ホーム > お知らせ > 9・21「Krush.33」-58kg級挑戦者決定トーナメント、石川直生「俺はずっとピーク」VS神戸翔太「僕が勝つのは運命」

お知らせ

9・21「Krush.33」-58kg級挑戦者決定トーナメント、石川直生「俺はずっとピーク」VS神戸翔太「僕が勝つのは運命」

鈴木雄三、石川直生、神戸翔太、大滝裕太

[2013/09/20]

 9月20日(金)東京・新宿FACEにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.33」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 計量は到着が遅れた選手がいたものの、全選手が最初の計量でリミットをクリア。計量後、主要選手たちの記者会見が行われた。

 会見は-58kg級挑戦者決定トーナメントに出場する4選手からスタートした。これまで主戦場にしてきた-60kgから階級を下げる形となった石川直生は58kgちょうどでリミットをクリア。「60kgの時は体重調整くらいだったので、久しぶりにちゃんと減量したなという感覚です。昨日は12㎞くらい走って体重を落とした」と久々の減量を振り返り「もし僕が58kgでこの強敵たちに勝ってベルトを獲ることが出来れば、適正はこの階級かもしれないです」と58kgでの仕上がりの良さに手応えを感じている。

 さらに石川は階級変更だけでなく「Krushのリングに上がる以上、僕はKrushのファイターです。でも今回はキックボクシングでやってきたことをもう一度見つめ直して、Krushスタイルと上手く融合させました。今がピークだと思える仕上がりが手に入っています」とファイトスタイルのモデルチェンジにも着手。「明日は新しい階級への挑戦、自分は34歳だけど今がピークです。というか俺はずっとピークです」と絶好調をアピールした。

 一方、事前のインタビューで「石川選手は今のチャンピオンよりも強いと思う。タイトルマッチよりも大事な試合になった」と語っていた神戸は「今回の試合で(試合に向けた)気持ちが変わるかなと思ったけど、いつもと何も変わらなかった。いつも通りに練習してきた」。あくまで“普段通り”を強調しつつ「明日は僕が勝つのは運命で決まっていることだと思う。以上」と自らの勝利を確信していた。

 石川VS神戸と逆ブロックでは初代王座決定トーナメントにも出場した鈴木と3連続KO勝利中の大滝が対戦する。鈴木は「自分の長所は前に出る圧力やそういう面なので、それを強化する中の一つとして筋力トレーニングを積んできた」とフィジカル面を強化。「筋量が増えて減量がきつかったけど、これから飲んで食べて体を回復させたい。直前の動きはすごく良かったので、自分自身に期待しています」と期待感を口にする。

 対する大滝も「これまでやってきたことをさらに伸ばして、自分と向き合ってきた。周りのトップ選手たちと練習してきたので、その成果を発揮できると思う」と充実した練習ができたと自信。「今は計量が終わってホッとしています。明日は自分との闘いです。自分に勝てば試合にも勝てると思います」と“自分との闘い”というテーマを打ち出している。なお計量結果は以下の通り。

山崎秀晃 64.0kg
ルーク・ターナー 63.9kg

“狂拳”竹内裕二 62.7kg
木村ミノル 63.0kg

梶原龍児 65.0kg
寺崎直樹 65.0kg

健太 67.0kg
TaCa 67.0kg

石川直生 58.0kg
神戸翔太 57.8kg

鈴木雄三 58.0kg
大滝裕太 58.0kg

中村圭佑 60.0kg
大沢文也 60.0kg

中澤純 67.0kg
小鉄 67.0kg

緒方惇 65.0kg
HIROYA 65.0kg

後藤勝也 57.7kg
渡辺武 57.9kg

闘士 59.8kg
岡本MAYORGA 60.0kg

濱田修成 55.0kg
佐野天馬 55.0kg

  • 鈴木雄三、石川直生、神戸翔太、大滝裕太
  • 石川直生VS神戸翔太
  • 鈴木雄三VS大滝裕太
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます