ホーム > お知らせ > 9・21「Krush.33」大滝裕太「僕はKrushが一番輝いているリングだと思うので、そこで自分自身が輝きたい」

お知らせ

9・21「Krush.33」大滝裕太「僕はKrushが一番輝いているリングだと思うので、そこで自分自身が輝きたい」

大滝裕太

[2013/09/10]

 9月21日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.33」の[Krush -58kg級挑戦者決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R]で鈴木雄三と対戦する大滝裕太のインタビューを公開! >>詳細

――今回-58kg級挑戦者決定トーナメントのオファーを受けた時、どんな心境でしたか?

「初めてのチャンスと言ってもいい試合で、これをものにするかしないかで、これからの格闘技生活が全然違ってくるので、素直にうれしかったです」

――今年1月から行われた-58kg級初代王座決定トーナメントは、本戦ではなくリザーブファイトでの出場で悔しい部分もあったと思います。

「去年はいまいち結果が出なかったんですけど、やはりトーナメント本戦に出られなかったことは悔しかったです。でもそれがあったからこそ、結果を出して自分をアピールしたいと思って試合と練習を続けていました」

――トーナメント開催中も「俺を忘れるな!」という気持ちはありましたか?

「はい。4月の乱暴戦も、7月の中嶋剛志戦も、トーナメントに出ている選手たちには負けたくないという気持ちで戦いました」

――初代王座決定トーナメントを外から見ていてどんなことを感じましたか?

「僕は寺戸(伸近)さんと一緒に練習させてもらっていて、寺戸さんがトーナメントを戦う姿をずっと近くで見ていました。改めて寺戸さんの凄さを感じて、自分も頑張らなきゃいけないなと改めて思い直しました。ただやっぱり…本戦に出れない悔しさが一番です」

――その悔しさをぶつけるように、大滝選手は現在3連続KO勝利と絶好調です。自分ではどこに好調の理由があると思っていますか?

「自分自身の意識が変わったのもそうですし、さっきの話にもつながるのですが、寺戸さんや瀧谷(渉太)君といったトップ選手たちと練習させてもらって、そこで感じていることが結果につながっているんだと思います」

――やはりトップにいる選手は他の選手と違いますか?

「考え方、練習量、試合への意識…すべてが他の選手とは違いますね。逆に言えば僕がそういうトップ選手たちに勝つには、それ同等かそれ以上のことをやらなければいけないんだなと思います」

――細かい部分では最近の大滝選手は倒しに行くところはリスクを負っても倒しに行く、そして自信を持って戦っているように見えます。

「自分の攻撃が当たれば倒せるという自信がついてきたので、多少は相手を攻撃をもらっても構わないという気持ちで戦っています。リスクがあっても自分の攻撃を先に当てれば倒せるわけですから」

――大滝選手は自分の攻撃力には自信がありますか?

「はい。パンチもそうですし全体のバランスも良くなっていると思います。攻撃は最大の防御じゃないですけど、僕の持ち味を攻めることなので、そこにも注目して見てもらいたいです」

――トーナメント1回戦で対戦する鈴木選手にはどんな印象がありますか?

「トーナメントの試合も見ていましたし、いつか戦ってみたいと思っていた相手でした。だから相手が鈴木選手に決まってうれしいです。極真の世界チャンピオンということでハートも体も強くてガンガン前に出てくる、客観的に見てもいい選手だなと思っています。トーナメント準決勝の武尊戦も本当にすごい試合だったし、自分とやったら絶対に噛み合うと思いますね」

――大滝選手は盛り上がる試合になるという予感がある?

「自分は行くスタイルで鈴木選手も行くスタイルなので絶対に面白くなると思います」

――トーナメントの逆ブロックでは石川直生選手と神戸翔太選手が対戦します。両選手にはどんな印象がありますか?

「まず石川選手が階級を落としてきたことにはびっくりしました。でも僕がデビューした頃からトップで活躍していた選手なので、もし戦うことになったら光栄です。また神戸選手は去年10月にKO負けしている相手なので、その時のリベンジをしたい気持ちがあります。どちらが勝ち上がってきても自分にはテーマがある相手ですし、どちらが勝ち上がってきてもいいように準備しています」

――チャンピオンの武尊についてはいかがでしょう?

「攻撃力もあってセンスもある選手なので戦ってみたいです」

――8・11後楽園の試合後、武尊選手は「俺は負ける気がしないんで、全員でもいいからかかってこいよ」と豪語していましたが、思うところはありますか?

「ああ…言っていましたね。だったら自分が行きたいです」

――大滝選手はKrushを主戦場に試合を続けていますが、Krushのベルトにはどんな想いがありますか?

「僕は一昨年からKrushに参戦させてもらうようになって、その頃はベルトはまだまだ先だなと思っていたんですけど、今こうしてチャンスが目の前に来るとベルトを巻きたいという気持ちになっています」

――Krushという舞台で輝きたいという気持ちは強いですか?

「はい。僕はKrushが一番輝いているリングだと思うので、そこで自分自身が輝きたいです」

≫ Krush.33 大会概要
≫ 鈴木雄三 選手データ
≫ 大滝裕太 選手データ

  • 大滝裕太 vs 中嶋剛志
  • 大滝裕太 vs 乱暴
  • 大滝裕太 vs SATOI
  • 大滝裕太
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます