ホーム > お知らせ > 9・1「Krush.32」松倉信太郎「ここで勝ったら俺は本物。これからの格闘技人生も色々と変わってくる」

お知らせ

9・1「Krush.32」松倉信太郎「ここで勝ったら俺は本物。これからの格闘技人生も色々と変わってくる」

Krush

[2013/08/29]

 9月1日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.32 ~in NAGOYA~」の[Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R]で佐藤嘉洋と対戦する松倉信太郎のインタビューを公開! >>詳細

――まずは前回の山崎陽一戦を振り返っていただけますか?

「自分的にも周り的にも俺と山崎選手がやったら俺が負ける感じだったんですけど(苦笑)。俺もこれまで強い人たちとやってきて、その成果を試合で出せたんじゃないかなと思いました」

――距離を取りながら戦う作戦が見事に的中した試合だったと思います。

「作戦というか、たくさん蹴っていこうとは思ってました。実は俺、練習では上手いんですよ(笑)。プロになってすぐの頃は、熱くなって殴り合ってばっかで、それで倒されてからは怖くなった部分もあって、今は上手い戦い方を意識するようになった。だからこの前の試合は新しいスタイルを出せたと思うし、山崎選手が一番戸惑ったと思います。きっと普通にやったら山崎選手にボコボコにされてた可能性が高かったっす」

――70kg戦線の生き残りをかけた試合に勝ったことについてはいかがでしょう?

「山崎選手は70kgで中堅以上の選手じゃないですか。そういう相手にちゃんと勝てたのは自信になりました。自分はいきなりトップ選手とやって負けて自信なくすことが多かったんですけど、ちゃんと中堅以上の選手には勝てるんだよというところが見せられてよかったです」

――しかし8・11後楽園では山内佑太郎選手が王者・城戸康裕選手に挑戦しました。

「最初に山内さんが挑戦すると聞いた時は言葉を失いました。ぶっちゃけ、次の挑戦者は俺だと思っていたんで…。21年間生きてきてトップ2に入るくらい悲しい出来事でした(苦笑)」

――その日は一日中ずっと落ち込んでいましたか?

「1日どころじゃないっす! 練習もやらずに3日くらい実家に引きこもってました…」

――そ、そうだったんですね。山内選手が挑戦することはいつ知ったんですか?

「発表当日っすね。でもなんとなく山内さんかなって空気はうっすらと感じていたし、6・16後楽園で山内さんが挨拶のスタンバイしているのを見ちゃったんです。自分の中で『あれはタイトルマッチの挨拶じゃない』と言い聞かせていたんですけど、やっぱりそうだったんで、言葉を失いました」

――それから一転、名古屋大会で佐藤選手と対戦するチャンスが巡ってきました。

「ハズレと言えばハズレっすよ(笑)! だって城戸さんと同じくらい強い人と戦うのにスーパーファイトっていう。まあ自分は強い選手と試合を組まれるキャラなんで、そうなるだろうなとは思ってましたけどね。今年も牧平(圭太)さん、久保(優太)選手、山崎選手、佐藤選手と順調に一人日本トーナメント状態っす」

――逆に言えば松倉選手も佐藤選手の相手に選ばれるところまで来たということだと思います。

「いい方向に捉えたら、そうですよね。俺は健太選手に負けても佐藤選手が日本一だと思うし、その選手が日本一でいるうちに戦えるのはうれしいです」

――昨年は海外での連敗もあったけど、松倉選手の中では佐藤選手=日本一ですか?

「そうっすね。健太選手に負けたあと、ヘンリー・オプスタル、イ・ソンヒョン、長島(☆自演乙☆雄一郎)選手に勝つってどういうことだ、と」

――佐藤選手のことを初めて見たのはいつですか?

「佐藤選手は最後の大物みたいな感じでK-1に出てきて、ウィリアム・ディンダーとやったじゃないですか。あの試合から見てます。あとは新田(明臣)さんとやった試合は生で見ているし、自分が中3か高1の頃には試合を見てました」

――当時は自分が佐藤選手と戦うとは思ってないですよね?

「思わないっすよ。ギャグです、ギャグ。当時、K-1MAXの日本トーナメントに出ている選手を並べて、この選手だったら勝てる・勝てないっていうのを予想してたんですよ。その時に絶対に勝てないと思ったのが佐藤選手と城戸選手。そういう相手と戦うのは不思議な感じもします」

――戦う相手として見て、どう分析していますか?

「最初はイケるんじゃねえかと思って練習してたんですけど、映像を見直したら…強いっすね(苦笑)。改めて強いことが判明したので、気合いを入れ直して練習してます。基本的に穴がないですよね。多分、ヒザ蹴りをたくさんもらうんで腹筋をしっかり鍛えているのと、動いて動いて自分が攻撃できるように対策しています」

――勝つイメージは頭に浮かんでいますか?

「普通に考えたら判定で勝つのは難しいから、パンチを効かせてダウンを奪ったり、あわよくばそのまま倒したいんですけど、打たれ強さも半端ないじゃないですか。だからどうやって勝とうか考え中です」

――ワンマッチですが松倉選手にとっては大一番ですか?

「ここで勝ったら俺は本物じゃないですか。だから気合いは入ってます。というか佐藤選手はK-1MAX日本王者のベルト2本、ISKAのベルトも持っているんで、勝ったら一本くらい欲しいっす(笑)。あと今回はメインがメインなんで、セミの試合になりましたけど、勝って盛り上げたいですね。というか内容はどうでも俺が勝てば盛り上がると思います」

――自分が本物かどうかを証明する、それが試合のテーマですか?

「そうですね。佐藤選手と戦って自分が格闘家としてどうなるのか。自分の立ち位置がはっきり分かるんで楽しみです。俺としてはここで佐藤選手に勝って文句なしでタイトルに挑戦したいんですけど、次の防衛戦まで時間があるんで、他の選手が出てこないか心配です。というか横取りされたらマジで許さないっす!」

――いずれにせよ、松倉選手のターニングポイントになる試合ですね。

「ここで結果を出せば、これからの格闘技人生も色々と変わってくると思うんで、絶対に勝ちたいっす!」

≫ Krush.32 ~in NAGOYA~ 大会概要
≫ 松倉信太郎 選手データ
≫ 佐藤嘉洋 選手データ

  • 松倉信太郎 vs 山崎陽一
  • 松倉信太郎 vs 山崎陽一
  • 松倉信太郎 vs 牧平圭太
  • 久保優太 vs 松倉信太郎
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます