ホーム > お知らせ > 9・1「Krush.32」佐藤嘉洋「会場が凍りつくくらい差をつける。自分より上にいるやつを叩き潰して日本人最強に返り咲く」

お知らせ

9・1「Krush.32」佐藤嘉洋「会場が凍りつくくらい差をつける。自分より上にいるやつを叩き潰して日本人最強に返り咲く」

Krush

[2013/08/29]

 9月1日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.32 ~in NAGOYA~」の[Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R]で松倉信太郎と対戦する佐藤嘉洋のインタビューを公開! >>詳細

――去年はエキシビションでの出場でしたが、今回は公式戦での出場になりました。

「エキシビションをやってみて会場自体が大盛り上がりだったので、次回は試合として出たいと思っていました。こうして試合が決まって光栄です」

――対戦相手として松倉選手の名前を聞いてどんなことを思いましたか?

「(松倉は)K-1甲子園でチャンピオンになっていて、スーパールーキーとして名前はずっと見ていました。ベテランVS次世代というカードが組まれたなと思います」

――今まで戦う相手と意識したことはありましたか?

「なかったですよ。ただ1月にハミケツ(健太)に負けて、僕も一日本人選手のグループまで落ちたので、あの試合からすべての日本人選手が対戦相手になると思っています。去年まではそう思っていなかったんですが」

――1・26後楽園で健太選手に敗れて以来のKrush参戦ですが、現在は3連勝中です。健太戦からどう変わっていますか?

「全く違いますよ。ハミケツ戦はガードの仕方を忘れていたんですよ」

――ガードの仕方を忘れる、ですか?

「はい。なぜかは分かりませんが、あの時はパンチをガードすることが頭から飛んでました(苦笑)。最近はパンチが来たらちゃんとガードするという単純なことを思い出して被弾は少なくなってきました」

――コンスタントに試合をこなしたことも影響しているのでしょうか?

「それは結果論ですけど…ある日、スパーリング中にパッとガードの仕方を思い出しました」

――佐藤選手の中で復調しているという実感はありますか?

「ただ今年は全部違うルールで試合をしてきたので、Krushルールにおいては今回の試合で勝って初めて自信を取り戻せるかなと思います。自分の中でこの試合を快勝できるか否かが、このルールで戦っていくうえで大事なところだと感じています」

――対戦相手として松倉選手にはどんな印象を持っていますか?

「山崎陽一戦を生で見ていたんですけど柔軟ですよね。同じジムの中島弘貴選手は自分のスタイルを貫くタイプですが、松倉選手は相手に合わせて色んな作戦を立てることが出来る。キックボクサーとして幅広い戦い方をする選手だと思います」

――自分と戦ったら噛み合いそうですか?

「そう思いますけどね。ただ目指すはベテランらしい塩漬けです。主催者が松倉サイドに望むのは『ちょっと元気がないおじさんを乗り越えて一気に上まで行け』だと思います。でも僕の立場からすると『勢いのある若手を何もさせずに塩漬けしてやる』と。戦慄の冷え切った会場でメインにその場を渡すことが自分の役目です」

――会場を凍らせますか?

「凍らせてやりますよ。そのくらい差をつけて何もさせません」

――Krushのベルトを狙っていきたいという気持ちはありますか?

「僕はずっと日本人最強と言われてきましたけど、その看板を下ろすことになって、今は城戸(康裕)ビッチにその看板は入れ替わったのかなと思います。実は1月にハミケツに負けてホッとした部分もあったんです。世界のトップグループにいたまま、日本人最強の看板を下ろすのはせつないですが、世界で結果を出せない今の俺には日本人最強を名乗る資格はないのかなって。でも時間が経ってくると、ふつふつとムカついてきたんですよ。今は『なんで俺が一番じゃないんだ?』という闘争心でいっぱいです。自分より上にいるやつを叩き潰して、日本人最強に返り咲きます」

――また今回は対抗戦としての出場することになりました。

「それよりも久保優太と野杁正明にメインを奪われたことの方が大きいですね。去年の2月にKrushでファディ・メルザと対戦した時、久保選手にメインを譲ったのは何とも思わなかったんですよ。でも試合内容やお客さんの満足度で差をつけられたのは間違いないし、今回は完全に実力で久保VS野杁にメインを奪われました。それに関してはものすごく悔しいんです。日本最強の看板の座を取り戻す気持ちと同じで、新世代のスターたちを差し置いてでもメインを張れるように這い上がるという気持ちです」

――名古屋のお客さんにはどんな試合を見せたいですか?

「僕は他のKrushのエース級の選手のようにガンガン打ち合うタイプではないです。どちらかと言うとジャブを突いてローとヒザ蹴りで理詰めに相手を追い詰めていく戦い方が得意で、段々と相手が攻め手をなくす詰将棋のような試合が自然にできます。そういう戦い方が好きな人もいると思うので楽しんでもらいたいです。自分のスタイルを変えて背伸びして、自分を大きく見せようとは思わないです。自分の試合をして勝ちます」

≫ Krush.32 ~in NAGOYA~ 大会概要
≫ 松倉信太郎 選手データ
≫ 佐藤嘉洋 選手データ

  • 佐藤嘉洋 vs 健太
  • 佐藤嘉洋 vs 大和哲也
  • ファディ・メルザ vs 佐藤嘉洋
  • ファディ・メルザ vs 佐藤嘉洋
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます