ。日本に来てとてもうれしいよ。Krushとにかくいいプロモーションだと聞いている。そんなKrushで試合が出来てうれしいね」と挨拶。普段はムエタイルールを主戦場にしているターナーだが「今まで俺がやってきたこととは違うルールだけど俺はファイターだ。ルールは気にせずに戦う」と豪語し「ヤマザキの試合を見たけど素晴らしい試合をしているし、リスペクトもしている。でも俺もいいファイターだ。相手どうこうは考えずに戦う」と好勝負を約束する。

 一方、王者として初めて外国人選手を迎え撃つ山崎は「(ターナーは)身長とリーチが活かしたアグレッシブな選手。自分が見た試合はムエタイルールで首相撲やヒジありの試合だったけど、パンチも蹴りも重たくて攻撃力がある印象だった」とターナーを分析しつつ「前田(憲作)先生や道場のみんなに追い込みを手伝ってもらって、怪我なく今日を迎えたことに感謝しています。隣の選手をKOするので注目よろしくお願いします」と王者らしくKO勝利を宣言。

 セミで行われる挑戦者決定戦については「予想としては木村選手が上がってくるんじゃないかなと思うし、自分も木村選手とやりたい」と木村の勝利を予想しつつ「狂拳選手とやったら盛り上がると思うんで、来年くらいにはやりたい。年末(木村を)しっかり叩きます」と竹内との対戦にも興味を示した。

 会見の最後にファンへのメッセージを求めると、机を軽く叩いて「明日すべて見せてやる!」と語ったターナー。山崎も「明日は隣の男を叩き潰すだけ。しっかりKOで締めますんで、期待してご来場ください」とやはりKO宣言で会見を終えた。明日は63kgのタイトル戦線を争う重要な大会、メイン・セミでどんなドラマが待ち受けているのか?

  • 山崎秀晃VSルーク・ターナー
  • 山崎秀晃VSルーク・ターナー02
  • “狂拳”竹内裕二VS木村ミノル
  • 濱田修成 vs 佐野天馬
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます