ホーム > お知らせ > 9・1「Krush.32」戸邊隆馬「もう瀧谷選手の時代じゃなくて自分の時代。僕がタイトル挑戦にふさわしいことをアピールする」

お知らせ

9・1「Krush.32」戸邊隆馬「もう瀧谷選手の時代じゃなくて自分の時代。僕がタイトル挑戦にふさわしいことをアピールする」

Krush

[2013/08/28]

 9月1日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.32 ~in NAGOYA~」の[Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R]で瀧谷渉太と対戦する戸邊隆馬のインタビューを公開! >>詳細

――名古屋大会で元王者・瀧谷選手と第2代-55kg級王座決定戦への出場権をかける一戦が組まれました。

「今年はコンスタントに試合をしてきて、ようやく瀧谷選手と戦うチャンスが来たなという気持ちですね。名古屋大会に特別なこだわりはなくて、自分にとっては瀧谷選手と戦うことの方が大きいです」

――このタイミングで瀧谷選手と戦うことはイメージしていましたか?

「僕としては瀧谷選手がベルトを返上せずに、9月に瀧谷選手とタイトルマッチをやりたいという希望があったので、イメージはしていました」

――瀧谷選手がタイトルを返上すると聞いた時はどう思いましたか?

「最初に聞いた時は『なんで返上するんだろう?』と思いましたが、ジムの移籍などがあったので仕方ないのかなと。でも僕はベルトを獲ることを一番に考えているので、今はもう特に気にはしていないです」

――戸邊選手は今年3戦3勝と絶好調です。戸邊選手はどこに好調の理由があるからだと思っていますか?

「こうして怪我なく試合を続けられているのも調子がいいからで、それは新しい周りのサポートがあるからだと思います。僕自身は試合数が多いとは思っていませんし、このままのペースで試合を続けていきたいです」

――特に前回大会でWBCムエタイ日本王者・宮元啓介選手に勝った試合は大きかったと思います。

「試合前は宮元選手の肩書にビビっている部分があったんですが、実際に試合をしてみて、やっぱりキック・ムエタイルールの選手なんだと思いました。きっとムエタイルールで宮元選手と戦ったら勝てないと思うのですが、Krushルールだったらあれだけ戦える。自分の評価を上げる試合になったと思います」

――延長判定まで競った試合でしたが、最後に勝負を分けたのはどこでしたか?

「気持ちですね。絶対に勝つという気持ちで宮元選手を上回ったからだと思います」

――あの勝利は戸邊選手にとって自信になりましたか?

「はい。宮元選手という大きな壁を乗り越えられたので自信になりました。ただ僕の目標はそこではないので、すぐに練習を再開してタイトル挑戦に向けてスタートを切りました」

――瀧谷選手は7・13新宿で将大選手に判定で敗れています。瀧谷選手が自分と試合をする前に敗れたことはどう捉えていますか?

「あの試合は全く参考にしていません。僕も試合で負けちゃったこともあるし『そんなこともあるか』くらいで、一番強い時の瀧谷選手をイメージして準備しています。逆に前回負けたことで、瀧谷選手は絶対に負けられないという気持ちで来ると思うし、自分としてはより試合が楽しみになりました」

――なるほど。瀧谷選手はKrush-55kgで圧倒的な強さを見せてきた王者です。勝つイメージは出来上がっていますか?

「今やってきていることをすべて出せれば勝てると思っているので、自信はあります。瀧谷選手に勝って自分がタイトル挑戦にふさわしいことをアピールしたいです」

――ファイトスタイル的にも噛み合う試合になりそうですか?

「僕は誰が相手でも噛み合うタイプなので、見ている人が面白いと思ってくれる試合が出来ると思います。名古屋のお客さんを沸かせたいです」

――ずばりどんな試合をして勝ちたいと思いますか?

「第2代のベルトが目前に見えていて、もう瀧谷選手の時代じゃなく自分の時代です。次の試合で瀧谷選手に勝って、僕がベルトを獲る姿をお見せします」

≫ Krush.32 ~in NAGOYA~ 大会概要
≫ 戸邊隆馬 選手データ
≫ 瀧谷渉太 選手データ

  • 戸邊隆馬 vs 宮元啓介
  • 戸邊隆馬 vs 宮元啓介
  • 戸邊隆馬 vs 伊澤波人
  • 戸邊隆馬 vs 鎌田裕史
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます